<< まあ、めずらしいこと。 優美なキャットタワアは夢のまた夢 >>
ぷろすぺえると15年。
今日2016年9月10日。
2001年9月10日午後5時にエクサンプロヴァンスはずれの動物愛護協会で銀灰色の子猫を引き取ってから丸15年を迎えました。その子猫だったぷろすぺえると一緒に15周年を迎えることができましたこと、本当に心の奥底からうれしく、しあわせに思っています。

今朝のぷろすぺえるです。
b0051172_2273059.jpg

いつもどおりゼリーよせを乗せたカリカリが朝ごはん。
きれいにいただきました。


朝食後しばらくして東の窓からここちよく日差しが入る場所でお休憩。
b0051172_2293592.jpg




午後3時にいつものご飯に大好物のカニカマスライスをお祝い膳としてみんなたちと一緒にいただきました。そして、また、休憩。
b0051172_22115994.jpg


繰り返してしまいますが、本当に今日をぷぅたんと一緒に迎えることができ、しあわせです。
おじいちゃんぷぅではありますが、4男子猫のうち、もっとも少年っぽい性格は最も高齢であるぷろすぺえるのように思えます。声も元気、足腰もしっかりしています。

ぷぅがいくら年齢を重ねても、年齢を超越した存在のような気がしてなりません。
元気でいてね、ぷろすぺえる。



b0051172_175095.gif
le 10 setembre 2016, Inès
[PR]
by macocotte | 2016-09-10 22:20 | ぷぅたんプロプロぷぷろぷぅ | Comments(2)
Commented by kaocin at 2016-09-18 20:25 x
ぷぅたん、おめでとう!
初夏の庭に佇むぷぅたんにやられてしまってから
何年になったでしょうか。
うちの苗は16才。
人間と同じで、猫も加齢は否めません。
でも、まだまだ元気でいてくださいね。
ぷぅたん、大好き!
いやしかし、人間の女子には更年期というものが…(泣)
Commented by macocotte at 2016-09-21 16:42
☆ kaocin さま、ありがとうございます!
苗ちゃん、16歳になりましたか。
お互い、愛猫の長寿を祈らねばなりませんね。
本当に最近はぷぅの言動に振り回されてばかりいます。
神経質になってはいけないのでしょうけれど、猫は何事も我慢して手遅れになることが
多いと見聞しているので仕方ないのかもしれませんが。

私たちの更年期症状もそれぞれなので、お互い大切に生きてまいりましょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< まあ、めずらしいこと。 優美なキャットタワアは夢のまた夢 >>