<< これにはギョっとした。 あれから七年、 >>
どうしてボクのこと、
隠れたところで、
b0051172_21494189.jpg
ねすとーる兄貴とボク

ちぐろ君は猫の勘でココんちの3+1匹の中でねっちんが一番若いとわかっているのか、それとも長さ違えどどこか同じ柄だからなのか、日頃、ねっちんに甘えることが多いです。追い駆けっこや取っ組み合いやら殴り合いもするほどこのふた猫仲が良いです。
仲善きことは・・・なんだっけ?¢( ・_・) ン?
ところで、今朝、こんなことがありました。
午前10時半過ぎ、ココんちの♂♀が外出するので、もん・ここが先に玄関前に出ておりました。最近は毎度のことですが、もん・ここが車のエンジンをかけると、ちぐろ君がどこからかやって来て、自ら助手席に乗って、延々と ゴロゴロゴロ×∞ とのどを鳴らしていたりします。きょうの朝は車のそばの歩道でもん・こことちぐろ君が遊んでいました。普通に、もん・ここが跪くというかしゃがむ形で。すると、もん・こことちぐろ君の横を、ちぐろ君の本宅のマダムが車を運転しつつ横切りましたが、思いッキリ、もん・ここを無視したそうです。つまりマダムの後頭部しか見えない感じ。正面向いてハンドルを握っていない。ねぇ、
これってあり?ヽ(`Д´)ノ
いくら目に入れたくないからってこういう態度を取りますか?
ちょいっと、どう思います?
b0051172_2275171.jpg
ココんちの人間二人は強欲ですから、ちぐろ君の宦官手術をする朝に本宅の♂♀(この二人は結婚していないので夫婦ではないけど、子供は乳飲み子一人)にその旨を伝えた後、この二人は菓子折りひとつ持ってこないし、礼の一言もないという事実をココに書いてしまいますし、菓子折りひとつはいいけれど礼の一言も言えないこいつら(あーら、ごめんあさーせ)に先日のワクチン注射のことなんか、どうせ言ったところで菓子折りひとつはいいけれど礼の二音(めるし)も言えないだろうからこやつらに知らせずに私たちがちぐろ君のために買ったキャリーバッグに入れココんちの車に乗せて病院に連れて行きました。来月の二度目のワクチン注射もどうせ本宅の♂♀に知らせたところで菓子折りも礼もないだろうと踏みまくっておりますので言うつもりはありませんけれど、今朝のこのマダムの態度って、決定打ぢゃござーませんこと?

b0051172_22175068.gif 王選手がホームランを打ったら普通のパパはナボナを買って帰って来るんだぜ?


b0051172_22181512.gif そりゃ、順番が違うが。
b0051172_22252391.gif


私たちに対してマダムがこういう態度を取ることは構いません。
でもね、ちぐろ君が彼らに何をしたのでしょうか?
この数か月、ちぐろ君との関わりを振り返っても、ココんちの3+1匹より性格は素直だし、もっとも猫らしい猫だと思います。物をこわしたり、家具を引っかいたり、粗相をするなら疎遠にしたい希望もわからなくもありませんが、ちぐろ君はまだココんちの中で粗相をしたことはありません。椅子やテーブルの脚が好きらしく、脚を両腕で抱える仕草をしますが爪をたてることはありません。こちらが何も教えないのに、猫トイレを使い(外から中に入れると真っ先にトイレにすっ飛んで行きます)、爪は猫タワーで研ぎます。ちぐろ君の本宅の男女に対し、ちぐろ君に何も特別なことを私たちはもちろん求めていません。が、飼い主として二人が無償の愛情を示せば、ちぐろ君は本宅で寝起きするのではないでしょうか?
b0051172_22483964.jpg
ちぐろ君は嫌いになるのが難しい子猫です。なのに、
b0051172_22312082.jpg

ぶっちゃけて申し上げるなら、マダム、
b0051172_22312522.gif
ぶった切りたいです。

必殺仕置人を探すか・・・・。

le 19 avril 2009, Emma
[PR]
by macocotte | 2009-04-19 22:34 | ちびチボちぐろ | Comments(20)
Commented by tama5136 at 2009-04-20 09:29
猫が好きな人からすれば、こんなにも可愛いちぐろ君のことを大切にできないことが不思議に思います。ということは単純にマダームさんは猫が好きじゃないのでしょうね。
ちぐろ君はマココットさんに出会えてとても幸せだと思います。
マダムをぶった切ったところで、無駄な心の傷を負うだけです、ただ隣人となると嫌がらせするわけにもいかないですしね・・・。

