<< 今年もお祝いできました。 ラリるれろレロ。 >>
草原の筆子さん
あ、もしや、ココんちのいねす筆子さんではありませんか?
b0051172_4233349.jpg


荒れ放題のココんちの庭にたたずむ、おとめ黒猫... いえ、いねすは中年です。
b0051172_433911.jpg

いねすの胴体半分より下と手足のはげちょびんが治りません。
もしかして以前より目立ち始めているかも、と思うこともあります。
そうかと言って、いねすがこのはげちょびんを神経質に舐めたりしているところをまだ目撃したことはありません。いねすは今もいつも優しくて、最近は毎晩、私の頭のそばで眠るようになりました。いねすはいつも静か、穏やか。ご飯の時以外。
ふと昔のいねすの写真を眺めると、昔のココンちではハゲひとつなく、少し硬めの艶ある黒毛猫で、お腹もお毛毛で覆われていながらもいつもスマイルなのでした。それを思うと、最近のいねすのハゲは悲しくもあり、何かストレスがあればこそなのか、とかつて風通しの良いベランダが好きだったいねすと一緒にお庭に出てみることにしました。
b0051172_4305268.jpg

いねすの怖がりの性格だけでなく年齢もあるのでしょうか。決して冒険せずお庭の中で興味を見つけて散策しつつ、木陰で涼を取ったり楽しそうないねす筆子さんです。
b0051172_4312331.jpg

猫というものは毛があればこそほど良いボリュームに見えるのであって、いねすの手足の毛がないところを見ると、まるで骨付き鶏もも肉のようにも見え、よくこんなに細い手足で身体を支えられるものだと驚かされたりもします。

いねすのハゲが治りますように。

b0051172_16571415.gif
le 23 juin 2009, Audrey
[PR]
by macocotte | 2009-06-23 04:34 | いねすネネネネねねねのね | Comments(2)
Commented by きこり at 2009-06-23 15:09 x
いねす様、久し振りのお散歩はいかがだったでしょうか・・・
花の匂い、草の香り・・・どんな風が吹いてましたでしょうか?
ま・ここっとさんがそばに付いていてくれれば安心だよね。
とまどいながらも楽しそうなイネスさん・・・
ホント、実はほそっちい猫の足・・・肉ってあんまりついてないんですよね。
ハゲになっちまう理由はわからないけれど、できれば
こんもりと毛が茂った、美味しそうな鳥モモ肉になってくれますように!
Commented by macocotte at 2009-06-24 02:41
☆ きこりさま、
いねすとぷぅたんは年齢のせいでしょうか。冒険しません。
庭に一緒に出るとちょっとだけ土の上に出ますが、すぐ窓のサンか
テラスのセメントの上でゴロゴロ。
逆にねすとーるとレアたんは勇気リンリン瑠璃の色~♪ で、ウマのごとく
障害物を飛び越えてヨソんちに行ってしまうので出せません。
いねす、ひとり遊びが上手というか、モンシロチョウを追いかけるのが
好きで、おかっぱの女の子のようです。かわゆい。
それにしてもどうしてハゲてしまうのか。そんなにガシガシしている
ようでもないのです。以前のようにツヤツヤ黒毛猫にもどっていただけたら。
いねすぅ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 今年もお祝いできました。 ラリるれろレロ。 >>