六月六日、稽古はじめの善き日に、
それとはまったく関係のない、ピヲ小黒粒六と邪横柄王くろヴぃすがワクチンを打って参りました。

b0051172_23282614.jpg
くろヴぃすは大喜びで車に飛び乗ったものの、なぜか籠詰めにされたピヲも車に乗り、しかもピヲがそれは切ない声で泣き続けるので「これは散歩ではない」と気づいた模様。昨日はココんちに住み始めて6年記念日だったこともあり、この機会にぼんろぼろになった首輪を新しい首輪に買い換えたのに、首輪の付け替えでうなるという情けなさ。私の指を噛みもしました。(くろヴぃすが私を噛んだのはこの6年で初めて) ったく、困った犬です。

そのくろヴぃす。
体重は20.8kgを記録しました。
一年前のワクチン時のブログ http://chatsblog.exblog.jp/25859234/ を見ると、【体重19.6kg。昨年に比べ、1.4kg増。おととしに比べ、2.8kg増。】とありますから、去年に比べ更に1.2kg増です。なぜ太り続けるのだ、キミは・・・。真剣に考えねヴぁ。


さて、続きましてはピヲ坊。
b0051172_23353852.jpg
今年も相変わらずの内弁慶で、こうして獣医さんちの診察室に入ってもキャリーからは出てこないので、キャリーをまっさかさまにしてピヲを落として出しました。で、彼の体重は4.2kg。去年より100g減です。これはちょっと意外。というのも、ピヲはご飯を良く食べるし、身体の肉質もこっちんこっちんに硬いので5kgくらいあるのではないかと想像していたからです。でも、冷静になれば完全なる家猫だし、このくらいの体重が安心なのかもしれませんね。思い返すと、ぷろすぺえるが今年5.5kgくらいでも昨年に比べて減量したと心配しましたが、それでもピヲより1㎏以上のおデブさんですものね。でも、ぷろすぺえるの高齢からすると5kg台に減って良かったですよ、と獣医さんに言われたことも思い出しました。

もともと数字に音痴な私には脳内で数字がこんがらがって何が何だかわっからないのよ!状態です。

何はともあれ、こうしてワクチン第2組のピヲ、くろヴぃすの接種も無事終了しました。

帰宅してすぐ、くろヴぃすは虫下しのお薬も飲み、ご飯も食べ、首輪も新しくなり、夕方のお散歩を楽しみに待っています。


le 6 juin 2017, Norbert







[PR]
# by macocotte | 2017-06-06 23:43 | La solidalité 連帯ココんち | Comments(0)
このコと一緒に六年
2017年6月5日のこんにち、フランス共和国という国では「聖霊降臨翌日の月曜日」という国定(移動)祝祭日です。だから、外界は妙に静かです。この国では日祭日に大型車が動けない(事前に認可をもらわなければならない)ので、本当に静かなンですね。

そんな今日。
ココんちの邪横柄犬くろヴぃすが動物愛護協会からココんちに引っ越して丸6年を迎えました。
今朝8時すぎのくろヴぃすです。
b0051172_16482555.jpg
くろヴぃす、7歳の親父になってしまいました。
こうして朝一番に横たわるくろヴぃすは老犬の域かもしれません。

b0051172_16504720.jpg
まるで「つきぢのマグロ」のようなくろヴぃすですが、こうして朝日にお尻を向けて横になっていると、医学療法室で腰を温めている自分を思い出します。そして、近年、里帰りするたびにテレビコマアシャルで見る窓から差し込む陽光と並行移動する猫たちとココんちのくろヴぃすは大して変りないのではないかしら?と思ったり。くろヴぃすは相変わらず散歩に出てもすれ違う犬よりほうぼうの草むらに見え隠れする猫が好きで、こうして家の中でもくろヴぃすの動きはどこか猫っぽいのです。

今のくろヴぃすの、ココんちでの一番の仲良しは年長猫のぷろすぺえるとココんちの仏人♂ですね。

意外と社会性のあるくろヴぃす、これからも日々、お互い楽しく暮らしていきたいです。


b0051172_4123553.gif
le 5 juin 2017, Boniface




[PR]
# by macocotte | 2017-06-05 17:01 | クロヴィスさまのお通りだいっ! | Comments(0)
レアたんが一人旅に出て、一年と一日
昨日、5月27日。
ココんちのレアたんの帰天から一年を迎えました。
ココんちには今も4男子猫と1犬がいるので、年がら年中、レアを思い出していた一年ではありませんでしたが、時々、ふっとレアを思い出してはしんみりもしていました。なんなんでしょうね。闘病期間が一週間たらずだったので、表現が悪いですが「物足りなかった」・・・。何が物足りなかったのかというと私の心の中を満たす何かかもしれません。レアより先に旅立ったいねすは半年近い闘病生活だったので、こちらも病と闘ういねすを看ているうちに覚悟やら、その日その日のいねすに十分すぎるほどの一喜一憂を経験しました。でも、レアたんは本当にあっと言う間に旅立ってしまったので、心の中が良くも悪くも満たされないままの状態とでも言いましょうか。

