<   2005年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧
愚か者よ,犬猫を捨てる前に連絡ください。
ところでフランスは夏のヴァカンスに突入しました。
ここ数日プロヴァンスの観光地訪問を繰り返している私ですが,すでにドイツ,オランダ,モナコ,ポーランド,イタリア,スペイン,イギリス,アイルランド,モロッコなどのナンバーを携えた車に出会いました。

Jacques Dutronc 氏を紹介した番組"30 millions d'amis"の中でもヴァカンス前恒例の「動物と過ごすヴァカンスで注意すること」特集が組まれました。ヴァカンス中の動物のための薬箱の作り方,動物を移動する時のキャリーバッグについて,旅程途中での犬の遊ばせ方,などなど。休憩の度に水を与えること,車内のキャリーバッグの上にタオルを乗せ,定期的に水をかけてあげると犬や猫が暑さで苦しまなくて済むのだそうです。

こんな動物に思いやりのあるヴァカンス準備の番組を流しても,ヴァカンスのために犬猫鳥を捨てる愚か者はいっくらでも湧いて出てくるものがこの世の常というものでございます。というわけで

b0051172_0184745.jpgb0051172_0191162.jpg
← 捨てる前にまず電話で相談!シール

「車に動物が乗っています」と書いてある車に貼るシール→
そしてヴァカンス中のペットとの付き合い方について書かれた小冊子の3組一揃えをこの番組では無料配布しています。詳細はこちらを。

bêtes (ベット)というのはフランス語で「愚か」「ばかげた」「軽率な」という意味で,ほぼ同じ意味で使われるStupide(ステュピド)に比べると日常で用いられる語です。でも普段の言葉で「Pas bêtes」(パ・ベット,愚かなことはするな!」と警告されれば,愚か者が捨てる前に受話器を取る気持にもなる可能性はなきにしもあらず?でしょうか。

私は先ほど手続き完了! 
近いうちにココんちの車には「Animaux à Bord」のシールが貼られることでしょう。Yoopii, yoopii!
b0051172_15233582.gifLe 29 juin 2005, Pierre et Paul

[PR]
by macocotte | 2005-06-29 04:57 | Buvons un coup?ちょと一杯 | Comments(12)
ちいさな頃からコツコツと。
Un・・・・  アーン,
b0051172_17514252.jpg
「ま・ここっとさん,これはいったいなんですか?」

Deux・・・・ ドゥッ,
b0051172_17522078.jpg
「中で何かがぐるぐる回っていますが・・・?」

Trois!  トロワ!
b0051172_17525019.jpg
「僕にはまったくわかりません。
ま・ここっとさん,これはいったいなんなの?」


そんな子猫だったプロスペエルは今ではなぜか脱水中の洗濯機に登り,一緒にブルブル震えるのが大好きです。フランスの洗濯機の音はうるさいので作業中ドアを閉めることにしていますが,プロスペエルはまずは自分でドアを開けようとし,それでも開かないとそれは甘い声を出して「開けて,お願い,開けて」とねだります。

あの時キミは若かった♪
b0051172_175095.gif
Le 27 juin 2005, Fernand

[PR]
by macocotte | 2005-06-27 16:09 | ぷぅたんプロプロぷぷろぷぅ | Comments(13)
酒と葉巻と音楽と・・・そして猫。
この方,Jacques Dutronc (ジャック・デュトロン)とおっしゃいます。

b0051172_23515878.jpgフランスでは結構有名な歌手,コメディアン(=テレビ俳優)です。日本に紹介するとしたら「Françoise Hardy (フランソワーズ・アルディ)のご夫君」と申し上げる方がよろしいでしょうか?

彼は日頃,l'Ile-Rousse(イル・ルッス,ルッス島)と呼ばれるコルシカ島に隣接する小島に住んでいます。
ルッス島の美しすぎるパノラマ写真はこちら↓をクリック!
http://www.ot-ile-rousse.fr/cat.php?id=80

この素晴らしい環境の中で彼はこよなく酒を愛し,葉巻を常に携え,そして38匹の猫と生活しているのです。葉巻をくわえたまま肩に猫ごはん(鶏ささみ肉)を乗せ黒猫に与えるジャック・デュトロン氏。ごはんを肩に乗せる意味は何なのでしょう? ジャック・デュトロン氏が長年猫と共に住んでわかったことは

