<   2005年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧
・・・・・いづれの御時にか。
春はあけぼの。
初春を迎えてからといふものの・・・,

b0051172_19424549.jpg


← あいもかわらず毛色ギンギギン♪の殿さんは・・・・




b0051172_19431617.jpg

← お筆の方

・・・・・それはご執心あそばされた。
ぶっちゃけて申し上げますとね,毎日朝っぱらから「ちこう,ちこう」のご執心なのである。


面の皮が厚い「まここっつぁんのつぼね」も御簾の影とはいえお二方のお戯れを目の当たりにし,流石に頬をぽっと染めたりもいたしました。

そしてお戯れが発覚してから半月が過ぎました2005年1月28日午前11時すぎ。
b0051172_1945898.jpg
お励み過ぎて倦怠期を迎えたお二方でおぢゃる・・・・。
殿,いくらお疲れとはいえ白目むいて寝ることもあるまい。
お筆の方も殿の寵愛を受けているとはいえ,寝姿をもそっとお慎みあそばされた方がよろしいのではにゃかろか?

・・・局といたしまして衷心させていただきます。
何事もほどほどが肝心でごぢゃると思うあるぢゃるが,どないなもんでしょ?
b0051172_363173.gifLe 28 janvier 2005, Thomas d'Aquin

[PR]
by macocotte | 2005-01-28 19:46 | La solidalité 連帯ココんち | Comments(12)
イネスも夢を見るのかしら?
とイルカさんの声で囁いてみたくなるくらい,気持ち良さそうに眠るイネスであります。
b0051172_19535068.jpg

b0051172_21251640.jpgココんちに来た頃はモンココの顔より小さかったイネスなんだけどなあ・・・。
このペースだと今年中に巨猫団入団可能むちむちボディに至ることになる。
←2002年4月のイネたん。なんてちっちゃいニクタマ&後足でしょう。
尻尾なんてモンココの中指より細いではありましぇんか。
なのに最近は海岸に打ち付けられたイカのように無防備な姿で寝ている巨大イネスでもあるのである。
こんなイネスの成長におったまげるのもある種「感慨」といふのだらうか・・・・。


b0051172_16571415.gif
le 27 janvier 2005, Angéle
[PR]
by macocotte | 2005-01-27 00:36 | いねすネネネネねねねのね | Comments(14)
『はじめてのブリーフ』-プロスペエルだってできるもん。
プロスペエルが夫のブリーフを試しているところに出っくわした。

箱の気持も考えずに自分の我を通した我が友プロスペエルよ。
b0051172_2124796.jpg
モンココの「ブリパン」のはきごこちはよろしいかえ?
裏返しではくのもキサマなりのおしゃれなのか?
b0051172_2141768.jpg
・・・なんだ,バカヤロ
き,キサマって奴ぁ,いきなり荒井注にならなくても・・・。

プロスペエルがココんちに来たのは2001年9月10日夕方でした。手のひらに乗るくらいの子猫のぷぅは正直言って性格的には「大して面白くない猫」でした。
が,こうして猫と暮らし始めて3年以上が過ぎ,猫というのは成熟してこそ喜怒哀楽を分かち合える生き物なのだと私は実感しています。日々の生活は決して笑い飛ばせるようなことばかりではありませんが,ぷぅの奇行にはつい笑ってしまいます。
ぷぅはいたって真面目に一生懸命に行動しているのにね。
笑ってごめんね。
でもありがと。ちゅ。

b0051172_175095.gif
Le 24 janvier 2005, François de Sales

[PR]
by macocotte | 2005-01-24 18:25 | ぷぅたんプロプロぷぷろぷぅ | Comments(16)
小さな熟女「グレシラ姫」
猫と生活をするようになってから外出すると目の前に猫が現れることが多くなりました。日頃からココんちの三匹が私の衣類に匂い付けをしているせいなのか,それとも単に猫と暮らし始めた私が以前は些細な存在だった猫に気をとめるようになったのか・・・兎にも角にも
猫さんよ,こんにちは
以前,ココんちの斜め前に住んでいたきょうさくを紹介しました。きょうさくのエリアから西に50歩くらい歩くとゴミ置き場があり,そこにも夕方になると数匹の猫が集まります。その中の一匹の♀猫のタニマチであるわたくしです。ほほほ。
b0051172_0303421.jpg
彼女です。灰色と白の毛並みに桜貝色のお鼻と白ヒゲ。
勝手に「グレシラ」ちゃんと呼んでいます。
グレーと白だから・・・ああ,単純。

b0051172_0412158.jpgプロスペエルはSPAで引き取った時,なんとスーパーの袋に入れて渡されました。
「ほぼ」黒猫イネスはココんちに来て3年経った今でもビニール袋の擦れる音が聞こえるとさささっとすばやく身を隠します。ところがグレシラちゃんはゴミ置き場の中でビニール袋でシャカシャカと音を鳴らすと,尻尾をピーンと立てて出てきます。グレシラちゃんたちの面倒を見ているマダムがおそらくビニール袋に入れてご飯を持ってくるのでせう。
b0051172_047154.jpg

