<< 一年もたなかった。orz あきらめましょう。 >>
花かつをのキミへ
まだ、その時間になってはいませんが、6年前のきょう、5月24日の午後6時、ねっちんが旧ココんちの敷居をまたぎました。詳細ライヴ版はコチラ 謎の訪問猫は仮滞在中。
あれから6年。多分、間違いなく南仏生まれのねっちんの運命は800kmもの引越しを経験し、今は大西洋に近い僻地で余生を送っていることになります。
b0051172_21381719.jpg

夢でうなされるねっちんです。

ねっちんはかわいそうかもしれません。

6年目のきょう、ねっちんの大好物の花かつを をお祝い膳としておやつに出しました。
b0051172_21394217.jpg

桜の木の下ではなく、花かつをの袋の前で記念撮影です。


b0051172_21402372.jpg

足のふんばり具合で、ねっちんの花かつをへの愛が感じられます。

6年前の写真を見ると、当時のねっちんはまだオトナになりきっていない猫だったことがわかります。あれから6年経ち、ようやく背骨のゴリゴリが目立たなくなり、手足もぶっとく健康的になったけれど、体重は今もココんちの(3+1)+1猫の中で最軽量。でも、喧嘩が強いのは宦官なのに外猫として何ヶ月か過ごしたからでしょうか。

兎にも角にも、6年経ってもぷぅたんと仲が悪い。
これがま・ここっつぁんにとって一番の悩みの種なのです。
ぷぅたんとねっちんが喧嘩するたびに「みんな、なかよくぅううう」を繰り返しているけれど、通じないみたい。
b0051172_2157351.jpg


喧嘩と脱走癖と鼻水スプラッシュ以外のねっちんはおしゃべりで、甘えん坊で、せつないよぢれ猫です。


b0051172_18545789.gif
le 24 mai 2005, Donatien
[PR]
by macocotte | 2011-05-24 21:41 | ねねね、ねすとぉっっ! | Comments(6)
Commented by 葉っぱ♪♪ at 2011-05-26 13:01 x
こんにちは、
ネストールくん、ココさんちのコになってもう6年なんですね。
私がこちらのブログにお邪魔するようになったのも
その頃で、時間の過ぎるのはなんと早いことか・・・・・

脱走癖のねっちん、かわいそうではないですよ。
とっても幸せですよ。幸せだからよじれちゃう。
お外の誘惑はとってもあぶないかも知れないけど
脱走してもきっと数時間後に帰ってきますよ。
やっぱりここがいいよーっててね。

これからも更新楽しみにしています。
Commented by macocotte at 2011-05-26 17:09
☆ 葉っぱ♪♪ さま

6年なのです!
本当、今までどうもありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。

ねっちんには連日ハラハラさせられています。
7歳あたりのネコは一番やんちゃなのかしら?
しかも、ココんちで現在のねっちんは3男猫の真ん中、(3+1)+1猫でも
真ん中なので、注目してもらいたくていろいろ悪さを考えているのかも
しれません。夜になり、他の4猫が寝てしまうと甘えてきたりします。
逆に4猫が活発だと、ねっちんはひとりぽつーんといたり。

ココんちの近所の、ねっちんが脱走すると必ず隠れていた藪のあたりで
分譲住宅建設工事が始まり、もしねっちんが脱走したら・・・と思うと
心の筋肉がきゅううんとなっちまうこの頃です。トラックに隠れて
ドナドナなんてことにならないよう祈るばかりです。
Commented by Shin at 2011-05-26 23:44 x
ねっちんねじねじは幸せの現れ、私もそう思います。
人間でも気の合わない家族と、
大人の行動で冷静に距離を保ったり、
たまにぶつかったり、色々ありますし。

それでもねっちんは今ここに居て幸せと思いますよ。
だからもっとへそ天でねじねじしていいのです。
洗面所がお気に入りになっって、
お外への興味を忘れてくれたらいいですね。
Commented by macocotte at 2011-05-27 15:35
☆ Shin さま

ねっちんは多頭飼いの真ん中猫なので、ツンデレ猫かもしれませんね。
洗面所のシンクは初日以降、連日、自ら納まっています。
昨日は私達の歯磨き前にシンク占拠!
ねっちんを引っ張り出したら、底にスポンジがありました。Σ( ̄△ ̄; 

外の興味皆無はちぐろですねぇ。
まったくゼロ。おねだりもしません。
上3匹が庭に出、ねっちんが独房入りするとちぐろはひとり
ベッドで仰向けで熟睡です。かわいいですよ。

ところで、ねっちんが仰向けねじりすると、おへそあたりの
肌がうっすら見えます。とてもきれいなピンク色です。
Commented by kaocin at 2011-05-31 22:59 x
えへへへ~
うちのもこれを食べていましたよ。
でもねっちんはフランス猫なのに、花かつおに魅了されるのですね。
って、ぷぅたんのホシカマも一緒かな?
うちのは、ついに便秘根治で先週末、結腸を切りました。
今日、退院して、私のベッドでくつろいでいます。
ペット用トイレシートを敷き詰めたベッド、私はどこに寝たらよいのやら。

ねっちんのねじれは見事です。
あんなにリッラックスできたらなぁ・・・
Commented by macocotte at 2011-06-01 03:51
☆ kaocin さま

猫さんの術後はいかがですか?
私も気をつけるようにします。
ねっちんは仰向け干物状態の時にお腹をさするようにすればよいでしょうか。
このねじれの構造が今もまだ私にはよく分かっていません。
軸だけは常にまっすぐなのかしら?
お腹の毛の間に見える桃色の肌がたまらんとです。

ねっちんははじめて花カツをを見た日から、惚れてしまったようです。
縁もゆかりもない風味だからでしょうか。
私が花かつをに触れる気配だけでものすごい興奮状態になります。

ねっちんの仰向けは太陽の光線の具合と比例しているように思います。
猫、頭いいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 一年もたなかった。orz あきらめましょう。 >>