「猫はEric Claptonが好き」

エリック・クラプトンのCDをかけるとデュトロン家の猫全員がどこからともなく集まってきて耳を傾け聞き惚れるそうです。ココんちの「猫バカ。」も混ざりそうだな・・・。

b0051172_23593270.jpgそして片手に酒,片手に葉巻で猫たちと戯れるジャック・トロン氏。猫との生活は文句なく「わが幸福」だそう。
彼にとって38匹の猫は何か?と尋ねれば,

"Anti Stresse"
抗ストレス剤

と一言,葉巻をくわえたままの即答でございました。
フランスで日曜日の午後といえば動物愛護番組30 millions d'amis が国営放送France 2で放映されますが,今日(6月26日)はこの彼の生き方"38 chats et moi, et moi" が流れました。ココんちの「猫バカ。」は映像を眺めつつ,彼の「アンチストレス」のぼそっと一言を耳にする頃にはお目目うるうる・・・全身から「尊敬。付いていきます,ジャック・デュトロン♡」というニオイがたっておりました。そして「僕はここまでにはなれないなあ・・・」とポツリ。

なってもらいたくありませんね,なられちゃ大変です,はい。
b0051172_15233582.gifLe 27 juin 2005, Fernand


Θ ココんちの「猫バカ。」とギター Θ
[PR]
by macocotte | 2005-06-27 00:41 | Buvons un coup?ちょと一杯 | Comments(22)
6月25日は聖プロスペエルの祝祭日

Bonne fête, Prosper

ぷぅたん,おめでとう!

ココんちに来て四度目のお祝いなんだってね?
b0051172_5185140.jpg
そして仮称・ヴィジトゥールの僕がココんちに来てから丁度1か月になりました。

最初の2,3日わけもなく女子にシャーシャー言われちゃった僕だけど,最近はこんな感じでお昼寝もできるようになりました。一見三匹だけれども良く見ると四匹の写真なんだよ。

1か月を過ぎたけれどもおばちゃんの話だと僕はまだガリガリだそうです。
でもおばちゃんが最近になって
「おお,脚が太くなってきたねぇ。猫はそうでなくっちゃ!」
と言いながら僕をなでくりまわします。
b0051172_33988.jpg
実は僕,こうやって一日に一度はイイ汗をかくようにしているんだ。
確かにこれを続けたら脚がぶっとくなっていっぱい歩けるようになりました。
そして手と足の白いところがますます白くなってまぶしいくらいでしょ?
お耳の中も真っ白になったでしょう?
右耳の後ろにあったかさぶたもいなくなったんだよ。


そして僕は幼いのかな?

だってやっぱり僕・・・
[PR]
by macocotte | 2005-06-25 04:02 | La solidalité 連帯ココんち | Comments(36)
ココが僕の好きな場所。
ココんちのおばちゃんを眺められる木陰の楽園
b0051172_2544131.jpg
おばちゃんの声が大きくなる
僕は黙ってよそを見てる
目をとじて 息をとめて
さかのぼるほんのひととき
こんなことは今までなかった
僕がかつおぶしを食べている

ああ,嘘でもいいからごはんを出す振りをして

僕のせいいっぱいのイキザマをおばちゃんが知るはずもない
b0051172_3283010.gif

あした6月25日で僕がココんちに来て1か月になります。

本当に暑くなりました。
おばちゃんがいつも湯気をたてています。
僕は涼しいこの木陰で過ごすことが多くなりました。僕は元気です。

b0051172_18545789.gif
Le 24 juin 2005, Jean-Baptiste

[PR]
by macocotte | 2005-06-24 03:14 | 謎の訪問猫は仮滞在中。 | Comments(17)
いねすの秘密。
2002年4月18日18時54分ココんちに来てすぐのイネス,いえバルザックです。
この写真を撮った時はまだ♂と信じていたモンココ&マ・ココットです。
この写真から2時間後くらいにバルザックが♀であるとわかり改名に至りました。
b0051172_17484883.jpg
♂という性別詐称,本当は生後1か月経つか経たないのちび猫なのに生後3か月と嘘をつかれてアニマルリィ(=ペットショップ)から引き取られた「ほぼ」黒猫ですが,ご覧のとおりこの時点ですでに濃いオレンジ色の瞳を持っていました。イネスの瞳は本当にきれい,宝石のようです。
そしておなかの白いぽっちんがくっきり! なんともいとおしいお印でございますな。
b0051172_17595817.jpg
b0051172_16571415.gif
le 22 juin 2005, Alban

[PR]
by macocotte | 2005-06-22 17:42 | いねすネネネネねねねのね | Comments(20)
「懐かしのメロディー」を聴きながらメロメロ。
ミュージカルバトンでひさしぶりにわが「懐かしのメロディーズ」を回顧してしまい,そんな時には決まってアルバムを手に取ってしまうのはなぜなのでせう?