思いっきり「ごろにゃん」なグレシラちゃん。

尻尾ぴーん♪

いとおしくなっちゃうね,こんなに頭突きされちゃうと。

b0051172_048627.jpgおそらくグレシラちゃんはこのゴミ置き場のすぐそばのおうちに住んでいる猫です。よくそのおうちの塀を登って消えていくグレシラちゃん。

ココんちのまわりには外猫がいっぱいいますが,ほとんどの猫はあまり大きくなりません。ドライフードと水だけの健康基本生活のせいでせうか?
グレシラちゃんは外猫の中でも小さい猫です。
体格も顔も,一見では子猫です。
ところが彼女は避妊手術をしていません。
時折,桜色の乳首が目立つことも・・・。
既に何度か出産経験済みの熟女であらせられる。

b0051172_0552879.jpgなんかね,
こうやって人懐こく頭を摺り寄せるグレシラちゃんを見ると,
「もしかしたらレアたんのママンかな?」
と想像しちゃうこともあるのだ。
今ではレアたんの方がうんと大きいけれどね。
b0051172_19444836.gifLe 22 janvier 2005, Vincent

[PR]
by macocotte | 2005-01-22 00:31 | 通りすがりのあの方この方 | Comments(11)
モノには限度といふものがアルのである。
我が友プロスペエルよ。
キミはすでに3歳になったはずだ。
キミが「箱好き猫」ということも重々存じておる。
だがキミがこうしたところで,
b0051172_2148258.jpg
だからといってこうしたところで,
b0051172_2149567.jpg
箱が変形しているではないか?
キミのおしりがあまりにもはみでているではないか?
ぷぅよ,30分以上こうして箱に入っていても,
キミの要求には無理があるということを,
b0051172_21495138.jpg
猫の生き方にも限度があるということを,
b0051172_21512832.jpg
もうそろそろわかってほしい・・・・。

b0051172_175095.gif
Le 21 janvier 2005, Agnès


b0051172_2295769.jpg


なんてこたあない。
私がKickersのスニーカーをSoldeで見つけたのだ!
買っちゃったのだ!
永遠にKickers命!のまここっつぁんなのだ!

ちなみにこのKickersの箱のサイズは
20.5×30cm
にゃのでR。
[PR]
by macocotte | 2005-01-21 00:42 | ぷぅたんプロプロぷぷろぷぅ | Comments(14)
2005年1月19日ココんちの猫三匹の「整列」
なんだかまるで小学校の朝礼のよう。
はるか昔のこと,体育の先生の「きをつけーっっ」と言う掛け声がリアルに脳内を駆け巡った。
b0051172_16582490.jpg
名前を呼ばれたって僕は振り向かない。目なんか合わせないぞ。
どんな甘い誘いにも言葉にも見向きもしないのだ。
b0051172_16591480.jpg
と,意固地な信念がなぜか伝わってくる。
猫とは不思議な生き物ぞ。

先生に呼び出しされた時の私はきっとこの写真のプロスペエルのようだったのだろう。
先生の顔も見ずに,先生への反抗心が伝わってくる気迫を持ち合わせ・・・。
先生はもちろん気付いてらしたのだろう。

猫の整列を見ただけできゅ~んとセンチメンタルな朝。

b0051172_1724144.gif
le 19 janvier 2005, Marius

[PR]
by macocotte | 2005-01-19 17:00 | La solidalité 連帯ココんち | Comments(6)
ネコがカツブシ!ガツンとな,ガツンと。
あるラグビー部の監督が部員に叫ぶ言葉です。
練習になると監督は部員の前で両足を肩幅に開き,「ネコが・・・」と言いながら両腕を天に仰ぎ,「カツブシ!」と叫びながらさっと胸のあたりに曲げる。
この監督,自分だけでやってりゃいいのに,「声を出せ!いいか・・・・」と選手に命令。体格のいい男子が集団で「ネコが・・・・」「カツブシ!」を繰り返すのです。

さて先週土曜日,日本から玉手箱がココんちに届きました。
玄関を開けて箱を持ち込んだ途端,ココんちの猫三匹のお目目は真っ黒まん丸 =●。●=
箱が底無しなのかいろんなものがわんさか出てきまして私は目が点!
現在も正確な品数を把握していない状態なのです。
昨晩なぜか夕食をとったにも関わらず21時をまわって私のお腹が空き始め,玉手箱から「どん兵衛天ぷらそば」を取り出してしまいました。しかも,奥さん,ちょっと聞いてくださるぅ?関西風味ですのよ。関西風味!
私はMade in 関東100%♀なので関西風味の食品は貴重品なのです。
スープの袋を開けてびっくり。香りが違う。おだしの香りだ・・・。次の瞬間にはスープの袋の向こうにプロスペエルのどアップ。そ,そんなに寄らなくても・・・ぷぅたんってばよ。
b0051172_033135.jpg
アップ過ぎてボケた写真ぢゃんか。
と,ここで思い出した,玉手箱の中に 鰹節 が入っていたことを!!!!!

