<< ココんちのほぼ黒猫は「ハゲたり... 来たな、たんぽぽ軍団! >>
首輪の交換の時機
b0051172_2222542.jpg

ピヲ小黒粒六の首輪を交換いたしました。
画面の向うのOperaさま、ありがとでござんす。
実は交換前までぴーたんが身につけていた首輪とまったく同じ首輪なのです。初代はぴーたんが子猫サイズなのにつけてしまったことで、ぴーたんが首輪を噛んでしまい、よれよれのビーフヂャーキーのようになってしまいました。

交換するきっかけになったのは、数日前、ねっちんが人間の寝具の裏でゲボりまして、お掃除をしたら、なにやら宝物を発見したようになくしたものがいろいろ出てきたのです。その中のひとつがアルミでできたおメダイ。まさか、こんなところに隠していたとゎ。猫の宝物殿は奥の院でござるですよ。
そんなことがきっかけとなり、ぴーたんも推定一歳半ぐらいとなり、ほぼ黒猫のいねすより大きな体格に見えます。初代の首輪もよれたところを結んで使用していたけれど、結び目も弱り始めたので、こりは丁度良いタイミング。早速、ペンチを持ち出して、新しい首輪に見つけたおメダイをつけ、ぴーたんの首に巻いてみました。

b0051172_22314955.jpg


なんと、ぢゃすと・ふぃっと。
私の指二本が入るくらいの余裕を作り、穴二個目。
これならば首輪をしゃぶったり、かんだりすることもないでしょう(と、希望します)。

以上、毎日一生懸命生きているピヲ小黒粒六くんの近況でした。


b0051172_16571415.gif
le 17 avril 2013, Anicet
[PR]
by macocotte | 2013-04-17 22:34 | ピヲは粒六、まっ黒ぴーたん | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ココんちのほぼ黒猫は「ハゲたり... 来たな、たんぽぽ軍団! >>