<< いね子さんの、いね子さんによる... 青葉若葉に風薫る五月の第三週目... >>
遊牧猫と丸五年
きょう2010年5月24日、ネストールをココんちに迎えてから 丸五年になりました。
b0051172_1205081.jpg

振り返ってみますと「ネストール Nestor」という名前をココにお披露目しましたのが 2005年10月8日 のことでした。お披露目前までは「ヴィジトゥール(訪問者)」という名前で5か月ほど。cf. http://chatsblog.exblog.jp/i13/
ココんちの猫(3+1)+1匹のうち、ネストールだけが成猫サイズで知り合ったので年齢も推定で今年6~7歳だと思われます。でも、こうして久しぶりに5年前のネストールの写真を見ると、獣医さんがおっしゃったとおり1歳でしょうか。現在のねっちんに比べると小さく、幼い顔のようにも見えます。
2005年6月1日のねっちん ↓ 。場所は違えど、上の写真と同じ棚の上のねっちんです。
b0051172_2401447.jpg
こうして比べると5年の歳月がわかりますね。猫は飼い主に似ると聞いてはおりますが、ほんと、ネストールはこの5年でなんて人相の悪い猫に成り下がってしまったのでしょう。申し訳ない。

さて、この頃のねっちんですが、いたずらが過ぎます。ココんちの人間が寝静まっている間に本棚に飛び乗り、木彫り猫を落とし、観葉植物の葉を食いちぎるし、木の椅子脚で爪とぎもします。今朝はドアと壁の間のゴムを爪を使って引っ張り出して壊しました。あまりに悪い猫なのでガレージに出すと、猫カリカリをしまってある箱を倒して、中身の袋を食いちぎってカリカリを食べ散らかすことも毎度で、先日とうとうネストールから猫カリカリを守るために7リットルの巨大ごみ箱を買い、その中に猫カリカリ袋を収める事にしました。ココんちでは多頭飼いでもあり、どうしても長子と末っ子の間にいるねっちんは甘えたくても甘えきれない難しい立場なのでいたずらで気を引こうとしているのかもしれませんが、毎晩、他の猫が寝静まった後、独特な泣き声で私のそばに来ては「もう寝ようよ」と声をかけてくれ、ねっちんの勧めに従って私が横になると同時にねっちんが胸板の上に乗ってモミモミ、その後、頭をぶるるるっとふるい鼻水を飛ばすことが日課となりました。勘弁してくれ~の刑ですね。

ネストールは宦官の玉無し野良猫生活を経たせいか、どうも同じ♂猫であるぷぅたんに対して神経質で、ぷぅたんがねっちんに近寄るなり、ねっちんが独特なのど音を出してぷぅたんを脅すことも毎度です。せっかくの男子同居猫なのだから仲良しになっていただけたらと願っているのですが、今となっては難しいでしょうか。同じ♂猫でも年齢が離れたちぐろ君にねっちんは攻撃的にはなりません。

ねっちんは外の世界を知っているだけに、今も外に飛び出る願いは強く、ちょっとしたドアの隙間から飛び出るなり柵を飛び越え大遠征するのもねっちんの欠点です。これからもねっちんには鼻水を浴びせられたり、家出されたり、備品破壊と、私ははらはらさせられっぱなしなのでしょうか。

b0051172_18545789.gif
le 24 mai 2010, Donatien
[PR]
by macocotte | 2010-05-24 23:17 | ねねね、ねすとぉっっ! | Comments(6)
Commented by Shin at 2010-05-26 23:49 x
ねっちんがまここっとさんのお家に入ってすぐの頃、
すごく長い時間眠っていた記事を見て、
「今まで安心して眠れなかったのかなあ」
と涙したのを思い出しました〜。

ぷうたんが害意を持って近づいているのでないならば、
単に相性があまり良くないだけかも?
Commented by macocotte at 2010-05-27 14:23
☆ Shin さま、

尊い涙、ありがとうございます。
ねっちんの心の糧になります。

思い出すとねっちんが旧ココんちに来た日はねっちんが玄関から
中に入った直後から他の猫が遊んでくれなかった猫グッズもろもろ
すぐ楽しんでくれ、ねっちん自らバスタブに入ったり、私達の
ベッドでねぢれ就寝したり・・・不思議でした。
しばらくしてベランダに出たねっちんが再び室内に入りたいと
思った時に爪を利用しガラスでひっかき音を出して気付かせる
ワザを持っていることで、以前からそういう習慣があったのかな?
と想像したりもしました。猫と人間だと想像しかできないのが
寂しいですね。おそらくココんちの他の猫はねっちんの過去も
知っているのかもしれません。

ぷぅたんとねっちんは毎度ぷぅたんが近寄るとねっちんが「シャーっ」と
脅し、逆に私とぷぅたんが一緒に横になっているとねっちんが
寄ってきてぷぅたんをひっぱたいたりします。ぷぅたんは常に
敗猫で、ねっちんに嚇かされては耳をぺったんこ、ひっぱたかれては
目をしょぼしょぼしています。
Commented by きなこもち at 2010-05-28 17:59 x
5年まえのねっちんがちぐろ君そっくりでびっくりです。

イケイケのねっちん、更にパワーアップされていたのですね。
・・・とにかくねっちん無事のご帰還ホッとしました。捜索おつかれさまでした。
Commented by macocotte at 2010-05-29 13:47
☆ きなこもちさま

ねっちんの大脱走についてまだブログに書いておりませんが、
もしかしてトゥイッターでご覧になりましたか?

こうして写真を二枚並べると、ねっちんが大人になったのだと
判ると言うか。いつも一緒だと体長が伸びただけで他の違いには
気付けなかったりします。

5年前のねっちん、こうして見ると子猫っぽい顔ですね。
となると今は6.5歳くらいでしょうか。うううん、推定というのが
もどかしいです。
Commented by きなこもち at 2010-06-02 09:16 x
>もしかしてトゥイッターでご覧になりましたか?

はい、実は拝読しております。
・・・なんかフライングしてしまったようで、申し訳ないです。

ねっちんの出奔を知り、状況を読ませていただいているうちに、もうね胃がキリキリと。。。ほんとプチ家出で済んで胸を撫で下ろしました。

Commented by macocotte at 2010-06-02 20:36
☆ きなこもちさま、

おおおお、もしかしてフオローしてくださってるのでせうか?
もしそうでしたら、何らかの形でお知らせくださいね。
私もフオローいたしまする。

実は私、今回ばかりは今生の別れを覚悟しました。
というのも、いくらえさ箱を振っても、名前を呼んでも
ねっちんが出てこなかったからです。
以前の家出時はこの二つでひょうひょうと遠方から歩いてきた
ねっちんです。
ねっちんがいなくなった間、午後5時と言うココんち近辺の道の
交通量が最も激しい時間だし、ねっちんの夕食時間でもあるのに
ねっちんは出てこなかった。戻って来たのは午後7時25分。

ぷぅにもある悪い性格と言うか、ねっちんも私を困らせたくなる
みたいですね。以前の飼い主さんにかわいがられていたのか
(だったら野良猫になるわけないでしょうけれど)ねすとーるは
甘え上手だと思います。語りかけも上手です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< いね子さんの、いね子さんによる... 青葉若葉に風薫る五月の第三週目... >>