懐かしの『おくるみぷぅたん』
b0051172_20592278.jpg

懐かしの『ガリガリねずみと記念撮影のぷぅたん』
b0051172_2112051.jpg

懐かしの『フニフニぷぅたん』
b0051172_212090.jpg

懐かしの『ぷぅたんも夢を見るのかしら?ぷぅたん』
b0051172_213030.jpg
ナツメロでぷぅたんにメロメロ。
b0051172_21292466.jpg
ぷぅたんにメロメロはまだまだ続くのでした・・・。
b0051172_21294358.jpg

b0051172_175095.gif
Le 21 juin 2005, été

[PR]
by macocotte | 2005-06-21 21:19 | ぷぅたんプロプロぷぷろぷぅ | Comments(28)
猫でつながる「ミュージカルバトン」♪
6月7日のこと,カナダはトロントの アザラシーズ(アカちゃん&アオちゃん) からあるものを
トロントのグローサリーストアで発見しました!
と連絡が入りました。アザラシーズがトロントで見つけたのはコレ(↓)でございます。
b0051172_2130090.jpg
あら,ちゃだ?

・・・ぢゃなくて

・・・あら,やだ・・・
b0051172_2020413.jpg

・・・うりふたつ・・・

どっちが先?と考える必要もなくイネスが後に決まってはいるンですけれど,ガメツイまここっつぁんの脳味噌では「登録商標」「無料有能弁護士」「カナダ行」という文字がリレーを始めてしまいました。こんな時のまここっつぁんの人相は映画「美女と野獣」に登場するガストン側の悪徳医師そのもの・・・「I L♡VE MONEY」! ええ,実際,髪型はあのドクターと同じようなものよ。

ところで『1日3ヒゲ』のUnya_sukeさんから「ミュージックバトン avec 3ヒゲ」なるものを渡されました。そして『専業主婦も悪くない』のKintontonさんからもバトンが!
まここっつぁんはガメツイけれど音楽も大好き。喜んで引き継いで走るけれど,足は牛歩,天地真理並みだよ。そこんとこよろしく! そんぢゃ・・・バトンがタッチ

C'est parti!

b0051172_21504682.gif
【今パソコンに入ってる音楽ファイルの容量】
実はどうやって容量を見るのかわかりません。iTuneですぐ聞けるのは4.33GB。この他にデスクトップにたんと入っております。
【最後に買ったCD】

b0070127_21564617.jpg


Guregele "The Best of Guregele"

これ↑をクリック!
CDリストの次にある♪-Ecouter内の2曲をぜひご視聴くださいませ。(視聴なのに全曲流れます)
【今聴いている曲】
Paul Simon の"Me and Julio Down by the Schoolyard"ですね。
運命とはいえ,偶然とはいえ,随分軽い音が流れている時にこの質問があたりました。
【よく聴く曲、または自分にとって特に思い入れのある5曲】 これまた殺生な質問を・・・。
 
1.Chicago "Will you still love me?"
   :昔好きだった人はTOTOやCHICAGO一辺倒でした。ただそれだけ。
2.オフコース 「秋の気配」 (ただし元祖アコースティックヴァージョン)
   :高校生の時,友達が「姉から教えてもらったの」とLPをこっそり貸してくれたのがこれ。
3.松任谷由実 「ロッジで待つクリスマス」
   :学生の時,友達が「兄から教えてもらったの」とK7に録音してくれたのがこれ。
4.Simon & Garfunkel "Scarborough Fair"
   :中学生の時,英語の授業で習った歌がこれ。ただそれだけ。
5.Guilbert O'Sullivan "Tomorrow, Today"
   :昔見たドラマの主題歌。この曲を聴くと上高地の景色が目の前に広がります。  

こんな感じかなあ。
b0051172_22403948.jpg
たった5曲選曲は難しすぎる。だってわたしの人生長いもの。
とりあえずここ(↑)には「思い出のメロデー」を書きました。


【5人のバトンを渡す人】 実は「よござんした」ブログにもバトンが届いておりますし,こちらではUnya_sukeさんからバトンを渡されたこともあるので更に「猫」でつないでみましょう!
【1】 茶寅バトン 「茶タローくぅぅぅん」のCatseyepower さん
【2】 バトン 「営業部長 クログロ」のKazさん 
    (営業中のBGMが知りたい。いや知ってるけど・・・知ってみたい。)
【3】 猫バトン 「猫三昧」の管理人えゐちさん 
【4】 白猫バトン 「なごみネコとなごむ暮らし」のMicoさん
【5】 海外猫バトン 「山猫の缶詰。」のアザラシーズ  
 (だってイネスのうりふた缶詰写真をたくさんいただいたのでお礼のつもり♡)
b0051172_22433932.jpg
Le 19 juin 2005, Romuald

