<< 近所の男子 あけおめのよろ。 >>
新年明けまして、くろねこ
b0051172_1649110.jpg

ほぼ黒猫のいねすさんと、黒玉之丞ことピヲ小黒粒六という名の真っ黒猫でございます。
毎朝、朝食をいただいた後、お二方は必ずココで一服なさいます。いねすさんは円筒型のぼってりクッションの上、粒ピヲはソファの背もたれの縁に乗り、ぼけ~~~~とね。

先日ココでお話しましたとおり、黒猫のお二方におかれましては革の首輪をつけますと、まるでヒトがイカのくんせいやらビーフジャーキーを食べる様子とそっくりにかじってしまう癖がございます。ですので、写真のとおり、手前のいねすさんには赤、奥の小黒粒六さんにはいねすのお古のベージュの布製首輪をつけています。このお二方だけ首輪にちっこい鈴がくっついたまま。ちょっこしうるさいです(愛らしい音ですけれどね)



デヂ一を手にしたところで「取って出し」のま・ここっつぁん。
きょうの朝もこんな一枚が偶然出てきました。
b0051172_16543347.jpg

珍しくいねすにピントがあっているし、ほぼ黒猫いねすの顔が認識できる写真。
2002年春生まれのいねすさん。
最も太っていた頃より半分近く体重が減り、小柄の黒婆っつぁま猫となりました。ココんところ、食事を前にしてのがっつき意欲は変らずとも、いざ食事となると食が細くなっているのでそこはかとなく心配であります。

それにしても、こうしてあらためて写真をながめつつ、まさか自分の人生において黒猫多頭飼いを経験するとは・・・と感慨。自分でコントロールできる運命をコントロールするチカラがこの世にはあるのだと思います。



b0051172_16571415.gifb0051172_16571415.gif
le 9 janvier 2014, Alice

[PR]
by macocotte | 2014-01-09 16:58 | ココんち、黒猫族! | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 近所の男子 あけおめのよろ。 >>