日本にもマダームさんみたいな人がたくさんいるから、猫が殺処分されている現状が変わっていないのだと思います。

それにしても、ちぐろ君とってもお利口サンなんですね~♪
Commented by きなこもち at 2009-04-20 12:18 x
私は元々犬派でしたが、こちらのブログがきっかけで猫の可愛らしさを知ることが出来ました。
本宅の飼い主は合わせる顔がないんでしょうね。でもご近所だからばつが悪くてこんな姑息な態度とるしかないのかしら。(原因は自分達なのだから因果応報だと思う。)
ちぐろ君がきらいというよりめんどくさいんじゃないのかなあ。
可愛がっていないから可愛いいと思わないのも無理ないかも。
Commented by macocotte at 2009-04-20 16:04
☆ tama さま、
ちぐろ君の本宅というか実家ですが、ラプラドール犬もいます。
12月の終わり頃からちぐろ君がココんちに来るようになり、もん・ここが
マダムに挨拶したら、「私の猫で、ちぐろ。6ヶ月です」と返事をもらいました。
今のところ、ちぐろも私たちもちぐろ本宅の二人に切られるような行為を
されています。ちぐろの本宅は3軒の家と垣根で接していますが、先日
ちぐろの面倒を見てくださったマダムの話では犬も庭に放したところで
毎日、糞掃除もされず不衛生だし、真冬にはこの犬とちぐろが温めあって
庭で寝ていることも見ていると。

なんなんでしょうね。
暮らせないなら動物愛護協会に預けた方がかわいがってくれる新たな
家庭を見つけることができるのに。今となっては外に出られない犬が
かわいそうで、時折庭でちぐろを待っている様子が伺えたりします。
Commented by macocotte at 2009-04-20 16:18
☆ きなこもちさま、
猫は子猫の時は元気がいいけれど、しばらくすると日中は寝てばかりです。
その習性を私も知ってしまったからこそ、当初、なぜ共働きの本宅の二人が
自分たちの出勤と同時にちぐろを外に追い出すのか理解できませんでした。
家の中に放置しても寝ているだけです。ところが彼らは犬も猫も家から出して、
テラスにカリカリを大盛りで置いておくだけ。たぶんちぐろは犬ご飯の
味をよく知っていると思います。

12月末にもん・ここがマダムに挨拶した時、こちらから今は拙宅の中に
寒い日はいれられるけれど、♂猫だと春頃にはスプレーや家具をひっかき
始めるので、と前置きして宦官手術の話も出したのに「ええ、します」と
言いながらまったく動きませんでした。で、こちらでタイムリミットと判断して
手術の朝に挨拶したら「どうぞ」と言ったきり、その後なしのつぶてです。

続きます。
Commented by macocotte at 2009-04-20 16:21
☆ なんか抜本から理解できませんよね。この二人の飼い猫について、
私たちが留守中、この二人の隣人の母親が拙宅の庭でこの二人の猫
の面倒を見、私たちはお世話になったこの母上にローマ土産を買い、
帰宅したらちぐろの臨時宿泊所にご自分の家から大きなどんぶりを持参して
ちぐろに水を用意してくださったこともあり、別の時にどんぶりと一緒に
お茶菓子を持ってお礼しました。この状況、何か変ですよねぇ。
私はココんちが一週間留守になったら、再びちぐろは実家に戻るかとも
想像していたのです。結果、うちの庭で寝泊りして、今まで以上に庭で
楽しく遊べるようになっていました。
ちぐろの本宅の二人は社会性と言うか、愛情の持ち方というか、
命の捉えかたというか、私には不思議な人間にしか見えません。

それにしてももん・ここを見たくないからと横を向いて運転することもない
だろうに。ちぐろの実家隣のマダムはわざわざ車を停めて、もん・ここに
ちぐろについて質問してくださった。それがきっかけで留守中のちぐろを
頼むことができました。各自の心が表れますよね。

