<< ぷろすぺえると15年。 ココんちの斜め前のおうちのクロ... >>
優美なキャットタワアは夢のまた夢
きょうの午前の終わり、近所の園芸店で新しいキャットタワーを買ってきました。
左手前の一本柱がそれです。
b0051172_1936954.jpg

ずどーんと一本柱です。
左奥はレアが大好きだった爪とぎタワーの一部で、彼女は爪とぎではなくお休み処で楽しんでいました。
そして、新しい一本柱のすぐ右隣はきょうで引退のリビング爪とぎです。夏のはじめまで上に一枚板が乗っていたけれど、猫たちは柱で爪とぎを楽しむので、ある日突然ぐにゃりと柱が折れてしまい、今ではこの姿です。もっとも右の爪とぎはよぼよぼですが、こんぴーた部屋で余生を送っており、なぜか毎朝、ピヲが必ずこのよぼよぼにしがみついて爪を研ぎます。なかなかかわいらしくもある。
b0051172_19422449.jpg


さて、こうして新しい爪とぎを買ったので、新しい一本柱をリビングに置き、引退&よぼよぼはこんぴーた部屋に異動し、使命を続けることとなりました。
b0051172_19414836.jpg

こんぴーた部屋に持ち運んだと同時にぷぅとちぐろくんが検査を始めました。
場所を換えるだけで猫にとっては「新規」なのでしょうか?
ちぐろくんなんぞ、今まで一度も入ったことがなかった箱の中までひやかしていました。

本音は、天井まで届くキャットタワーをいつか・・・ですけれど、現実においてはこの手の爪とぎ柱は使っているうちに麻ひもがほどけ、更にはダンボールの柱がぐにゃりと折れる運命ですので、ココんちのような多頭飼いに添乗までのキャットタワーは向きません。普通のキャットタワーでさえ、消耗品と割り切らないとキツかったりしますね。何度か泣いたことで、ココんちにとってキャットタワーは一本柱タイプがザ・ベストと判断しました。

新しい一本柱も一年後にはぐにゃりと折れること間違いありませんが、ココんちの猫たちが毎日楽しんでくれたら、それでハッピーざます。


le 9 septembre 2016, Dorothée
[PR]
by macocotte | 2016-09-09 19:49 | Voila!ニャンぢゃこりゃ? | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ぷろすぺえると15年。 ココんちの斜め前のおうちのクロ... >>