<< シルエット・クイズ この夏,ココんちの大ヒット! >>
天は「猫ヴぁか。」の味方らしい。
こうしていると「ぼかーしあわせ」なんだそうだ。
b0051172_4452821.jpg


こうしていても「ぼかーしあわせ」なんだそうだ。
b0051172_4492361.jpg


で,こんなんなっちゃっても「ぼかーしあわせ」なんだそうだ。
b0051172_4285892.jpg


今から4年前,「猫ヴぁか。」に「猫を飼うとしたらどんな猫がいい?」と聞かれた私は猫を飼いたくない猫を飼ったらお父さんに叱られると思い込んでいたので,滅多にいないChat gris (シャ・グリ,灰色猫)を候補に上げた。
「銀猫,♂であること,子猫がいい」
「いるわけない」と思った。それまでペットショップにさえ足を向けたことのない私が生まれた初めて入った動物関連施設になんとChat gris の赤ん坊が一匹いた。残念ながら♂だった・・・。それがプロスペエルである。

プロスペエルが来てしまったことをきっかけにそんな簡単に灰色猫が手に入るんだ,と信じてしまった私。半年後プロスペエルの友達に,と灰色猫を探したけれど結局見つからなかった。なんであの時,銀猫の赤ん坊♂があそこにいたんだろう?

そうしてイネス,さらに4か月後レアがココんちにやってきた。ココんちで猫3匹との生活が始まってまもなく「もうこれ以上猫はいいからね。三匹でたくさん!」と「猫ヴぁか。」にはっきり私は言った。「猫ヴぁか。」もそれなりにココんちには猫三匹でたくさんと心に言い聞かせたようである。

「Comme d'hab. (コムダブ,いつもの)」と言うと通じるパン屋が私達にはある。初めてこのパン屋に行った時,あまりにも無愛想なマダムが売り子なので驚いた。それでもこの店のパンが美味しくてつい買ってしまう。何度か繰り返しているうちにマダムの口元も私達に対してゆるむようになってきた。ある時,二人でパンを買いに行った。このパン屋の入口には門番の犬とカナリアがいるので,「猫ヴぁか。」がそれを見ながら
「うちには猫が三匹いるんですよ」
とマダムに言った。するとマダムが「うちは犬が二匹に猫が5匹よ」とにやりと笑って私達に言った。店を出てから「猫ヴぁか。」はやたら私に「そーかー,あのマダムの家には猫が5匹か。となるとうちの3匹なんて普通だね?」

・・・・・私はむっつり。

「猫ヴぁか。」はしつこく「ね?ね?」



ある時はこんなことがあった。「猫ヴぁか。」が公園のベンチに座っていたら,初老のマダムが犬を連れて猫缶を持って自分の目の前を行ったり来たりしている。「猫ヴぁか。」が「なにか探しものですか?」と声をかけるとそのマダムがにっこり笑って「猫ヴぁか。」の隣に座った。公園に住む野良猫にごはんを配っているのだそう。で,いつものとおり「猫ヴぁか。」が
「うちには猫が三匹いるんですよ。」
と彼女に言ったら,彼女は「うちには猫が8匹よ」と即答したそうだ。その日「猫ヴぁか。」が帰宅して「8匹だよ,8匹。うちの3匹なんて普通だね?」と私にしつこく言ったのはもちろんである。

この冬,ぷろすぺえるとレアのワクチン接種に行った時,待合室で居合わせた老マダムは猫を連れていた。20歳の猫だそうで最近食が細くなったので週に一度,栄養剤を打って貰うのだそうだ。それを聞いた「猫ヴぁか。」は私に「プロスペエルは3歳だしあと17年は僕達と一緒だね!」と大喜びなんである。私は自分の年齢に17歳を足して真っ青になるばかり。夫はプロスペエルを抱きしめて「17年一緒だねえ。Je t'aime!」とキスをしまくっている。

そして先日スーパーのレジに並んでいたら,私達の前のマダムが「お先にどうぞ」と私達を前に促してくださった。マダムの籠を覗くと猫ごはんが入っている。「猫ヴぁか。」はにやりと笑って「おお,マダ~ム。お宅には猫がいるのですね。だからお優しいんだ。実はウチにも猫がいて・・・」と話し始めたら,マダムがうれしそうに「ええ,うちの猫は23歳なのよ」と。

