<< いねすが旅立ちました。 Inè... 昨日から一夜明け、 >>
ファアスト、セカンド、サアド
野球のポジションではなく、いねすさんのためのオピニオン収集で昨日、地元で猫治療に強そうな獣医さん2軒、訪ねました。
一軒目の獣医さんは事前に見たホームページに安楽死についてかなり強く肯定していたので覚悟していましたが、いねすを見るなり安楽死を勧めてきました。それだけ。私共が安楽死に応じないなら「すぐココから出てください」と強くおっしゃったので、おっしゃるとおり、すぐに飛び出て来ました。
b0051172_22175492.jpg
↑ すぐに飛び出てしまった獣医さんち ↑

構えはステキな獣医さんちでありましたが、ご夫妻で運営の獣医さん。熊のように大きなご夫君がいねすの口腔内を見るなり「癌だ!」とおっしゃるので、私が「腫瘍と聞いていますが」と言えば、「癌も腫瘍も同じだ」「残りの命はもって3週間」と立て続けにおっしゃり、続けて「安楽死を今選ばないならすぐココから出てください」と大きな声で。ちょっと怖かったです。

その足でもう一軒の獣医さんを訪問しました。
単にその獣医さんでは豊富な種類の犬猫ごはんを販売していることを知っていたので、先の日曜からムースも気まぐれに舐める程度になってしまったいねすにスープまたはヂュレがあればと訪ねたのです。結果は無し。ああ、ココはお仏蘭西。日本のような充実な品揃えではありませんでした。ヒルズの病気犬猫用のムース缶詰とピペットを飼い、翌朝(きょうの朝になります)の受診予約を入れて帰宅しました。その時、受付の助手さんからいねすには常温の水で溶かしたムースをピペットで与えるよう教えていただきましたが、帰宅していねすの目の前で缶を開けたところ、いねすが積極的にごはんを舐め始めたので、私はヴぃっくり。ココ数日、いつもの器にムースを入れても無視し続けていたいねすが前足を立てた座り方で器に向かってがっつがつと食べ始めました。小さな奇跡のように思えました。156gのうち三分の一弱、いねすが食べてくれたように思います。

そんなことも案の定、つかの間の喜びで、翌朝(つまり、きょうの朝)のいねすはいつもどおり拒否しながら、気まぐれにスプーンに乗った少量のムースを舐めるだけになりました。

そんなこんなで今日の朝、9時45分。ザ・サアド・オピニオン訪問です。
b0051172_223165.jpg

昨日、遅らばせながらセカンドオピニオンなるものを考えてココんちあたりで猫に強い獣医さんを探した時に見つけた病院でもあります。担当は若い女医さんで、流石に昨日の熊のような先生とは異なり、安楽死を強く勧めては来ませんでした。右下顎の腫瘍と、それによる転移についての見解はむなしくも同じでしたが、ご飯の指導に加え、吐き気を抑えるシロップ薬と抗生物質の錠剤を処方してくださいました。同時に体重については2.96kg(先の水曜日より60g増)、体温は37.4℃(水曜日は40℃)とわかりました。

帰宅後、いねすとの時間をどう過ごそうかと考え、いねすの寝床のそばに私の仮眠場所をつくりました。同時にいねすの寝床とトイレ、水飲み場の配置を換えました。
b0051172_22383361.jpg

いねすの寝床はスーパーのベイビーコーナーで見つけたおしめ換えマットレスに(成人用の)介護シーツを乗せたもので、壁側にトイレ(ベッドとトイレの間にも漏らしても大丈夫なように介護シーツ)、正反対側に水飲み場を置いてみました。

ところが、です。
私の仮眠場所をつくって数分後、いねすは私の仮眠場所のど真ん中に移動。
b0051172_224293.jpg

その後、ずっとそこで眠っています。私の仮眠場所は・・・赤ん坊のおしめ換えマットぢゃ、私には小さすぎます。
困りました・・・・

いねす、どうにかではありますが、私に向かって「わたしは、生きる」とアピールしてくれているようにも思えます。
私が傲慢に陥らないよう、祈らねば。


b0051172_16571415.gif
le 12 juillet 2014, Jason
[PR]
by macocotte | 2014-07-12 22:42 | いねすネネネネねねねのね | Comments(4)
Commented by YTR3320 at 2014-07-13 18:40 x
いねすさん、生きてね。
Commented by macocotte at 2014-07-13 21:16
☆ YTR3320 さま、

コメント、ありがとうございます。
いねす、朝ごはんを食べることができました。
いねすなりにがんばっていると思います。
Commented by ペネロペ at 2014-07-14 05:44 x
まココットさん お久しぶりでございます。。。。

引っ越ししまして一年、あれれと時間が経ってました。
久しぶりにお邪魔しましたらいねたんの闘病(T。T)
いねたんの「生きたい」と言う力を信じてます。
とても辛いです。でもいねたんとの時間を大切に
過ごして下さいね。まココットさんもお体に気を付けて下さいね。
私もお祈りします。。
大好きないねたん頑張れ!!!!!!
Commented by macocotte at 2014-07-14 15:50
☆ ペネロペさま、おひさしぶりです。
お祈りに感謝です。

お引越しなさったの?

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< いねすが旅立ちました。 Inè... 昨日から一夜明け、 >>