[PR]
by macocotte | 2005-06-19 21:30 | Buvons un coup?ちょと一杯 | Comments(32)
日曜日の昼下がり@オーバーニュ
6月19日あの齋藤氏がかつて住んでいた町Aubagne (オーバーニュ)に行ってきました。
物音の数が数えられるほど静かな日曜日の午後,路地裏でばったり少年と猫に会いました。
b0051172_18452893.jpg
猫ばか。: "Bonjour, jeune homme. Est-ce qu'on peut le toucher?" 
「お,わかいの。猫に触ってもいいかい?」
少年 : "Oui, monsieur!" はい,ムッシュウ。
猫ばか。: "J'ai quatre chats à la maison."
僕んちには猫が4匹いるんだよ。
少年 : "Ah bon? J'ai deux chats chez moi...donc...."
ふーん,僕んちは2匹だよ。んーとねぇ・・・。

と,おうちの猫の説明をする少年,この日はなぜか路地の椅子に座って近所の猫と暇つぶし。
"Au revoir, jeune homme!Bon journée!" 
「またね,若いの。良い一日になりますように」と私達が言えば,
"Vous, aussi. Au revoir!" 「あなた方もね,さようなら」と答える少年。
フランスにおける見知らぬ人同士の会話の基本です。
つまらない会話かもしれないけれど後味すっきりの清涼感が心に残ります。
b0051172_19425432.jpg
狭い路地に落ちる光と影,すっかり夏です。
猫がぢっとしている所は最も心地よくいられる湿度と温度なのだよ。
b0051172_19444836.gifLe 18 juin 2005, Léonce

[PR]
by macocotte | 2005-06-18 18:35 | 通りすがりのあの方この方 | Comments(20)
【Katsuwo, Mon Amour】 おひかえなすって,かつをさん。
【2002年4月19日,イネスがココんちに来た翌朝の朝食。】
b0051172_1805660.jpg

【2002年8月17日,レアたんがココんちに来て2日目の朝食。】
b0051172_1552433.jpg
つっこい・・・いや,ちっこい。
ぷぅたんがスリムボーイだわ♡

こういう蜜月な食事光景はココんちの場合2日が限度である。
原因はもちろん裏番・ほぼ黒猫イネス。体格がでかかろうが小さかろうが「メシ命♡」。
彼女はごはんを一番早く食べ終え,他の皿を頭突きで速攻攻撃の侵略奪という野蛮猫,いわゆる「腹にギョウチュウを抱えた欠食児童のごとく」なのである。

仮滞在猫・ヴィジトゥール氏の逗留も3週間を過ぎたが,「猫生最大のサヴァイヴァル」のトラウマから抜け切れないヴィジ氏に「どうかひとつココんちの3匹としりっぽ合わせて召し上がって」と出したところで受け入れられるわけがない。イネスとメシの順番を巡って火花を散らすヴィジ氏なのであった。抗争なのである。この二匹,抗争に命はかけない。かけるとしたらメシを食ってからね。


・・・へ?
b0051172_1622315.jpg
もしや,姐さん・・・

あっしに何か御用ですかい?

ちょいっとお待ちを。何せ今ちょっくら手が離せないモンで・・・。

え? 何?って・・・。

そんな野暮なこと,姐さん。
江戸っ子なら猫に聞いちゃあいけヤせんぜ・・・ったく。


 (ぶり)

ったくなぁ,姐さん。 ブリぢゃないっすよ!
・・・と,テレながらヴィジ氏は4個製造。

おいらが食ったのはコレさ!
b0051172_16292946.jpg

 

か・つ・お 
ちゅっ♡

ぼ,僕,生まれて初めて食べました,かつをちゃん。・・・感涙。
おかげさまで大食快便。
ココんちに来て良かったと思いました。
b0051172_16415044.jpg
ふんぢゃ,すっきりしたので眠くなりました。起きるまで起さないでね。 
À plus!僕は元気です。
b0051172_18545789.gif
Le 17 juin 2005, Hervé

[PR]
by macocotte | 2005-06-17 16:36 | La solidalité 連帯ココんち | Comments(22)