Commented by しぇリ~ at 2009-04-20 16:21 x
完全無視????こういう大人気ない行動をなさる人はきっとゴミの分別なんでもできないのでしょうね。犬糞がたくさんお庭にあるならこれからの時期は臭いが御近所迷惑になること間違いなし。そのうちラブラドールは里子に出されるのでは?
一軒家で猫と犬を飼うことが夢~なんてお引越前に思っていて、現実べべとでは手間がかかっていやになった。。。そんなシナリオが浮かびます。
いち早くma cocotte家とのご縁を得たちぐろ君は運が強いですね。
ねっちんとのお写真がかわゆい♪
Commented by macocotte at 2009-04-20 16:32
☆ しぇリ~さま、
それがね、夫婦(ぢゃないけど)同居人♂♀が共働きで、毎朝8時前に
二人とも出勤。マダムが赤ん坊を車に乗せて出、お昼過ぎに戻って来て
1時間半くらいして再び出勤、午後5時半頃には二人とも帰宅しています。
ちぐろ君ですが、当初彼らの出勤と同時に外に出されていると判断していましたが、
どうも早朝6時頃に外に出され、午前7時には拙宅玄関で拙宅の雨戸が
開くのを待ち伏せしていたこともわかってしまいました。
で、現在に至るまでちぐろはお世話になった犬が好きなんでしょうね。
毎朝、10~11時頃に自宅に戻って犬と遊んで、お昼には拙宅の庭の
ちぐろが大好きな場所にちょこんと丸まっています。つまり、飼い主には
挨拶しない、飼い主はちぐろが毎朝自宅に戻っていることも知らない。
犬とちぐろの愛情や友情も知らないのではないでしょうか?
なんかちぐろの実家隣の母娘も私たちも知っているのに、飼い主が
知らないなんてねぇ。情けないというか。

続きます。
Commented by macocotte at 2009-04-20 16:33
☆ ラプラドールは週末に飼い主が散歩に行く際、車で一緒に外出して
います。その時もちぐろは外にほっぽりぱなしでした。これが意味不明でしょ?
ちぐろくん、以前はやたら外に出たがったけれど、今は外に出ても
空気を読み取って、天気が悪かったり寒い日にはすぐ中に戻るように
なりました。今も窓辺でうとうとしています。

それにしてもマダムの完全無視で、なぜかもん・ここが傷ついています。
そりゃ、そうですよね。うちが何したのでしょう?誘拐ですか?そりゃ、
話が違うだろう!です。
Commented by annie at 2009-04-20 18:57 x
まここっと様

ちぐろくん、いたいけですね・・。
大好きなラブラドールに毎日会いに行くっていうのも、なんだか悲しすぎます。
本当は自分のお家なのにね・・・
どうしてこんなに良い子を、本宅の♂♀は蔑ろにできるのでしょうか。
しかも、まここっとさんと、もんここさんに対するその態度は一体なにっ??無視は止めてほしいですよね。
この二人に対して何かよいお仕置きの方法はないだろうか・・・。
Commented by macocotte at 2009-04-20 19:39
☆ annie さま、ようこそ。
ちぐろ君ですが、いい子です。人見知りもしないし、我を張るわけでもないし、
いたずらすることもありません。庭では元気に駆け回り、家の中では
静か。幼稚園児っぽいかも。
いろいろ考えたところで、どうしてちぐろが軽んじられているのか理解に
至れないままです。きょうの本宅ですがどうもヴァカンスで旅に出た
みたいです。猫の立場はわかってはいますが、日常からして「仲間はずれ」
っぽい態度が見え見えだと思うのです。
ちぐろ君ですが今も10か月の子猫ですが、物心ついた時はラプラドールの
世話が第一印象で、親のように思っているから毎日必ず戻ってラプラドールに
舐めてもらい、時には一緒にお昼寝して、ココんちに戻ってくるのでは
ないかと。もし私がちぐろだったら、私もラプラドールに毎朝会いに行き
ますね。
無視される理由もわからないままです。私たちは無視されるようなことを
したのでしょうか?
Commented by しおじゃけ at 2009-04-20 21:51 x
なんというか…
「ウチのものなのに横取りして」みたいな、自己中感覚が見え隠れします。
本宅の方々は一緒に暮らす命のある仔猫というより、自分の「所有物」という意識が強いからそういう態度に出るのかな?なんて思ってしまいました。

