「ほっ」と。キャンペーン
 
<< 今度は、ねっちん ついうっかり、忘れるところでした。 >>
今日で、ひと月
レアたんが他界してから今日で一か月となりました。
私にとって偶然ですが、今日の朝、こんぴいたに火を入れ、フェイスブックを開いたら、5年前の今日、私がエントリーした写真が思い出として届いていました。

それがこの写真です。
b0051172_14191985.jpg

驚きました。
なんて「レアの他界ひと月」にふさわしい一枚でしょう。

このフェイスブックからの知らせをきっかけに、5年前のきょうの日付の写真を探したら、こんなレアたんが画面に現れました。
b0051172_14213838.jpg

b0051172_14215434.jpg

b0051172_1422116.jpg

今年は悪天候続きで、今もってこのような日差しを拝めないままですが、5年前の今頃は夕方になるとこんな日差しが西の窓から入っていたのですね。今はもうレアはココんちにいませんが、この一連の写真を眺めていると、5年前のレアが天国からの階段に向き合い、少しずつ温かい陽光に馴染んでいるように思えてきます。だから、今のレアはこの天国への階段を昇り終え、レアの魂はすっかり温かい陽光に包み守られているのでしょう。そう信じたいです。

兎にも角にも、レアの他界からひと月しか経っておらず、私はまだレアたんが恋しくてなりません。ココんちに残された4男子猫が総力を結集してレアの真似やら代わりをしてくれているように思えますが、男子は男子だからなあ。レアたんの女の子らしい愛らしさに今ひとつ追いつけてないように思います。でも、4男子猫の一生懸命さと優しさに心の奥底から感謝しています。

それにしても、レアたんとの突然の別れはつらい。つらいです。



b0051172_1653274.gif
le 27 juin 2016, Cyrille
[PR]
by macocotte | 2016-06-27 14:29 | レアたんレアレアれれれのれ | Comments(4)
Commented by al_lamia at 2016-06-27 17:34
絵画のような写真ですね
本当に お気持ち、察します。
私も同様・・・・ です
Commented by macocotte at 2016-06-28 02:50
☆ al_lamia さま、

お互い、大切な友を送り出したことで心に穴が開いたままなのかもしれませんね。
私はなんだかネジが切れたような感じかも・・・。
(と、ただ今、私の左腕にぴっとりとピヲがくっついてくれているのですが)
Commented by きこり at 2016-06-29 10:22 x
本当に・・・偶然ではないようですよね。
陽の光に包まれて心地よさそうに過ごしているレアたん・・・
なんて幸せそうなんでしょう・・・
そのほっこりした横顔に、満足気な背中に癒されます。
天国でもこんなふうに過ごしているって
レアたんからの便りのようですよ・・・
Commented by macocotte at 2016-06-29 13:53
☆ きこりさま

なんだかこの写真を偶然再見してからせつない気持ちでいっぱいになってしまっています。
いねすが他界した時、これからは婦女子のレアと私でココんちでがんばろうと私自身を慰めていたのかもしれません。だから、こうしてレアがいなくなって、私ひとり婦女子がぽつーんと残されたかのような感覚をまだ引き摺っているように思えて来ました。
レアの最期の8日間があまりにドラマチックで、突然幕引きされたことも未だ納得していない感じです。だったら、いねすのように数か月、介護しての別れの方がどれほど良いかと思えるようになりました。

今はいねすとレアが肉体の痛みや不自由さから離れて一緒にいるのだと思うと少しは気持が楽になります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 今度は、ねっちん ついうっかり、忘れるところでした。 >>