もちろんスーパーを出てから「猫ヴぁか。」は私に「23歳の猫だよ。となるとプロスペエルと19年は一緒だね?ね?ね?」と言い始めた。


こういうことがあるたびに私は天の神さんは妙に「猫ヴぁか。」贔屓ぢゃなかろうか?と思ってしまう。「猫ヴぁか。」が私にたまに言うことがある。それは
猫は神さまなんだよ
である。この説が本当だとすると天が「猫ヴぁか。」に優しいのはロジックということになる。

b0051172_4542029.jpg
レアたんが重石になっても「ぼかーしあわせ」なんだそうだ。
実はよーく見ると胸元にプロスペエルがうずくまっているのだな。


b0051172_053957.gif
le 17 septembre 2005, Renaud
[PR]
by macocotte | 2005-09-17 05:34 | La solidalité 連帯ココんち | Comments(25)
Commented by もか at 2005-09-17 10:54 x
まここっとさん、またお邪魔します。
いつも楽しく読み逃げしてま~す。レアちゃんもぷうちゃんもかわいい!!!
ヴィジ氏にカレンダーから名前探しをするかどうか思案中という所でしょうか?
猫は神さまなんて素敵な言葉ですねぇ。
Commented by chibininn at 2005-09-17 13:26
macocotteさん、votre mariはめちゃめちゃ素敵じゃないですかー。にゃんとの人生をそこまで楽しめる男は、そんなにいないですよ。猫も旦那も天からの贈り物ですわ、きっと。大事にすれば今に大きな恩返しがあるはずですわー!
Commented by ma_cocotte at 2005-09-17 16:58
■もかさま。
ヴィジさんの名前はカレンダーから見つけるそうです。
古代エジプトでは猫が神さまだったらしく,フランスではエジプト風猫の置物をよく見かけます。私もいつか欲しいのです。
Commented by ma_cocotte at 2005-09-17 17:01
■chibininnさま,私のような発育途上の猫飼いには夫の発言やら出会う人との運命が納得しかねない部分がまだまだあります。偶然とは言え「上には上の猫飼い」ですよね。
日本では犬や猫に贅沢をさせることがクローズアップされるでしょう?スーパーで私が出会う犬猫飼いの人々が手にしている猫ごはんは特別ではありません。できる範囲のことしかできないけれど生命を大切にしているというのが会話をしていても伝わってきます。これはいいもんですね♡
Commented by 枇杷 at 2005-09-17 18:38 x
これですなー。

神と呼ばれた猫
http://www7.ocn.ne.jp/~batol/eziputoinuneko.htm

神と呼ばれた犬もいるそうですが。
日本でも招き猫というのがありますし、コレクターもたくさんいますが、彼らがお家に幸せをまねくといいですね。生き物だからいろいろいろいろありそうだけど。ムッシュもんここ氏は日本の招き猫をご覧になったことがあるかしらん?
Commented by ma_cocotte at 2005-09-17 18:51
■枇杷さま,仙台沖に猫が神さまの島があるのだそうです。
神社まで猫だらけ。噂では犬立ち入り禁止らしい。

夫はいつかあそこに行ってみたいと言います。

本当,猫も生き物です。私もぷぅさんやレアに「ずーっと一緒だよ」とつぶやきながらも一方でそんなことはないとわかっているので涙ちょろりんとなっちゃうことがあります。
Commented by cha_nyan at 2005-09-17 22:55
まここっとさま、初めまして。いつも立ち読みさせて頂いております。
その島今日TVポチたまで目撃しました!石巻市沖の田代島です。
猫が5,60匹住んでるそうです。
猫たちは毎朝漁師さんから釣りたてのお魚をもらって食べてました。
島中央の神社で猫神様が祀られております。マジで犬持ち込み厳禁ですわ。
同じポチたまで以前イタリアの野良さんたちが猫おばさん?にショートパスタをもらって食べてましたよ。さすがイタリア猫~
Commented by macocotte at 2005-09-17 23:33
■cha_nyanさま,はじめまして。
私は2年ほど前のNHKの年末猫特集の番組で見たのです。
おそらく同じ島でしょうね。
猫神社が印象的でした。ああいう空間が日本の一部にあるのも不思議でした。
私が住むあたりも飲食関係のお店でも犬猫鳥を放しているお店がありますよ。たぶん湿度もろもろで日本より心配しなくて良い衛生環境なんでしょうね。食品そのものへの規制は厳しくても猫犬には優しいです。

