<< ねっちんだって哲学する、なのだ。 大きいけれど小さな猫 >>
【お題其の拾伍】 通い猫と、初めてのお付き合い。
猫知らずのま・ここっつぁんが『猫飼い』の道を歩み始めて、7年と5か月。
ねすとーるがココんちの仲間になったのが2005年5月24日で、その後は毎日ほぼ同じ習慣の繰り返しとなり、猫飼いの道も平坦となり、これからはゆっくり歩けばよいでしょう、と思ったのに、地上5階のおうちから大地と床が同じ高さのおうちに住み始めたことで想定外のことが起こりました。

そう、となりの チグロ の登場です。
b0051172_4525540.jpg
070.gif071.gif あーっら、えっさっさぁああいっっ 070.gif071.gif


これ、きちんとご挨拶なさい。



さりゅう・あ・とぅーす。ぼく、にこたまつきの チグロ です。
b0051172_424443.jpg
どうぞ、みんなたち、よろち


....ぅうううう.....zzzZZZZ
b0051172_4301151.jpg

ありゃりゃ、寝てしまいましたね、チグロたん。
ココんところ、ココんちあたりの寒暖差が激しくて、昨日と今日で10度近く違ったり、天気も氷雨が降ったり、強風が吹いたりしています。ちぐろのおうちはココんちから10mほどのところですが、夜も更けて氷点下と大雨の中ココんちの軒下でブルブルと小さく丸くなっているチグロを見つけてしまうと、猫道上の立場でココんちに入れてお泊りを許したこと数度です。
b0051172_429071.jpg
かわいいですねぇ。

今が一番かわいい、つかの間の時なのでしょうか。
12月末からこの一ヶ月で10cm近く胴が長くなったような気もしますが、まだまだ少年猫ですね。チグロを前にするとレアもねっちんも大きいこと。

ココんちのあたり、向かいもお隣2軒も犬飼いさんですが、多くのお宅に猫も住んでいますし、猫玄関を設置している家も複数あるので、飼い猫がお散歩しているらしいのです。でも、ココんちに寄る猫はこれまでまったくおらず、このちびチグロくんが初めてココんちのあらゆる窓からアピールする猫となり、この頃はすっかり
b0051172_430256.jpg
ぼくは、ココんちの 通 い 猫

なのです。
この頃は毎朝雨戸を開けると、既にそこで「にゃあ」とこちらを睨みつけていたりします。
おうちにやって来る通い猫とはみんなたちはどういうお付き合いをしていらっしゃいますか?
夕方になったらむりやり帰宅させるのが良いのでしょうか?
大雨が降っていても、寒くても、無視?
みんなたちの通い猫とのおつきあいについて教えていただけましたらうれしいです。
b0051172_5303414.jpg
ど う ぞ よ ろ ち く ね 。 ちゅ。


b0051172_4283494.gifle 6 février 2009, Gaston
[PR]
by macocotte | 2009-02-06 04:34 | 果てしなき『猫飼い』への道 | Comments(6)
Commented by j-lovin at 2009-02-06 08:25
ちぐろちゃん、かわいいっすー。
すっかりくつろいでますね。

ウチでは通い猫のままお外に出たがらないコ(アイちん)を
結局家猫にしてしまいましたが・・・。

他にも、家に上がりこむコがいますが、
寒空に外に出すのは忍びない気持ちになりますね。
昔、路地裏にいた黒猫クロコを、寒い夜に無理矢理お外に帰して、
それっきり、居なくなってしまったことがあって、かなり切ない思い出
があるので、なおさらです。

兄弟猫たち、最近は自分から出てくようになりました。
やっぱり寒くても、外のほうが、自分のテリトリになってるんですね。

Commented by macocotte at 2009-02-07 01:49
☆ jun さま、きょうもチビちぐろくん、遊びに来ております。
さっきは一緒に庭で野良仕事。田舎の猫のせいか、農作業道具に
友達のように飛びつく始末。

そういえばjunさんちのお玄関前に整列する猫たち、かわいいですね。
夜は路地で野宿ですか?
ちぐろは飼い主がいるのに、今ひとつ彼がどこで寝ているのか
わからないままなのです。そんなこともあって氷点下、風雨で陽も
沈んでからうちの窓前で縮んでいる時はついうちに招き入れてしまったり
します。夜だとすぐ寝てしまいますね。こちらがせつなくなります。

