<< 真冬の窓辺。 春のはじまりの日に、 >>
もしもこたつがあったなら、
強風吹きすさぶ中、雪が舞ってたココんちあたりの夜明け前。
b0051172_18451213.jpg



こんぴーた机そばの、電気ヒーター前の椅子に
b0051172_18403153.jpg
まんまるちぐたん。

窓の外の雪景色を眺めては「雪やこんこ、あられやこんこ」と口ずさみながら、
今のココんちの様子に目をやりながら「犬は喜び、庭駆け回り、猫はこたつで丸くなる」とニヤニヤしたりしておりますが、寒い夜になると猫がごそごそ人間の寝床にやってきては暖を探しているので、日本のようにこたつがあれば・・・とふと思ってしまったりしています。
本当に猫はこたつの中で丸くなるのですか?
b0051172_194112.jpg

実は、本当に猫がコタツの中で丸くなるのか確かめたいだけだったりして。


b0051172_18545789.gif
le 7 février 2012, Eugénie
[PR]
by macocotte | 2012-02-07 19:04 | ちびチボちぐろ | Comments(8)
Commented by opera at 2012-02-07 20:55 x
丸くはならないけど、こたつが好き。

昔昔、当方第一匹目のOが、お外からウチに、冬にやってきました。
初めてのおこただったのか、超超久々のおこただったのか、
うれしくて、入ったまま出てきませんでした。
ある日、出てくると、おまたのあたりがぐじゅぐじゅ。
獣医さんに連れて行くと、低温火傷だと!

つまり、丸くならずに、大股開きで寝ていたということです。

粒の首輪、昨日、送りました。
Commented by kaocin at 2012-02-08 15:18 x
まんまるなのは、チグロくんのおめめ♪

昔昔、実家のこたつは練炭の掘りごたつで、冬シーズン初頭、必ず一度はひどい頭痛になったものでした。(一酸化炭素中毒)
お猫様も同様、中でくつろいでいるうちにみょうな声でなーなーと泣き始めたら最後、自分では這いあがれず、ひっぱりあげてやるとしばらくは「気持ちわりー!」みたいな顔で横になっていました。
でもどうしても入りたがるので、こたつの一画だけ布団を開けてやっていました。暖かいところでは伸びていたみたいです。
人間は、パジャマを温めたり(よく落としてこがした)、おいもやお餅を焼いたりしました。もう使っていません。

前回の追伸♪
おでんの名古屋風は、八丁みそのお出汁で煮込みます。
おつゆがとっても美味しくて、毎回飲みほしてしまいます。
煮込むために具の種類は少ないです。
Commented by macocotte at 2012-02-08 16:08
☆ opera さま

うぉおお、首輪!ありがとうございます!!m(_ _"m)
食べられない首輪でありますよう、祈るばかりです。
深夜、真っ暗闇の中で首輪を噛む音が聞こえると、かなりオカルトなのです。

そして、あらま、なんと、低温火傷!!!ヾ(°0°)ノ
赤外線の下で大股開き仰向けのオグさまの図・・・・豪快極まりありませんけれど。ほほ。
うちはこたつがないのにくろヴすのお股が先週ぐちゅぐちゅになりまして、
昨日1週間の投薬を終えたところなのです。
Commented by macocotte at 2012-02-08 16:13
☆ kaocinさま

ああっ、練炭のコタツの存在を思い出しました。
近年は練炭と聞くと、あらぬ方向を想像するようになってしまいましたが、
これも時代なのでしょうね。(なにせわたくしは昭和のナマ遺物)

猫のぐったりした顔というものを私はまだ見たことがないかもしれません。
いや、見たか・・・先日、具合悪くなったねっちんは泣き声でSOSを発信する
タイプなのですが。

静岡から名古屋にかけておでんの旅をすると良いのかしら?
名古屋風のお食事はまだとんかつしかよく存ぜず・・・
Commented by kaocin at 2012-02-08 20:29 x
昔は、新聞紙に火をつけ、まきと炭をくべて練炭に火をつけていました。
我が家には、父が大工だったこともあって、なたがあり、
七輪にくべるまきをこれでぶったぎっていましたよ。
冬の朝早く、なたをふるう音が聞こえると、子供ながら寒さに切なくなったものでした。(東京ではありますが、昔は寒かったです)
猫のぐったりした顔は、目を白黒させているというか、そんな感じでした。
Commented by macocotte at 2012-02-09 03:41
☆ kaocin さま

私のピアノの先生はいつも火鉢で指を温めながら指導してくださったことを
思い出しました。炭や練炭を変なことではなく良いことにもう一度
使えないものでしょうか。・・・と、ふと思いました。節電につながればいいのだけれど。
私の実家はガスストーブだったけれど、ストーブの上に置いたやかんが
しゅんしゅん音立てたり、おもちを焼いたり。今はファンヒーターだから
やかんもおもちも乗せられません。

今年の東京は寒いと聞いていますが、もしかすると長年の暖冬で
忘れかけていた昭和の寒さなのかもしれませんね。
Commented by きこり at 2012-02-12 08:49 x
おおお~!!雪が積もったではないですか~!
くろヴぃす君の駆けまわる姿が見られますね。
こたつというと、学生の頃、よくこたつの中で(顔は出すけど)
寝てたことを思い出します(笑
入っちゃうと、もう出たくなくなっちゃうんですよね。
こちらは相変わらず冷え込んでいます。
猫たちはストーブを囲むように作ってあるレンガの上で寝ておりまよ~
Commented by macocotte at 2012-02-12 16:40
☆ きこりさま、

雪が積もったけれど、その後が大変で、道は凍結するし、
うちの洗濯機が動かなくなってしまいました。どーしよー。
きょうも予想最高気温が1℃です。ううう、困った。

私もこたつが大好きで、冬になるとふくらはぎに赤い斑が
できてしまうほど・・・(動け!) 何かつまんだりお茶を飲みながら、
テレビを見たり、漫画を読んだり、宿題したり・・・楽しかったなあ(遠い目

レンガに猫、似合います。(` ´)b
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 真冬の窓辺。 春のはじまりの日に、 >>