・・・ちょっと変?(笑。
Commented by アラブの猫 at 2005-09-18 05:21 x
あ~、パンツいっちょう!
ま、それはいいとして。23歳まで、生きてくれたらいいねえ。
そして、フランスでは猫3匹なんて当たりまえなのかあ。
8匹もすごいなあ。えさ代が、、、心配なんて思うのは貧乏性の私だけであろうか。

猫は神様って、、好きな言葉です。
Commented by ミリアム at 2005-09-18 12:22 x
猫は神様って、猫好きの私には感動のお言葉ですわぁ...。

しかし5匹や8匹の猫達と暮らしている方が結構いらっしゃるのですね!
そんな話を聞くと3,4匹は[普通なんだ~]って思っちゃいます私も。

ぷぅたんの大開脚の寝相は素晴らしい!!
Commented by くろねこ・ママ at 2005-09-18 13:50 x
最後の写真のモンココさん羨ましい~♪
ちゃちゃも、もうすぐ22才まで頑張ってくれました。
ぷぅたんも長生きして一緒にいてくれるはず、これはモンココさんの思う壺??
Commented by ma_cocotte at 2005-09-18 16:02
■アラブの猫さま。
フランスですが犬二匹の家も多いです。
それと犬一匹に猫数匹や犬も猫もうじゃうじゃ。
一軒家にはほぼどこの家にも犬がいます。防犯でしょうね。

えさ代より猫砂代が深刻です・・・ココんちの場合(びえ~ん)。
Commented by ma_cocotte at 2005-09-18 16:05
■ミリアムさま・・・ね?錯覚に陥るでしょ。
近所のマダムは犬と暮らしていますが外猫に毎朝晩のごはんと水,発情期にピルを与えたり,という形で面倒見ています。いろいろな形があるものですね。

ミリアムさんちの新人さんはその後いかがですか?
ヴィジさんは寒くなったせいかもしれませんがだいぶ丸くなって来ましたよ。
Commented by ma_cocotte at 2005-09-18 16:08
■くろねこ・ママさまが羨ましい写真が「パンツ一丁」でなくて残念です(爆笑。
22歳のプロスペエルってどんな感じなんだろう?
とぷぅのスットンキョな顔を眺めても想像がつきません。
やっと4歳になった巨猫です。
レアはおばあちゃんになってもしつこいのかにゃあ?
猫の皮をかぶった犬と呼ばれているレアたんでした。

ショコラちゃんトート,拝見!がわいいぞなもし。
Commented by ミリアム at 2005-09-18 19:10 x
ココさま、新人猫は[アダモ]という名前で順調ですよ!弱視なので走る事は無いですが、ヨロヨロしてたのが嘘のようにシッカリ歩けるようになりました。
トイレの失敗も1度もありませんし、本当に静かな黒猫美男子です!

ヴィジさん、やっと丸くなってきたのですね!アダモちゃん(←島崎俊郎みたい?)も早く背中ガリガリから脱出してほしいなぁ・・・
Commented by macocotte at 2005-09-18 19:31
■ミリアムさま
アダモちゃんも背中ががりがりですか?ヴィジさんも手足と腰周りは丸くなりましたが肩と背骨はまだゴツゴツしていますよ。最後に肉がつくのかなあ。

猫にも弱視があるのですね。でも鼻が良いのが猫には目より大切なことじゃないかなあ?と思うことがしばしばあります。トイレの粗相は精神的に疲れるのでそれがないのは良い子ですよ。アダモちゃんも今は幸せですね。