朝の6時には外に出されてって読んで、真冬なのにそれは無いだろ~と思わずお怒りモードになってしまったわ。
もんここさん、元気出してくださいね。ご近所はちゃんと見てますよ!ちぐろをお世話してくれたマダムの様に、きっと。
Commented by macocotte at 2009-04-20 22:12
☆ しおじゃけさま、貴コメントを拝読しているうちに目頭が熱くなって
しまいました。
もう、何と言っていいか。こちらもちぐろ君を第一に、ちぐろ君の気持を
尊重しつつ行動に気をつけているつもりです。でも、ちぐろ君が帰宅する
時間に雨戸を閉め切っていたり(それも日の短い季節に、です)、煙草の
煙を吹き付けて夜空の下に出してココんちの庭に22時近くうずくまっていたり。
私はこういうことに慣れていないので、もん・ここがシャッター雨戸を
締め切らずに30cm弱開けておき、日没後は庭の明かりをつけると
猫が飛んでくるはずだ、と教えてくれたことで実行しても来ました。
外を知っている猫だから大声をあげるのでわずらわしくて外に出すことも
猫の行動を見ていてわかります。ちぐろ君も最初、深夜や早朝にココんちでも
大泣きしたけれど、ほっておいたらもう今では泣かなくなりました。

続きます。
Commented by macocotte at 2009-04-20 22:12
☆ なぜちぐろを彼らは引き取ったのでしょうね?こんなことをするなら
普通最初から引き取りませんよね。きょうだって雨戸が締め切られて
いますから、旅行に出てしまったと思われます。ヴァカンスまでが勝負
だと予想はしていたけれど・・・こういう人間にはなりたくありませんね。
フランスは人間の養子縁組なら補助が出るけれど、補助金目当てで
子供を引き取る家庭があるという話、子供を思うと心配になってきます。
Commented by きなこもち at 2009-04-21 09:50 x
コメントを拝読しながら怒りが沸々とこみあげてまいりました・・
このマダム、ホント自分達さえよければ良い、気に入らない事はヒトのせいなのですね。マダムはもん・ここさんを無視することで「自分は悪くない」とどこまでも虚勢を張り続けるつもりなんでしょうか。
おのれを棚上げして自分の気持ちの安定の為にひとの心を傷付けるとは筋違いってもんですわ。
宦官手術の件で「いいですよ、どうぞ」ってまず飼い主ならありえない返答でしょうに。ヘンすぎる。
他にもありえないことだらけで理解不能、ぶっちゃけ御近所でも浮いた存在じゃないですか?
まここっとさん達と暮らす毎日が幸せな事は、ちぐろ君の可愛いさでちゃ~んと証明されてます。
もん・ここさん、ちぐろ君の可愛いエールで元気出してくださいね!
Commented by macocotte at 2009-04-21 17:54
☆ きなこもちさま、
ちぐろ君がココんちに寝泊りするようになった初めの頃、ちぐろ本宅が
心配しているだろうと、もん・ここがちぐろを抱っこして「ご心配なく、
うちで寝ている日もある」と話したら、マダムがちぐろを取って「バツとして
3日間家に閉じ込めますから」と言ったんです。翌日、ちぐろは現れません
でしたが、翌々日早朝にはココんちの雨戸が開くのを待ち伏せしていました。
家に閉じ込めることはバツではなく、飼い猫には良いことだったりするけれど、
ちぐろの実家がしたことはちぐろをガレージに閉じ込めており、家庭には
迎え入れていないことだったようです。ココんちあたりの一月は寒く、
ガレージ(拙宅と同じ造り)は外気が入り、それがかなり湿っています。
ちぐろが実家を恋しく思うのは犬の温かいお腹と自分を寝かせるために
舐めてくれる大きな舌が恋しいのです。人間ではないと思います。だから
留守宅に戻る。
いっそ野良の方がこちらもすっきり対応できたと思っています。
続く
Commented by macocotte at 2009-04-21 17:54
☆ 今朝も私が目を覚ましたら、ちぐろは私の横向きのお腹の線と平行に
三日月様で熟睡していました。実家の犬のお腹と心臓の音がちぐろに
とって何より好きだからでしょうね。こんな猫運命って・・・何もできないけど、
できることはしたいです。
Commented by harubooo at 2009-04-21 20:47
まここっとさんこんばんは^^
そのマダーム、 そこまで無視しなくても(怒)。
そんなに見たくないのか? そうなのか? でもあなたの猫でしょう?
まったく。。。ぶった切りたいお気持ちよく分かります。

