<< コラッ!ちぐろぉ!なんばしよっ... どうしてボクのこと、 >>
これにはギョっとした。
...あれ?
b0051172_5275696.jpg
ちぐろぉ?

b0051172_5294454.jpg
だ、誰がちぐろ君と本宅犬を無断で木彫にしてしまったのだあ?


しかも、"Amis pour la vie 生涯の友達" なんてあまりにノンフィクシォーンではありませんか。ちぐろ君がこの木彫と同じように、時には犬のお腹にうずくまって、ちぐろ君実家のお庭で寝ていたこと、私も目撃したことがあるのです。この額、欲しい。

偶然とはいえ、ポワチエ Poitiers という町の裏道で見つけたこの木彫には驚かされました。
b0051172_5364820.jpg
4月6日、お昼過ぎのポワチエ、快晴。裏道はこんな感じで緩いくだり坂になっています。

すっかす、ちぐろへの憐れみがこんなに遠くで木彫になっちまったんだな・・・(大嘘

と、目頭を押さえつつ数歩歩いた先に絵画修復のお店。
b0051172_5433769.jpg
ウヰンドウには子猫の絵。これも修復したものなのでしょう。


そして、このお店のすぐそばには、
b0051172_5433818.jpg
ナ ニ コ レ ?

お香立てのようなものみたいです。猫の背中の穴に香を刺して。右隣の象さんには三角錐のお香を背中に乗せるようです。

動かないけれど、通りすがりに出会った猫たちを紹介いたしました。

le 22 avril 2009, Alexandre
[PR]
by macocotte | 2009-04-22 05:53 | 通りすがりのあの方この方 | Comments(2)
Commented by きなこもち at 2009-04-26 10:53 x
偶然とはいえこれは・・びっくり目が釘付けになりました。
確かに特別な想いで見入ってしまいますよね。ぬくもりが伝わってきます。
私もこの額ほすい・・
このお香立ても可愛くて素敵・・(お香を聞くのが趣味なもんで、興味津々です)。
今ギャリコの「ジェニィ」を読んでいるのですが、ずんずんと猫の世界にハマッている今日この頃です。


Commented by macocotte at 2009-04-26 17:13
☆ きなこもちさま、

これ、かわいいと思いませんか。
同じものがあれば、ぜひ!お財布と相談して買いたいのです。
猫の大きさ、柄も犬の種もちぐろくんとお友達犬とほぼ同じで、超どっきり!
でした。「一生のお友達」という語も心にずきっと来ます。今となっては、
毎晩仰向けになってすやすや眠ったり、目をまっくろにして甘えてモミモミ
するちぐろを見てしまうと、勝手に外出できないちぐろの親友犬が気の毒
になったりします。ちぐろはあいかわらず毎朝、親友犬に挨拶に行きますが。
犬と猫が仲悪いとか、「犬派」「猫派」とヒトを分けるより、本来、犬猫は
互いに思い合っていると私たちの中で常識になるようにしたいです。

お香立てですが、お昼休み中で買えなかったのです。上のカフェも
お昼休み中・・・次回は突撃したいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< コラッ!ちぐろぉ!なんばしよっ... どうしてボクのこと、 >>