ヴィジですが先日ベランダに出した時に窓を閉めてみたのです。そしたらすぐ「いれてぇ」と窓をカリカリ。やっぱり家猫だった猫なんだとあらためて知った次第です。
Commented by Marcellin at 2005-09-19 22:32
スキン変えられたのですね。
かわいいです。
モンココさんに天の神様がやさしいのは、
猫は神様だからって妙に納得です。

猫の大事の仕方って、ココさんのおっしゃるとおりです。
できる範囲のことで、大事にしてあげたいなって思います。
23才か~、長生きの猫ちゃんですね。
Commented by macocotte at 2005-09-19 22:37
■Marcellin さま。
スキン変更中でする。
何か気付いた点があったらお知らせくださいね。

23歳の猫,想像が付きません。いつも寝ているのかなあ。
フランスでそういうことを口にする方々の買い物籠を見てもごく普通のえさが入っているので何にも特別なことはしていないように思います。天命をまっとうさせてあげたいですね。
Commented by えゐち at 2005-09-20 16:53 x
わっほうぉ~♪新しいスキンじゃね~♪ウチではそろそろ夜寒くなり出したので布団猫QOOが「だるまさんがころんだ」チックに日々アタシの寝床に近づいてきまして現在枕のアタシの頭の上です。あ~モンココっちしゃーわせだねー♪
Commented by macocotte at 2005-09-20 17:16
■えゐちさま。左右の壁紙は「雪」というタイトルですが,仕上がったらサイダーの中みたいになっちゃいました。いや~本当にスキン製作は難しい。
こちらもここ数日寒くて,猫が妙になれなれしくなりました。
もっとなれなれしてけろ。
Commented by 狐火 at 2005-09-21 03:58 x
モンココ様の若かりし頃、今の幸せそうなお姿、どっちもチャーミングですね。
4匹の猫と一緒に、神様の愛を感じますわぁ。素敵。

野味料理(野生動物)料理は中国何処にでもあります。
猫・犬・猿・虫、なんでも食べてるような感じです。
(中華圏アジアはそういう文化が残ってますね。)

北京や上海でも、探せば野味や虫を食べさせる所はありますのだ。
金と人しだいで、表沙汰には出来ない凄いゲテモノも出ます。(滝汗)

薬漬けの毒野菜・毒肉、衛生観念なしの厨房、反日コック、頭の中でよぎりますが、中国へ旅行したら覚悟を決めて食べちゃいます。(汗)
まぁ、日本の安い食材・外食も殆どが中国の野菜・肉・魚を使ってるんですけどね。・・・(汗)
中国には縁があって行くのですが、ぎょえええええな事が満載です。

あと、お尻の割れ目、エキブロの限界は何処かってことですが・・・
これをご覧下さいまし。爆笑もの。勇気百倍になれましてよん。
http://kiyoli.exblog.jp/568530/
Commented by ma_cocotte at 2005-09-21 04:27
■狐火さま,神楽坂を登って左に曲がった所にもゲテモノ料理屋さんがありますよ。もうないかなあ。
フランスでは密入国無免許調理師(つまり調理師ではない(爆笑)によるアパートの風呂場,トイレ,台所で調理した春巻,ワンタンもろもろが出回っており大問題になっています。パリは特にひどい。でも考えてみると本国の衛生観念で育った密入国者がフランスの調理法を学ばなければ自国の衛生観念が普通ですもんね。こちらでは獣医師立会いの下,検査です。トイレ,風呂場の床で保管した腐った海老や鳥ミンチを冷凍にし,カビの生えた布巾の上で調理。調理後再び冷凍にして店頭に出ます。店頭で二度揚げが普通なので食べちゃうわけです。

・・・おえ。

こういうのを悪質商売って言うんですな・・・。
Commented at 2005-09-23 01:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by macocotte at 2005-09-23 01:59
■01H23鍵子さま,香港にその手の商店街があると聞きました。

南仏ですがヴェトナム・ラオス・カンボジア・中華・タイがチャンポンのお店が多いのです。ヴェトナム系に入るとカエル料理があります。
さそりやアブラムシはタイで食べませんか?

ネズミの踊り食い・・・
いや,私は韓国のタコの踊り食いでも勇気がいります。(行かないけど)
Commented at 2005-09-23 02:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< シルエット・クイズ この夏,ココんちの大ヒット! >>