<< 熟睡 この頃の、あいかわらずの、 >>
あれから、篭りっきりの「ヲタク猫」
アレ から一年と二日が過ぎました。
b0051172_179462.jpg
セクシィポオズで、おはようさま。


一年と二日前の11月26日にココんちの敷居をまたいでから、一度もココんちから出ない小黒猫です。
あの日の朝、ココんちの窓を一生懸命引っかいて「ボクはここにいます」をアピールし続けたピオ小黒粒六くんだったので、どこぞ遠くからひとりでよちよちとココんちまで歩いて来たでしょうにね。一度ココんちに入ったらまったく外に興味を示しません。なんなんでしょうね、この子は。

b0051172_17121548.jpg

粒ぴーたんの特長はいつもお目目を真っ黒にしていることです。もしかして視力障害でもあるのかしら?と時折心配もしますが、この一年、おもらぴっこ、ゲロッパの粗相は皆無と人間に迷惑かけることもなく、猫生活に支障なし。
いい猫です。
と断言したいところですが、そのかわりにやんちゃ坊主この上なく、今年の夏の終わりからなぜかこんぴーた部屋のコルクボードの画鋲を一生懸命取っては自分が取れなくなるまで床で転がすという遊びに執着しています。ま・ここっつぁんが思い切り画鋲を踏んだこと既に三回。ええ、それでもわたくしが悪いンです、はい。

粒ぴーたんの第一の遊び相手はちぐろくんで、朝な夕な深夜であろうととっくみあいのレスリングに励んでいます。どうもちぐろくんが粒ぴーたんに特別な愛情を持っていると思われ、これについては知らないふりしている私です。

あれから一年が過ぎ、体格も大きくなったけれど、それでも他の猫たちに比べると頭も身体もひとまわり小さいです。小さいからなのか、今もって成長期だからなのか、食い意地が異常で、子猫食を止めてみんなと同じご飯にしてからも若さで他猫のごはんを奪い、そのうちに他猫が痩せてしまったので、毎朝のご飯について粒ピオのみ他の猫の食事が終わった後、邪横柄王くろヴぃすのご飯より先に食べるという形で過ごしています。

できれば、これについては一日も早く円満解消、解決したいのでありますが・・・

b0051172_17233254.jpg


ついでに、一昨日から、私とこんぴーたのキーボードの間をたちはだかって、わざと滑りながらジャンプするという遊びに凝り始めてしまった粒ピオです。この記事を書いている最中も彼は実行し、滑りジャンプ時に後ろ足で私の右手の甲を傷つけやがりました。なんとかしてくれ。

b0051172_16571415.gif
le 28 novembre 2012, Catherine Labouré




私の手の甲を後ろ足でひっかいた直後の粒ぴーたんw
b0051172_17471583.jpg

ほんと、真っ黒なので、どこから手で、どこに目があるのかよく見ないとわかりません。

b0051172_17475290.jpg

[PR]
by macocotte | 2012-11-28 17:28 | ピヲは粒六、まっ黒ぴーたん | Comments(4)
Commented by きこり at 2012-11-29 21:05 x
こんばんわ~
あれから1年ですか。あっと言う間でしたなぁ・・・
つい、この前のことのようなのに。
外に慣れていると、外に出たがるって思いこんでいましたが
違うんですね。
やっと粒ぴーたんが見つけた居心地のいい場所、
そりゃ、外に興味はわかないかも(* ̄m ̄)
がびょう、うちのすずもはずす遊びをよくしています。
食べちゃわないか心配になるけど、今のところ私もすずも無事ですよ~
Commented by macocotte at 2012-12-01 22:52
☆ きこりさま、

ちぐろがココんちに通うようになってまもなくは、玄関のドアをあけるだけで
すばしっこく外に飛び出ていましたが、今はちぐろも外に興味を示しません。
今年の夏、一度だけ家出したけれど、ぐるっと家の周辺を周って玄関前に
ちょこんといました。
粒は一度ココんちに入ったきり、外に興味がなく、家の中でいたずらを
探しています。あきると新しいいたずら。今月はどうやらクリスマスの
飾りでいたずらしたいようで、さっきから赤い実をくわえて家中、ちょこまか
しています。
画鋲遊びも未だにあきないらしく、私が黙って画鋲を元の位置に戻すと
すかさず外します。なんて勘が良いのだろう?
Commented by kaocin at 2012-12-03 22:16 x
先日来、母の具合が悪く、しばし実家に通いましたが、
弟が野良猫にエサをやっているということで、わたくしもいそいそと苗のお余りのカリカリを持っていきました。
すると・・・。
赤白とミケで分け合って食べる、赤白が兄弟と思しき猫を食べながら呼ぶ・・・
猫の連携といいますか、助け合いには思わずぐっとくるものがありました。
急に寒くなった東京、暖かいところはわかっていて、家に入ろうと何度もしていましたよ。
粒くんもちぐろくんも、よーくわかっているのでしょうね。

12年室内猫の苗も外に興味はありますが、恐怖が勝つみたいで、決して遠くには行きません。おかげでベランダから落ちずに済みました。2階だから本当はあぶなかった。・・・
Commented by macocotte at 2012-12-14 03:11
☆ kaocinさま
レアたんはかつて5階(もし日本だったら6階くらいの高さ)のベランダから
地上まで落ちたことがありました。2002年の秋でした、確か。
しばらく上手に歩けなくなりましたが、いつのまにか治りました。
でも、怖かったのでしょうね。そのことがあってから、レアたんは
決してベランダの手すりに上らなくなりました。

粒は11月の終わり、ちぐろは12月の終わりからココんちと
関わり始めましたね。もしかして、ひもぢかったのかな・・・

kaocinさん。
お母さま、お大事くださいませね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 熟睡 この頃の、あいかわらずの、 >>