<< ぷぅたん、たふたふ鰥夫(やもお... ねっちんの朝飯前 >>
レアは満腹になってすぐ、旅に出た。
27日の午後一時頃、レアたんが突然、猫生最期の一人旅に出ました。

まここっつぁんが外食のため一時間ほど家を離れた間に、レアは黙って旅立ってしまいました。
まここっつぁんが帰宅すると、レアは猫トイレの中に倒れていました。すぐ獣医さんに電話し、救急扱いで診て頂きましたが死亡を言い渡されてしまいました。
b0051172_22322542.jpg


何かキツネにつままれたような思いです。
というのも、先週土曜日の退院以降、レアはこんぴーた部屋でひとりで就寝していますが、今朝は午前4時頃から元気に鳴き、私が午前6時にこんぴーた部屋の扉を開けると、レアは70cmほどの高さがある木製フェンスを飛び越えて、扉の手前にいました。私がレアをフェンスの中に戻し、台所で朝ごはんの準備をして再びこんぴーた部屋に行くと、レアはまたもフェンスを飛び越えていました。昨日から視線も合い、視力も回復していましたし、食欲も旺盛。きょうはお昼直前にレアに缶詰ムースを出したら、すぐにそれにかぶりついていたので安心して外出したのですが、それが元気なレアを見た最後になってしまいました。

昨日の夕方は大好きなクッションで気持ちよさそうにうたたねしていたレアです ↓ 。
b0051172_2241691.jpg

レアの独特のイチゴ色の肉球を久しぶりに眺め、「ぼかあ、しあわせだなあ」と久しぶりにレアの肉球が見える写真を撮りました。しあわせそうな寝顔の写真も。
b0051172_22425569.jpg

まさか、翌日のお昼過ぎに突然旅に出るなんて、レアは知っていたのでしょうか?

レアはたった8日の闘病生活でした。
きょうの朝はレアの介護用品を買ったばかりです。最期に計った体重も4.4kgありました。
そして、今朝はレアと一緒にご飯を食べたぷろすぺえるが午後3時にひとりぽっちでご飯を食べました。

ココんちにレアがいない。
いねすとレアがいない今、私はココんちで唯一の婦女子になってしまいました。

まだ信じられません。


b0051172_1653274.gif
le 27 mai 2016, Augustin de Cantorbéry
[PR]
by macocotte | 2016-05-27 22:57 | レアたんレアレアれれれのれ | Comments(6)
Commented by al_lamia at 2016-05-28 17:42
なんと、お悔やみを申し上げてよいか、言葉がありません。
私も5月22日に最愛の末っ子のルネッチを 送り出したばかりなので・・・
ただ、ルネッチはレアたんと は違って 6年間前から 片方の腎臓は完全に機能してない
そんな腎臓病でしたので・・・・・ いずれと 心の準備は出来てました

11年前に送った アルは本当に突然死に近いものでした
まだ5歳の元気盛りで、夜の8時頃に猫部屋(私の寝室)で可愛がった時は元気で
11時頃に行った時は変な声で鳴き、下半身が麻痺してました
深夜に近い状態で、かかりつけの病院は 当時 一時閉鎖して・・・・
夜間診療してくださる 病院を電話で探し、救急で診ていただき入院しましたが
明け方には・・・・・ でした。 血栓が飛んで、それが原因でした
この時のショックと 後悔は 今でも残ってます
なので、まここっつぁん様のお気持ち  少しは想像できます

お慰めの言葉もありませんが、 レアたんのご冥福を心からお祈りします。
Commented by macocotte at 2016-05-28 23:26
☆ al_lamiaさま、ありがとうございます。
私の方こそルネッチさんのご冥福をお祈りします。

レアは亡くなるまでの最期の二日間、数度発作を起こし、その瞬間の独特な声には本当に驚かされ、
何もできない私自身に悲しくもなり、腹立たしくもなりました。もしかしたら最期にも大きな独特の
声を出したでしょう。そばにいなかったことが悔やまれます。

先ほど、レアを見送ってから24時間が過ぎ、午前中まではあれやこれやと後悔ばかりしていましたが、
今は少しずつレアとのほぼ14年の毎日がどれほど楽しく、幸せだったか、レアに私はどれだけ
しあわせにしてもらったのかと感謝の気持がどんどんあふれ出てきています。不思議ですね。

レアの場合、最初の発作から8日目の他界だったので突然死とまでは呼べないのかもしれませんが、
それでも亡くなる直前までご飯をお腹いっぱい食べたことは明らかでしたのでレアも予想つかない
急変だったのだと想像しています。おととし他界したいねすとレアではまったく異なる病状でしたので、
本当にレアは短い期間でありましたがいろいろ学ぶことができました。
なんだか、レアが他界したことでココんちで私だけが婦女子になってしまい、寂しいです。
Commented by YTR3320 at 2016-05-29 20:17 x
何年も前からブログを拝見しています。
レアさんが亡くなった?えっ?と思いました。心からお悔やみ申し上げます。
寝顔の写真からは幸せが伝わってきます。幸せな生涯だったのではないでしょうか。

生きている皆さんの今とこれからの幸せをお祈りします。
Commented by macocotte at 2016-05-29 20:27
☆ YTR3320さま、ありがとうございます。
レアが旅立って2日が過ぎたところです。
レアとの14年近くの日々で、レアは私たちを幸せに、笑顔にしてくれ、レアには感謝の言葉しか
見つかりません。でも、レアがしあわせだったのかしら?最後の介護で私に不足があり、レアに
つらい思いをさせたのでは、と不安になる気持も私の心からあふれ始めてもいます。
こうしてYTRさんからレアがしあわせな生涯だったでしょうと言葉をいただき、私の目から涙が
出てしまいました。

本当に今、ココんちで生きているものがしあわせに生きねばなりませんね。がむばります。
Commented by すず at 2016-05-30 23:55 x
レアたん、こんなに急に旅立ってしまったんですね…
心の準備が出来ていないお別れはすごくつらいですね。
レアたんもマココットさんと同じ気持ちだと思います。ほぼ14年毎日楽しく幸せだったと思います。
ぷぅたん、いっぱい抱っこしてあげてください。
Commented by macocotte at 2016-05-31 01:18
☆ すずさま、

本当に、突然のレアの他界から3日が過ぎましたが、まだどこかキツネにつままれたような気持のままです。
でも、現実に向き合っています。かわいいレアがいないココんちは火が消えたようです。寂しいです。
ぷぅたんにはこの3日間、私は神経質になってしまっているかもしれません。
もうしばらくぷぅと暮らしたいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ぷぅたん、たふたふ鰥夫(やもお... ねっちんの朝飯前 >>