そんなレアたん一周忌の日。
西側に植えてあるミニローズのつぼみがはじけました。
b0051172_14564826.jpg
ミニローズですから、一輪の直径が2cmくらい。
色も真っ赤なので、なんとも愛らしい。
旅立って一年ちょうどとなり、レアが挨拶に来たように思えました。
不思議ですが、このミニローズの背丈がこの一年で倍近く高くなりました。
ほっぽりっぱなしなのでひょろーんとしています。
b0051172_14590645.jpg
レアの命日の翌朝、ミニローズがもう一輪、こうして咲きました。
これは、いねす かな?
「私がレアと一緒にいるわよ。安心してね」

b0051172_15004407.jpg
ほんと、かわいらしい雰囲気を醸し出しています。

レアが他界してすぐ、ココんちにはレアやいねすより年長のぷろすぺえるがいるし、次男猫のねすとおるも推定2003年または2004年の誕生なので高齢猫なので、日々覚悟しながらココんちの高齢猫に関わってきましたが、きょうまでぷぅもねっちんも大病せずにいます。これまた不思議ですが、レアが旅立ってすぐのぷぅはあまり元気がないように思え、獣医さんで血液検査をしていただきましたが「元気」とお墨を付けていただきました。思うに、日本の獣医さんに比べこちらの獣医さんは年齢を先ず考えているようで、「この年齢ならばしかたないじゃない」のような雰囲気が伝わっても来ます。今年3月のワクチン接種の時に、ぷぅがまもなく16歳、ねっちんが13歳になることで獣医さんが長寿に驚いてもいました。毎日、4猫と暮らしている私から見ると、意外にもぷぅが一番元気かもしれません。食欲もあるし、体格もがっしりしています。体重減ったわね~、と獣医さんに指摘されはしたけれど、5kg半ば。これ、普通の猫に比べたら大きいでしょう?実際、今もちぐろ、ぴをに比べ、身長は5cmくらい高いし、体長も10cm近く長い。

こうして、レアの一周忌が過ぎ、4男子猫といつもどおり暮らしていること、ありがたくてなりません。
感謝、感謝です。

ココ数日、ココんちあたりの気温が急激に上昇し、午後になると軽く30度を超えています。
それゆえ、猫たちは床にごろーんとし始めたのだと思いますが、床で伸びている姿にハラハラする私であります。
でも、床が冷たくて気持ちいいのよね。たぶん。


b0051172_1653274.gif
le 28 mai 2017, Germain


[PR]
# by macocotte | 2017-05-28 15:13 | レアたんレアレアれれれのれ | Comments(0)
早朝会談
2017年5月15日月曜、午前7時。
b0051172_16532948.jpg
集結っっ!


・・・・ヴぃっくりざます。
こんなこと、初めて(だと思う。何せ、あてくし、鶏アタマなので3歩過ぎると過去を忘れる)

きょうの朝、午前7時ちょうど、なぜかココんちの4男子がこうして集っていました。ヒダリに「やんぐ」、ミギに「おーるど」。
なんぢゃこりゃ?なにかあったのきゃ?
ココんちの猫労組による早朝緊急召集の議題は、
1.小童マクロン大統領は犬好きなのか、猫好きなのか、それとも?の件
2.ココんちのば(あ)さんが最近、山羊のべぇちゃんと犬のくろヴぃすにかまけ、  
  まったくココんちの猫につれなくなっている件

でしょうか・・・。すんません、あたし、山羊のべぇちゃんがかわいくて、大切にしていますよ。ゆるしてちょ。でも、こうして集まると、ココんちの4男子も若かろうが老いようがかわいいのぉ。でれでれ。


le 15 mai 2017, Denise



[PR]
# by macocotte | 2017-05-15 17:06 | La solidalité 連帯ココんち | Comments(2)
まったくもって、消耗品
b0051172_20053920.jpg
ついこの間買い換えたばかりですのに、もうボロボロになってしまったココんちの爪とぎ。写真の右ざます。
いつもリビングに置いていたので、お客人の目の届く場所。早いかもしれませんが、きょうの朝、新しい爪とぎを買いました。写真の左。

以前はこの2本の背後にある箱を土台にした爪とぎを好んで買っていましたが、爪とぎの幹の部分だけ消耗し、箱ばかり残ってしまう。そう気づいてから、ココんちでは単純な一本柱の爪とぎを買うようになりました。が、一本柱の爪とぎでも、土台の板が残ります。そのうち何枚かは猫介護で使いました。

で、きょうの朝に見つけた爪とぎ。なんと。土台の部分も縄目になっているのです。うっほー。これは試したい。
おまけなのか、猫用ハーブの粗挽き粉が付いていたので縄目にごしごし含ませたら、いとも簡単に猫たちが近寄ってきました。

さて、何か月持つかな?


le 10 avril 2017, Gemma





[PR]
# by macocotte | 2017-04-10 20:13 | La solidalité 連帯ココんち | Comments(2)