<< 2002年からずっと そして、くろヴぃすと一緒に四年 >>
ワクチン、ぷっちゅんぬ
アレ から363日。
今年の6月はくろヴぃすとピヲの2君と獣医さんちに行って来ました。今年3月の4猫のワクチン をお願いした獣医さんに今回もお願いしました。

が、真っ黒猫ピヲは、ほぼ黒猫いねすと同じく、外出が大嫌いで、お出かけの数時間前からこんぴーた部屋にキャリーバッグを置いても、その中に自らはいるのはピヲではなくレアたんです。ピヲを捕まえてバッグに入れるまでにこちらはすっかり疲れてしまいました。

獣医さんちに向かう車の中でもピヲはいつもと違う声で鳴き続け、これもこちらが情けなくなってしまいます。
そんなピヲさん。獣医さんの待合室でもこの状態。少し離れたところにブルドッグさんがいたこともあり、お目目がギンギラギンです。
b0051172_01746.jpg

そして、診察室でも、爪を思い切りだして、猫なりの抵抗。

b0051172_0183825.jpg




ぴーたんの緊張がくろヴぃすにも届いたのか、こんにちのくろヴぃすはちょいとナーヴァスでありました。
b0051172_0262586.jpg

お注射の瞬間だけしおらしいくろヴぃすでしたが、床に足が着くなり、全力で診察室から出たがるので大変でした。私よりくろヴぃすの方が力ありますからね。しばらく肩こりや腕の筋肉痛で悩まされることでしょう。


さてさて、ココのお二人、いえ、一犬一猫さん。
昨年の体重 と比べますと、こんにちのくろヴぃすは首輪含めて18.2kgですので、昨年の16.8kgより1.4kg増。今後、肥満を意識しながらご飯を出すようにします。そして、こんにちのピヲは4.1kgですので、昨年のぴたり4kgから100g増です。4歳で4.1kgは安定でしょうか?


お注射と健康診断を終え、受付でノミ防止薬と虫下し薬をココんちの全犬猫のために出していただきました。
b0051172_0283576.jpg

犬も猫も先ずはノミ防止薬を与え、少なくとも3日後に虫下し薬を与えるのだそうです。

今年もなんとか無事にココんちの犬猫たちのお注射が済んで、ほっとしました。


le 9 juin 2015, Ephrem

[PR]
by macocotte | 2015-06-09 00:40 | La solidalité 連帯ココんち | Comments(2)
Commented by きこり at 2015-06-11 21:03 x
ま・ここっとさん、お疲れ様でした。
動物病院へ向かう車内の鳴き声には、も~心が折れますよね。
すぐに終わるからね~なんてなだめながら・・(笑
帰りは穏やかになっているんだけど。
Commented by macocotte at 2015-06-19 23:14
☆ きこりさま、

そうです!「心が折れる」という表現がぴったりですね。
この頃、昨年のいねすの最後の一か月を思い出しては
しんみりしていますが、いねすも獣医さんの行きと帰りでは
別猫のようでした。「家猫の鑑」であることはうれしいけれど、
ほんと疲れますね。情けなくなっちゃう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 2002年からずっと そして、くろヴぃすと一緒に四年 >>