<< 久しぶりに脚光を浴びたボク こっつぁむい日ではありましたが、 >>
++恒例++春の健康診断++
ココんちの末代までの恥 を晒してから一年が経ち、今年はレアたんのお名前記念日の日に獣医さんちを訪問いたしました。
b0051172_16384868.jpg

( ̄□ ̄;)アレ? 確かココんちには(3+1)+1+1もの猫が同じ屋根の下にいるはずですが、キャリーケースはひぃ、ふぅ、みぃ、よぉ、いつ?むぅがありません。

はい、真ん中の二階に寄ってみましょう。
b0051172_16495730.jpg
奥にちゃっかり。

b0051172_1653449.jpg
ども。


宦官になったとは言え、まだまだベイビーなピーたんにとっては猫の柔肌が心地よいのであります。

さて、年に一度のワクチン接種のこの日。
ピーたんにとっては生まれてはじめてのワクチンで、しかも今年から仏蘭西共和国という国におかれましては全ての犬猫に刺青またはチップ挿入が義務となり、ピーたんはチップもぶちこまれてしまいました。
b0051172_16573551.jpg

そして、ココんちのユユしく重く大きな問題である体重測定は以下の通りとなりました。
数値は左から2010年→2011年→2012年です。
ぷろすぺえる   6.3--->7.6--->6.75Kg
いねす        5.0--->6.3--->4.65kg
れあ         4.7--->5.3--->4.7kg
ねすとおる     4.8--->5.0--->4.75kg
ちぐろ        5.0--->5.7--->4.35kg
ぴお
            (宦官手術時3.2--->3.35kg
見事、ドけちのま・ここっつぁんと一年一緒に過ごしたことでダイエットに成功いたしました。ほほほほ。
獣医さんがおっしゃるにはぷぅたんは大型猫の部類なのでこの体重でしかたがないけれど、ほぼ黒猫いねすは今までが太り過ぎであり、この体重が理想体重とのこと。2002年早春生まれのいねすさん、スレンダアな熟女に変身と言えますでしょうか?
そして、同じく黒猫のピーたんについても成育が止まったところでそんなに大きくならない猫、つまり4kg強の猫だそうです。

体重の増減で一喜一憂と申しましょうか。こうして体重が減ったことを知ると、年老いた猫たちとの共生がカウントダウンだということばかり頭を駆け巡り、とてつもなく寂しさを覚えたりもします。

猫が6匹ともなるとワクチン接種に一時間も費やしてしまいました。
行きは蜜月だったねっちんとピーたんなのに、お注射後はねっちんがピーたんとの同室を拒絶。帰りのピーたんは黒猫同盟で落ち着きました。
b0051172_17122125.jpg
いねすさん、かわいい。


le 26 mars 2012, Larissa
[PR]
by macocotte | 2012-03-26 17:14 | La solidalité 連帯ココんち | Comments(2)
Commented by kaocin at 2012-03-27 09:59 x
ええええええっっっ!? 体重計が壊れているのと違いますの!?
あ、失礼しました。ちょっと興奮してしまいました。
そういえば、もん・ここさんは可愛さのあまりあげちゃうんでしたね。
うちは療法食を計ってやっているしケロッピも多いのに増加。
なぜ?????

どなたか、猫とあたくしの食事&体重管理をして下さらないでしょうか(泣)
泣いている場合ではない。本気で痩せなくては! 決意を新たにした今日でした。
ってネット見ながらクッキー丸ごと食っちまったぜい。・・・
Commented by macocotte at 2012-03-28 00:48
☆ kaocin さま

私も体重計が壊れているのかと思いました。
写真の最後から二枚目、ねっちんが乗っている診察台が体重計も
兼ねているのです。
で、本文中に前々年の体重を書き加えてみました。
いねすの場合、2009年の体重が6.4kgなので、どうも太るのも
痩せるのも容易な身体なのでしょうか?
ねっちんとレアの体重を見ると、体重計は壊れていないのではないかと思われます。
いかがなもんでほ?

昨年は私が留守中に2か月分買っておいた猫ごはんをもん・ここが
一ヶ月未満で与え終え、買い足していたという「信じられない現実」を
私は目の当たりにしたのでした。

ところで、今朝、WiiFitさまが私の体重500g減量を発表。とてーも
うれしかったけれど、来週末に復活祭という大飽食イヴェントが控えており、
どうすっぺ?と悩みつつも、脳内はごちそうがグルグル周っております。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 久しぶりに脚光を浴びたボク こっつぁむい日ではありましたが、 >>