<< そして、ちょうど、まる一年。 そしてまた、邪な横柄王であらせ... >>
伊太利亜の猫たち gatti italiani
今年の4月の16日から22日までロオマからフィレンツェまでバスで北上する旅に出ました。
b0051172_3273688.jpg

街道筋は中世の名残を残す村々が点在しており、自動車の往来も難しい古い町並みのまま。

b0051172_3275555.jpg

たいていの町は山や丘の中腹に造られているので、坂道だらけ。

b0051172_3282979.jpg

車で抜けることが難しいので、ただただ坂道を登ったり下ったり。

b0051172_3285566.jpg

トラジメェノ湖 Lago Trasimeno に浮かぶ島にも行ったので、

b0051172_3291826.jpg

伊太利亜の湖の島猫たちにも会えました。

b0051172_3294774.jpg

この島も車が存在しない島で、猫にとっては楽園なのかもしれません。

b0051172_33048.jpg


アッシジの町外れで黒猫を見つけた時には、
b0051172_330285.jpg

ココんちでお留守番している猫たちのことを思い出しました。

b0051172_331454.jpg

伊太利亜語で一匹の猫はガァット gatto、複数の猫はガァッティ gatti と呼びます。

少し寒かったけれども、なかなかいい旅でした。
できればもう一度訪れたいです。


le 3 juin 2012, Kevin
[PR]
by macocotte | 2012-06-04 03:45 | 通りすがりのあの方この方 | Comments(2)
Commented by kaocin at 2012-06-07 17:39 x
若かりし頃、ローマからフィレンツェに向かうのに、列車を間違えピサにつき、確か斜塔の改修の前年で見たかったけれど、フィレンツェでホテルが取れないと困るので、泣く泣く出発したのでした。
列車を間違えたおかげで地中海ブルーを見ることはできました。
バスの旅も列車の旅ももう一度してみたいけど、腰がいうことをきかないかもしれないな~

猫が街並みに溶け込んでいますね。時間が止まったみたい。
Commented by macocotte at 2012-06-08 17:09
☆ kaocin さま

伊太利亜の鉄道の旅、うらめしや!
ピサやフィレンツェの旧市街、いつか訪問してみたいです。
フィレンツェの空港がとてもシャビーなんで少し驚いたのだった。

列車を間違えたことで地中海をご覧になれたのは「幸い」ですね。
地中海の色だけでなく穏やかさも最高だと思います。恋しいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< そして、ちょうど、まる一年。 そしてまた、邪な横柄王であらせ... >>