<< 邪な横柄王くろヴぃす、この夏の... ば ん か に ね っ し ょ >>
昨夕の電話
きのうの夕方、午後4時過ぎ、ココんちの電話が鳴りました。
電話に出ると、受話器の向うから女性の声で「おたくに犬がいますよね?」と。
b0051172_16442583.jpg

「はい」と答えると、その女性はご自分がその犬を動物愛護協会に連れて行った者だ、と名乗りました。こちとら、動物愛護協会の職員からクロヴィス(昔の名前はCookie)が元飼い主の腕を噛んだことで元飼い主が立腹し、Cookieを動物愛護協会に連れてきたと説明されていたので、一瞬驚きましたが、電話の向うのマダムの話には続きがあり、Cookieは自分の近所の女性(アジア系)が飼っていたけれど、Cookieは10平方メートルほどのスペースにいたまま、連日、元飼い主から暴力を振るわれており、見るに見かねて、Cookieを奪って動物愛護協会に渡したのだそうです。仏蘭西では私たちが今まで飼っていた犬猫を諦める場合、動物愛護協会に一定金額を納めねばなりませんが、その費用も元飼い主ではなく、この電話の声の主マダムが支払ったとのこと。

受話器の向うのマダムが「今、あの犬は幸せにしていますか?」と質問してきました。
「はい、犬の躾学校も修了し、今はウチの庭で元気にしていますよ」と返事すると、マダムから安堵の声で「ああ、よかった」と。
b0051172_16502381.jpg

実は7月末、ピオ小黒粒六の第二回ワクチン接種で獣医さんを訪問した時、事のついでにとクロヴィスを動物愛護協会から引き取って一年以上なると言うのに、今もってチップのIDが旧飼い主の名前と住所のままで悲しく思っていることを話しました。今は仏蘭西でも電脳社会がありますから、獣医さんがクロヴィスについて手元のこんぴーたで調べたら、確かに旧飼い主のままの登録。獣医さんが仲介に入り、私共が経費を支払うことで政府登録書類再申請を進めることになりました。その過程で、どうもクロヴィス(旧Cookie)を動物愛護協会に連れてきたマダムに話が行き、ココんちの電話番号がマダムに知られてしまったようなのです。

マダムは電話の最後に、新しい登録書類は2週間ほど後に届くでしょうから、と結んで電話を切りました。

電話を切られてしまったけれど、こちらとしてはどうにも腑に落ちない、納得行かない話を聞かされてしまいました。動物愛護協会の話が本当なのか、このマダムの証言が本当なのか、まったくつじつまが合わないではありませんか。すぐ動物愛護協会に電話をしたら、電話の主の住所を教えてくれました。クロヴィスの元飼い主と同じ通りに住んでいることがわかりました。が、その住所をインターネットで検索しても存在しない通りの名前なのです。番地まで入力すると地図に世帯主と電話番号が出てきたけれど、こんぴーたの画面に出た地図の位置に行っても、その通りは存在せず、近所のホテル、不動産屋、郵便局に質問してもわからず、更に車で生後すぐのクロヴィスがワクチンを受けた獣医さんを訪問したけれど、この住所については「知りません」という返事。

謎だし、こんなことをして疲労したのは私たちですが、ふと今のクロヴィスが以前の環境より穏やかだと感じて日々過ごしてくれるならばそれでいいのではないか、と思うようになりました。くろヴぃすには申し訳ないけれど、何も特別なことも贅沢なこともクロヴィスに与えられないけれど、幸でも不幸でもなく、ココんちでの日々が平穏であれば・・・と、私が努力せねばなりませんね、はい。

とまあ、不思議なことがあった昨夕でした、まる


それにしても、くろヴぃすは「アジア女」に縁ある犬なのでしょうかねぇ・・・・

b0051172_4123553.gif
le 23 août 2012, Rose
[PR]
by macocotte | 2012-08-23 16:58 | クロヴィスさまのお通りだいっ! | Comments(2)
Commented by kaocin at 2012-08-25 21:07 x
そっか~・・・
マイクロチップ、そういうことがあるんですね。
でもデジタルなんだからさっとやってくれればいいんですけどね。
日本ではいまいち普及していないので気がつきませんでした。

いろいろあったと思いますが、事情は事情として、
くろヴぃすくんが今そこにいるという厳然たる事実。
最初の頃の写真より、ほんとうにかわいいワンちゃんですね。
猫と犬とでは、見える世界も違うでしょう。
犬の目線もお持ちのま・ここっとさんがちょっとだけうらやましいです。
Commented by macocotte at 2012-08-26 17:40
☆ kaocin さま

仏蘭西の場合、マイクロチップが今年一月から義務となり、獣医さんで挿入していただくと、同時に書類を政府に送り、政府から飼い主に登録書類(犬猫の種だけでなく目の色、毛の色まで記載されており、住所変更届、死亡届もついています)が届いて「完了」になります。
くろヴぃすを引き取った時、パスポオトも譲られたけれど、飼い主変更に必要な「ピンク色の紙」が見つからないまま、なんと!動物愛護協会が義務放棄したのです。ひどいでしょう?私共に落ち度がないのに、なぜか経費を支払ったところで再審査が開始したようなのです。で、今回の謎の電話。きょうび日本では考えられない「見知らぬヒトからの電話」ですよね。(ため息

電話がきっかけでくろヴぃすの過去が気になってしまいました。
健康手帖を見直すと、くろヴぃすが2.7kgで健診を受けたなど記載が
あるので、ああ、子犬のくろヴぃすを見てみたかったなあ・・・なんて
わがままを欲してしまったり。いけませんね、私は。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 邪な横柄王くろヴぃす、この夏の... ば ん か に ね っ し ょ >>