こんなに可愛いのに・・・。
テーブルの脚に抱きつくちぐろちゃんを想像するだけで萌えます。
そういえばノブも私達の足によく抱きついてたっけなぁ。

マダームの家のラブラドールもかわいそうですね。
支えあっていたちぐろくんがいなくなってしまって寂しいかしら(T_T)
本当に、いったい何のために動物を飼ったんだろう。。。
Commented by macocotte at 2009-04-22 05:22
☆ haruboooさま、ねぇ、そうでしょー?何もそこまで不自然に顔を
そむけなくても、と思います。手術を決意したのもタイムリミットを察した
からです。注射も鳥やネズミをくわえて来た事実があるので限界を感じました。
何日も飼い猫が戻ってこなくて、もん・ここが連れて行ったら「車に
ひかれたと思っていました」という返事。どういう心境だとこういう台詞が
言えるのでしょう。「車にひかれたら大変!」と心配になるのが家族では
ないでしょうか。相手の気持を慮りたくても理解できない。難しいです。
今となっては犬が気の毒です。たまにちぐろが見つからなくて、ちぐろ実家の
前を通ると犬もちぐろが戻ってくるのを待っているのです。塀を越えようと
思えば犬にも越えられる高さですが、犬の習性では難しいですよね。
ラプラドールが成犬で、子猫のちぐろと一緒にいると、微笑ましいのです。

ちぐろくんですが、椅子やテーブル、家具の脚首にしがみつくのが好きです。
なぜでしょうね。抱きかかえたまま放心の表情だったり(爆笑。
Commented by きなこもち at 2009-04-22 12:48 x
はあ!?子猫を真冬のガレージに閉じ込める??これってお仕置きレベルじゃないですね、ひどい・・
大体日常的にちぐろ君を締め出しているのはマダムじゃないですか。なぜちぐろ君がバツを受けなきゃならないんでしょう。
人ならば親が躾と称する行過ぎた虐待で子が命をおとす痛ましいケースを度々耳にしますが・・・それに近いものを感じてしまいました。
なんだかちぐろ君が今まで無事に生きてこられたのはホント強運だったからとしか思えません。
もしもまここっとさん達との出会いが無かったらと思うと・・ぞっとします。やはりちぐろ君は本宅には任せられません(キッパリ)

>ちぐろくんですが、椅子やテーブル、家具の脚首にしがみつくの>が好きです。
>なぜでしょうね。抱きかかえたまま放心の表情だったり(爆笑。

これ↑ものすっごく見てみたいです!
Commented by macocotte at 2009-04-22 18:46
☆ きなこもちさま、
思うに、自分が人間だろうが猫だろうが自分がもし他人にされたら嫌なこと、
つらいことばかりをちぐろにしていると思いませんか。私は同じ屋根の下に
住むヒトにも猫にも特別なことは何もできませんが、できることはしてみるし、
相手の気持も考えて動いているつもりです。でも、0度以下の外に自分が
寝ることになったらダンボールを探すでしょうが、猫は探せません。昼間でも
真っ暗なガレージに閉じ込められて湿気がじめじめでも泣いて懇願するしか
猫にはできません。なぜできないことをさせようとするのでしょう。
理解に苦しみます。
ちぐろ君ですが生後10か月を過ぎ、ココんちの中でも少しずつ冒険しています。
冒険と言っても少しずつ高い棚に昇ったり、3+1匹猫にくっついて
マネしているだけですが、人間の子供の成長と同じですね。学習して
身につけています。生き物だから時間をかけて見守る姿勢も先に生まれた
動物には大切なことだと思っています。
近所は犬猫だらけで、半分放し飼いの家ばかりですが、拙宅に寄った猫は
ちぐろが初めてです。理由はわからないけれど、これも縁なのでしょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< これにはギョっとした。 あれから七年、 >>