<< そして、また、ボクの初体験 ボクの初体験 >>
失った物が戻って来た日
アルザス旅行からココんちに戻り、ココんちの(3+1)+1猫と1犬を9月19日の朝、迎えに行きました。
b0051172_428962.jpg
↑ 9月19日朝の横柄王くろヴぃす ↑


19日から始まった9月第三週のココんちは何かと忙しく、24日のお昼頃、くろヴぃすの首輪から迷子札がなくなっていることに気付きました。が、前日の昼食後まで確かにあったことは覚えていました。となると、迷子札が首輪から外れたのは前日午後から24日の午前中ということになります。その間、お散歩3回と、くろヴぃすの朝食直後の庭散歩一回。

何せ迷子札がココんちに届いたのは9月6日です。http://chatsblog.exblog.jp/16257514/ 首輪につけて一か月も経たないうちに失くしてしまったとはドけちのま・ここっつぁんが憤りの涙を流さずにはいられません。ふと、9月19日にくろヴぃすを引き取った時、迷子札の裏面のアルミにいくつもの噛み跡があったことを思い出しました。もしかしたらくろヴぃすは檻の中に入れられ、もん・ここもま・ここっつぁんも去ってしまったことで再び飼い主に捨てられたと思い、ストレスで首輪を噛んでいたのかもしれません。その際、首輪と迷子札のつなぎが緩んだ可能性があります。

迷子札がなくなってから前日と当日に散歩したコースを繰り返し歩きましたが、見つけることはできませんでした。ま・ここっつぁんは迷子札の色合いとペンギン柄が気に入っていたこともあり、意を決して、迷子札を注文しました。こんな簡単に失くしてしまうのならば、と今回は二個注文しました。


注文した新しい迷子札は10月3日午前8時半、ココんちに届きました。郵便配達さん、朝早すぎ (-。-) ボソッ
b0051172_4274945.jpg

前回お願いした柄と同じものと、これから寒くなるので秋冬っぽい柄を選んでみました。かわいいっっ!

ココんちあたりは先週後半からなぜか常夏陽気で、旅行前に洗濯し片付けた真夏のアッパッパを取り出しました。10月1日は日本の習慣ならば衣替えですし、ココんちあたりの木々の葉は色づき、落葉も始まっているのに、お天気だけは真夏。連日最高気温が30度です。

夏至の日もとおの昔のことですから、夜明けは8時近く、お天気の良し悪しがはっきりするのは11時あたりです。3日も11時頃からお天道様がギンギラギンに照り始めたので布団干しをしました。くろヴぃすの布団です。くろヴぃすの布団は人間のお古の布団なので干すために広げたら、ぽとりと落ちた。

何がって、24日に行方不明になった迷子札です。
何も新品の迷子札が届いて3時間後に「あたし、なくなってないわよ」とばかりに布団から現われなくてもいいぢゃありませんか。変な話ですが、24日から何度もくろヴぃすの布団のどこかにひっかかっているのではないかと探したけれど見つけられなかったのに、なぜ3日になって姿を現わしたのでしょう?

仏蘭西では失くし物をしたら 聖アントオニオ にお祈りすれば失った物が出てくるという言い伝えがあります。24日に迷子札を失くしてから私はアントオニオさまにお祈りしたっけ?したような、しないような、うぅうううん。
で、思い出したことは聖アントオニオはフランシスコ会という修道会の修道士でしたが、フランシスコ会を創立した フランチエスコのお祝い日が10月4日 なのです。しかも、フランチエスコは生前、動物と会話ができたことで、動物はじめ自然の守護聖人なのです。
フランチエスコさまとアントオニオさまのお取り計らいで10月3日に犬の迷子札を見つけることができたのかしら?

感謝、感謝のめっるし、めるしぃなのであります。ありがとー。

見つかった迷子札を再び首輪に止め、ペンチでしっかりと金具を締め直しました。
今度はしばらく失くさないかしら。ちょと心配。

b0051172_4123553.gif
le 4 octobre 2011, François d'Asisse
[PR]
by macocotte | 2011-10-04 05:13 | クロヴィスさまのお通りだいっ! | Comments(2)
Commented by kaocin at 2011-10-04 09:28 x
そういえばリストのピアノ曲に「小鳥と話すアッシジの聖フランシス」ってありました。
うちも猫と話が出来たらなぁ・・・
お薬ちゃんと飲んでね♪ って、「話し合い」が出来るのに。・・・

「アッパッパ」って何十年かぶりで聞きました。
わははははは! 懐かしい響き!
東京は寒くて風邪ひきました。
Commented by macocotte at 2011-10-05 05:38
☆ kaocinさま

まあ、どんな曲なのでしょ?>小鳥と話すアッシジの聖フランシス
私も動物と話がしてみたいです。
こちらから話しかけて、お返事らしき目線をもらえるだけでもうれしかったりします。
動物と会話ができたのはアッシジのフランチエスコとドリトル先生ですね。
いいなあ。

アッパッパは私の亡くなった母がよく口にしていました。
母がいなくなってしまったので、私が引き継いで使っています。
いや~、快適、快適。
こちらは4日に少しだけ涼しくなったけれど、まだ日中は袖なしでも
平気です。
日本から初冠雪やら零下の話題が届いて驚いています。
今年は大自然から何か訴えられている私たちなのかもしれません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< そして、また、ボクの初体験 ボクの初体験 >>