「ほっ」と。キャンペーン
 
カテゴリ:イねすトール、その愛の行方( 6 )
マンネリの中から、
ねすとーるがいねすにチョッカイをかけるのは相変わらず。いつものこと。毎朝絶対。いねすがねすとーるにチョッカイを出されて拒むのも相変わらず、いつものこと、何時でもどこでも。
ヲッチャーのま・ここっともこのマンネリに慣れてしまい、《 イねすトール 》の絡みにカメラを向けることもありませんでした。ところが、です。昨日、こんなことがありました。
b0051172_1556439.jpg
近所の方に美味しそうな カラスミ と アジ をいただいたのですよ。

・・・・¢( ・_・) ン? 

違っっ

b0051172_15382955.jpg
狭い椅子に並んで休むほぼ黒猫いねすとねすとーるを見つけたのです。



8月ももうすぐ終わり。急に涼しくなったからでしょうか。猫肌はあったかいものね。
b0051172_15452743.jpg

すやすや、すやすや。すー、すー。


そーっと写真を撮って、そーっと離れて、他の部屋でニヤニヤしながら画像確認しました。

b0051172_18545789.gifb0051172_16571415.gif
le 22 août 2007, Fabrice

[PR]
by macocotte | 2007-08-22 15:50 | イねすトール、その愛の行方 | Comments(8)
時に愛は、
静かに育まれていると思われる瞬間をパシャリ。
b0051172_1595341.jpg
猫がいる窓辺の風景が好きだったりします。

普段のねすとーるは相変わらずラテン男のごとき熱烈なアタックをイネスに続けています。
素直すぎるねすとーるです。愛は直球。

きょう 5月24日の夕方 から、ねっちんと私たちの共同生活は3年目に入ります。
b0051172_2695.jpg
なぜ僕はココにいるのだろう?

本当だよね、ねっちん。
あの日、ココんちの敷居をまたがなかったら、ねっちんは今も南仏の玉なしの外猫クンだったに違いないもの。

b0051172_18545789.gifb0051172_16571415.gif
le 24 mai 2007, Donatien

[PR]
by macocotte | 2007-05-24 02:09 | イねすトール、その愛の行方 | Comments(18)
貫禄の織姫
ココんちの織姫さまにも何れの御時にか、かようにも かわいらしい時 がありました。

なんてかわいらしいのでしょう。婆もあの当時を思い出しては涙する日も多ございます。

一年前のことでございましたか、ココんちにネストールなるおのこが住まうようになりました。このおのこもまた婆が珠を磨くように育て上げました姫さまに一目惚れしやがりました。姫さまはもちろんツンと冷たくあしらうのが常でございますが、このおのこの姫さまへの執着はかつてのぷぅさまどころではございません。来る日も来る日も、夜が明ければ姫さまに抱きつき、日が暮れれば姫さまのお床に近づくというあつかましさ。なんでもこのネストールなるおのこ、数か月もの間おそろしい下界で物臭ながらも生き抜けたという運の良さやら図太さを持っておられるようでございます。

日出づる國において7月7日は年に一度、愛し合う二人が会いたいと思う気持が通じる日だそうでございますが、ネストール殿はもちろん朝もはよから姫さまに愛の言葉を浴びせかけたのでございました。
b0051172_4103326.jpg
まっことの イねすトールになるまでの道程 はまだまだ長そうでございます。

b0051172_18545789.gifb0051172_16571415.gif
le 7 juillet 2006, Raoul

[PR]
by macocotte | 2006-07-07 04:15 | イねすトール、その愛の行方 | Comments(6)
【逢 瀬】イねすトールのあれから。

それは静かな或る日の午後、恋する二人「イねすトール」 は西の窓辺にいた。
b0051172_1817616.jpg
ハートがむ~んと漂う二人の

邪魔をしちゃ悪いよ、あンた! 野暮ってもんよっ!

と思いつつも、おばちゃんは若い二人に茶々を入れるため、廻ってしまったのだった。
b0051172_18172620.jpg
「何よ?」 「何だよ?」

用はありませんが、気になって・・・。この微妙な距離感が「青い山脈」♡

♪わ~かく、あっかるぅい、うった~ごえにー♪


ここから先が思い出せませんが、富士山を背景に並んで自転車を漕ぐセーラー服におさげ髪のイネスと詰襟のネストールくんという妄想がおばちゃんの頭に浮かんでおります。
果たしてこの若い二人の愛は成就するのであろうか? 
乞う、ご期待!
b0051172_18545789.gifb0051172_16571415.gif
le 5 avril 2006, Irène

[PR]
by macocotte | 2006-04-05 18:17 | イねすトール、その愛の行方 | Comments(18)
春が来た。イねすトールは初めてのデエト。
ネストール氏が北西風がぴゅーぴゅー吹き続ける寒い冬の間、せっせ、せっせと愛するイネスのためにお床を作り続けた甲斐がありました。

ココんちのベランダから見えるベニスモモの木に濃ゆい桃色の花が一挙に咲いた日のことです。イネスとネストールが見当たらないなあ、と思ったら、台所の向こうのベランダにふたり並んでお外を眺めていました。
b0051172_0115634.jpg
↑【祝着至極】 ネストール氏、愛するイネス嬢と初デエトでございます。↑


推定年齢2歳強のネストール氏と4年前の丁度生まれたであろうイネス嬢。姉さん女房のイネスさん、そこはことなく神経がビンビンしているようでもありました。
b0051172_01833100.jpg
『何よ?何か文句あるの?』

も、文句なんてありませんよ、姐さん。
なんかね、ふたりの背中を窓のこちらから眺めていたら、苦楽を共にした「爺さん婆さん」のように見えただけだよ。ユ~ミンが九段のフェアモントホテルから眺めた咲き誇る桜を唄った歌を思い出しました。あのホテルももうなくなっちゃったね。お花見弁当とカスタードプリン、舌が染まるクリームソーダ水・・・みんな、みんな美味しかったね。

そんなことを、静かに下界を眺めるネストールとイネスを見ていたら思い出しました。

あと一週間でフランスは夏時間になるのです。もうすぐ夏だあっ。

b0051172_18545789.gifb0051172_16571415.gif
le 19 mars 2006, Joseph

[PR]
by macocotte | 2006-03-19 00:12 | イねすトール、その愛の行方 | Comments(14)
イねすトール、それはココんちにおける『或る愛のかたち』
b0051172_23182598.jpg
僕がいつも、せっせせっせと寝床をこさえると・・・


b0051172_2318455.jpg
僕の彼女は待っていたかのようにそこで小憎らしいほど大らかに寝る。


そう、これが彼女イネスと僕ネストールの愛の基本。イねすトールな愛の証なんだ。こうして僕たち二人は昨年の初夏にココんちで出会って以来、愛を育み続けている。まだアガペーには至らないけれど。
ねえ、君、僕たちを見守ってくれたまえ。


b0051172_18545789.gifb0051172_16571415.gif
le 3 février 2006, Blaise

[PR]
by macocotte | 2006-02-03 23:21 | イねすトール、その愛の行方 | Comments(22)