<< 一周忌 2002年からずっと >>
早すぎるもので、
今年も無事、ちびちぼちぐろくんは推定誕生日を迎えることができました。
b0051172_3204987.jpg
なんと、7歳になりました。

夏至の日を境に「本物の夏」を迎えたココんちあたり。
ちぐろくんはなぜかくろヴぃすの寝床でこうしてくつろぐようになりました。
ココんちに住み込むまで大きな犬と暮らしていたからでしょうか。
時折、犬のニオイや犬のごはんに惹かれてしまうようです。

この一年、ちぐろくんはいっそう甘えん坊になりました。
毎晩、もんこことまここっつぁんの間でお腹丸出しの仰向けで眠り、
毎朝、まここっつぁんの頭のそばで丸まり、
まここっつぁんが目を覚ますと、「ボクをなでて」と先ずおねだりし、
まここっつぁんが起きるまで必ずピヲと相撲を何度もとります。必ずちぐろくんが勝ちます。
そして、まここっつぁんが起き上がると、ちぐろはまここっつぁんのそばをうろうろしながらごろーん、ごろーんと右に左に転がります。かわいいであります。

ただ、かわいいちぐろくんには苦手なこと、奇怪な行動がひとつ。
それはごはんの食べ方です。
器に入ったごはんが出されたら、集中して食べればよろしいのに、
ちぐろくんは食事の途中で気が散ってしまい、ヨソのごはんが気になってしまうようです。それが原因で食べそびれることがしばしば。
加えて、しばらく前から高齢のぷぅたんとレアたんがごはんをこんぴーた部屋でいただくようになり、
ま・ここっつぁんが最初にねっちん、ちぐろ、ピヲにごはんを出した後、ぷぅたんとレアたんをリビングからこんぴーた部屋にいざないますが、必ずちぐろが自分のごはんを途中でほっぽらかして、ぷぅたんとレアたんの移動を邪魔します。ぴょんぴょんとうさぎのように走り飛んできて、突然Uターンして自分のごはん陣地に戻る。

いったいなんなのでしょうね?

毎朝、ちぐろくんのこの行動に笑いながら首を傾げているわたくしです。

それにしても、ちぐろくんが7歳になってしまいました。
時の流れが本当に早くなりました。
こんにちからあらためてちぐろくんにとってよい毎日になりますように。


b0051172_18545789.gif
le 29 juin 2015, Paul
[PR]
by macocotte | 2015-06-29 03:42 | ちびチボちぐろ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 一周忌 2002年からずっと >>