実はココんちの三匹はフランス生まれだからして鰹を食べたことは「ない」のでR。
鶏肉系が主食の三匹が果たして鰹さんにときめくか不安もあったけど,
「ちょーだ,かちゅぶししゃんが箱ん中にありまチたねぇ。食べましゅか?」
と袋をびりっと破いた途端,猫三匹は瞬間「ミミズク」ルックスに変身。
b0051172_030948.gif
きゃわいいっっ!そして踊るわ,踊る♪

ココんちの猫三匹にとっては生まれて初めてふわんふわんに宙を舞うホコリ以外の物体!
しかもラリる香り!
猫三匹,鰹節が盛られた器に群がりました。
お皿を中心に三匹の猫が天然メルセデス・ベンツなのよ。芸術だわ・・・。
どこで生まれようがカツブシは猫の大好物なのね♪
てなわけでガツンと一発


猫が鰹節


メモメモ。

b0051172_1724144.gif
Le 18 janvier 2005, Prisca

[PR]
by macocotte | 2005-01-18 00:45 | Buvons un coup?ちょと一杯 | Comments(9)
『危険なふたり』 -未成年閲覧禁止指定エントリィ-
新年が明けまして13日を過ぎましてございます。
冬至も過ぎ日が伸び始めると春の気配を感ずる南仏蘭西。
ここ七日のココんちでございますが・・・(ここで大扇をバサっと)
ちこう,ささ,ちこう。
実は・・・
お筆の方の切のぉ声が朝な夕なとお床の間から聞こえてくるのでございます。
朝な夕なコレでございます。
b0051172_2454925.jpg
実は二匹でございます。
殿がお筆の方のお腰を左足でキック♪キック♪とお蹴りあそばしてございます。
b0051172_2462868.jpg
「去りゃれ。見てくれるな。」とお筆の方。
殿が愛撫してくださるのぢゃ。
b0051172_247030.jpg
あなおそろし。
フラッシュなるものをたくと本性が見えるあるか?
お筆の方は実はおいやなのか?お目が据わっておるぞえ。
b0051172_2472063.jpg
殿,そんな舌なめずりなんてお下品な・・・・。そんな目であたくしを見ないでくださいましな。
b0051172_2473496.jpg
お筆の方の肩に手を添える殿・・・貫禄でござりまするぞ。世は安泰。

春は曙,やうやう桃色なココんちの大奥物語でございました。
今宵はここまでにしとうございます。ほほほのほ。
b0051172_363173.gifLe 13 janvier 2005, Yvette

[PR]
by macocotte | 2005-01-14 02:56 | La solidalité 連帯ココんち | Comments(14)
なんどお目目をパチパチしても・・・
青猫ぷろすぺえるの後姿はにしか見えないのだ。
b0051172_3333786.jpg
b0051172_19343585.gif
角度を変えて見たけれど・・・ぷろすぺえるはやっぱりだ。
イネスがイカなら,ぷぅは象なのでR。
b0051172_3355512.jpg
ぷぅたんの「ぱお~ん」なのだ。

『象彦』ならぬ『象猫』・・・番町あたりにお店を出しましょうかね。


★春が来た!2005年3月14日『営業部長クログロ』のKazさんちにはホワイトデーの黒象が現れた!うれしくって♪びっくりして♪TBだ,ぱお~ん♪
b0051172_175095.gif
Le 10 janvier 2005, Guillaume

[PR]
by macocotte | 2005-01-09 03:36 | 思い込んだら『巨猫団』 | Comments(16)
お口の臭い,気になりませんか?
b0051172_4222218.jpg
月島しまこさんは13歳です。
b0051172_19315648.jpg
最近お口がくちゃいので,口の中を見たら奥歯に大きな歯石が!(→)
歯石は放置したままだと歯周病と化し,頭蓋骨にまで到達する可能性があります。
獣医さんにしまこさんのお口ん中を見せたところ,しまこさんは抜歯することになりました。
麻酔のことも気になりましたが,二年半前の検査でコロナウィルス値が高かったにもかかわらず今まで発症していないので麻酔は大丈夫とのこと。

先日,しまこさんは麻酔をかけて4本の歯を抜きました。

喉に管をいれての手術だったので術後しばらくぜいぜい苦しそうにしていたしまこさんですが,もうお口はくちゃくありません。

もし猫のお口がくさかったら,まずは奥歯を確認。
そして早めに獣医さんに連れて行き歯石を取っていただきませう!

b0051172_1232299.jpg

←今回抜いたしまこさんの4本の歯です。

b0051172_19444836.gifLe 8 Janvier 2005, Lucien

[PR]
by macocotte | 2005-01-08 04:27 | 猫の泉『だばだばだ』 | Comments(8)