先日も、ちぐろと同じ柄、同じ体格の子猫が事故死しているのを見て
しまい、ちぐろの運命と自分に言い聞かせているもののまだ割り切れて
いません。

外を知っている猫は外に出たがりますね。
ネストールは今も飛び出たりします。
junさんちのホワホワさんもベランダに出るのが好きですか?
Commented by きこり at 2009-02-07 07:00 x
いまのところ、外ねこふうになっているのは1匹だけで、
我が家では「しろくろ」と呼んでいる猫だけです。
ほとんど毎朝うちに通って来て、餌を食べたら帰って行くのですが、
たまには玄関でのんびりすごしています。
でも、うちはそーやがとにかく自分以外の猫を撃退してしまうので、
家に入れることは難しいのです。
しろくろは野良で餌をくれる家を何軒かもっているようなんですが
どんな場所で眠っているのかわかりません。
この前、家の前に血がぽたぽたと落ちていた、どうやらしろくろと
最近近所をうろついている猫とケンカをしたようなのです。
次の日、クビにケガをしながらもやってきてパワフルに食べておりました。
この寒空、ケガをしてちゃんと食べることもできるのか・・・
かなり情が移ってるので心配でたまりません・・・
ですが、しろくろは食べたらすぐにどこかへ行ってしまいます。
かつでちぐろちゃんと同じような感じでうちの子になった猫がいましたが
その頃はそーやも若くて貫禄負けしてしかたなく受け入れた感じでした。
うちの場合はそーや次第というところでしょうか・・・
Commented by 葉っぱ♪♪ at 2009-02-07 18:13 x
ホントかわいいですねー
ちぐろちゃん、今が可愛い盛りですね
通い猫を送り出している側からいえば、家に帰らないことがあれば心配ですよね。
家はほとんど隣が通う家なんですが、そこにお泊りしているのを知っているから安心してます。
昔飼っていた猫はその家にもらわれていきました。
帰らなくなっちゃったんですよ(笑)
結局自分の住処は自分で決めちゃうんですね。

現在家のサビ猫ミルクは、今では家を三軒またにかけて泊まり歩いています。
いったいどこが自分家だと思っているのやら。
でも、お隣のおばさんが、家に泊まってるよ~って言ってくれるから
安心してるのかな。

ココさんちも、声かけてみては。
寒い日にお家に帰らないって言うのは帰れないのもありそうだから
お泊りさせてあげてOKだと思いますよ。
Commented by macocotte at 2009-02-07 19:09
★ きこりさま、
昨晩、ちぐろはココんちに外泊し、先ほど朝帰りしました(爆笑。
もつろん朝食後のチェックアウト(大爆笑。

あっと言う間に一ヶ月が過ぎましたが、当初、ちぐろもココんちの猫を
ご飯の際に威嚇していたけれど、最近は順番待ちできるようにもなりました。
たかが猫、されど猫なんでしょうか。交流を眺めていてもそれぞれの
成長が面白いです。イネスがチビに情があるというか。だからぷぅたんや
ねっちんに惚れられるんだとわかった気がします。

クビのけがというと、南仏時代のユエロスを思い出します。
怪我が治る前に噛まれちゃうので万年かさぶた様の傷口のままでした。
破傷風にならないのが不思議ですね、本当に。
Commented by macocotte at 2009-02-07 19:14
★ 葉っぱ♪♪さま、うわぁああああ、ありがとうございます。
まさにツボ。
ただ、新しいエントリーに書こうと思っていることですが、どうもチグロ本家の
飼い主のモチベーションやら責任感に疑問を持っている私だったりします。
ちぐろがヨソんちに寄っているのも具体的には2軒知っています。この
どちらの家も庭や玄関先に猫メシを常駐しているので、チグロがメシ処
と判断しているようです。となると、ココんちはやっぱり簡易宿泊所なのかも。
今朝は太陽がすっかり昇ってから帰って行きました。
夜明け前に外に出してもなぜか帰ろうとしません。
おそらく今は本宅のラプラドールのお腹で丸っこくお昼寝しているかと
想像しています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ねっちんだって哲学する、なのだ。 大きいけれど小さな猫 >>