<   2011年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧
とおりゃんせ、とおりゃんせ
ココはどこの細道ぢゃ?
b0051172_254219.jpg

と、くろヴぃすの前にドンと構えているのはココんちの長であるぷぅたんです。

6月5日にくろヴぃすをココんちに迎えてから二度目の日曜日が過ぎ、くろヴぃすの犬柄がわかってきたので、6月20日以降、元野良猫で犬という動物を知っている猫から順にくろヴぃすと直に面会するようにしてみました。

ココんちの猫(3+1)+1匹で最も犬を知らない猫はぷろすぺえるで、ぷろすぺえるとの面会が一番の緊張であり、実際、ドアごしにくろヴぃすと接近したぷろすぺえるが興奮してもん・ここやま・ここっとの足に垂直爪パンチの技を試みたことは言うまでもありません。

ところが、そこまでの緊張は二度ほどで、その次は尻尾をふくらまし、その次は尻尾も膨らまさずに髙見の見物を好むようになったぷろすぺえるです。同時に6月22日から実験的にくろヴぃすの寝床をこれまでのガレーヂからリビングに移動してみました。

こうしてくろヴぃすを迎えての第三回目の日曜日を迎える前日、ココんちの私室側にくろヴぃすを招きましたが、どうにもこうにも猫の長であるぷろすぺえるとの上下関係が確定し、くろヴぃすはぷろすぺえるを前にすると通り過ぎて向こうに行くことさえできません。上の写真ではくろヴぃすが立っていますが、時にくろヴぃすはぷろすぺえるの前に伏せてしまうほどです。

兎にも角にも図体がでかくてもたった一歳と二か月のくろヴぃすを前にしてのぷろすぺえるの威厳はすんばらしいです。真剣に関係を築いている犬と猫には申し訳ないけれど、こうして傍観していると本当に面白いし、いろいろ勉強になることばかりです。



一方、くろヴぃすはこんな感じで、
b0051172_335366.jpg

ねすとおるとレアたんと仲良しで、特にねすとおるの後をくっついてまわっています。
ねすとおるも悪い気がしていないように見えます。私にそう見えてしまうのも、これまでずっとねすとおるがぷぅたんと仲が悪いことがあります。ねすとおるには真ん中猫の遠慮が見え隠れしていたので、くろヴぃすが「兄貴ぃ」と慕ってくれることがうれしいのではないでしょうか。時折、チューしていますよ、くろヴぃすとねすとおる。

くろヴぃすは猫を既に知っている犬だと思われます。
昨日、今日は第一にぷぅたんとお友達になろうと一生懸命で、ぷぅたんが好きそうなおもちゃをぷぅたんの前に持ってきたり、独特の声でアプロオチしても、ぷぅたんは動じず威圧的態度のままなのです。

さて、どうなりますことやら。
ぷぅたんがくろヴぃすの熱烈なプロポーズにこたえる日が来るでしょうか。

le 26 juin 2011, Anthelme
[PR]
by macocotte | 2011-06-27 03:12 | La solidalité 連帯ココんち | Comments(2)
疲 れ ま す 。
犬との生活は 最初が肝心 なのだそうです。
b0051172_170104.jpg

犬が暮らす家庭の中で犬が一番最後の地位やら身分だと完全に自覚しないと、後々、家庭の中で犬が不和の原因を作り出しかねないのだそうです。
ココんちのくろヴぃすはなぜ今年6月5日まで市営動物愛護協会の檻の中にいたかと言うと、生まれて数日後から育った家庭で不和の原因を作ったからなのでした。ココんちではくろヴぃすを引き取るにあたっていろいろ考えた末、いつもココんちの猫(3+1)+1匹をあずかってくださるムッシュウが営む犬の学校に通うことに決めました。

b0051172_17213852.jpg

ムッシュウの犬の学校で学ぶために必要な学用品は鎖の首輪と長い黒革のリードです。
この二つが必須の学用品で、犬がしてはならないことをするたびにこの二つを駆使して、犬の首を瞬時に絞めるというオソロしい品なのでございます。

電脳域の日本語域において犬の躾を検索すると「ほめて育てる」が主流のようですが、どうやら仏蘭西では今も犬にはスパルタ教育を施すことが主流のようです。なぜ黒革のリードが長いのかと言うと、犬が悪さをした時にヒトが瞬時にリードで輪を作り、鞭として扱うためです。こうして犬と共に暮らす人間も犬の学校に参加し、犬のためにメリハリある態度や声色を習得せねばならず、これはヒトにもよりますでしょうがココんちのヒト♂♀には疲労を与えるものでもあります。

ですが、この疲労感で脱落したら、後々の不幸を犬だけでなく人間も原因を作ってしまうことになると先生から教えられるとサボるわけにもいきません。ココんちには既に猫がいますから、犬の見えるところでヒエラルキアが猫→ヒト→犬であることを食事の順番で示し続けてもいます。さいわいなことに、くろヴぃすは覚えが早いように思えます。ありがたいこってす。



授業第二回目に、もうひとつ学用品が加わりました。猿轡のようなものです。
b0051172_1705897.jpg

これを犬にはめて手を使って一度嫌がったら鎖で首を絞め、二度嫌がったら黒革のリードを扱うヒトが全力疾走することで散歩の作法を学びます。轡を嫌がらずに、しかもヒトが歩く速度に合わせて歩けるようになったら、轡を外して大げさに誉めなければなりません。

なんちゅーか、私たちヒトも犬の前でドサ周り劇団員のように大げさな喜怒哀楽表現を演じ続けねばならないという・・・
本当に疲れますけれど、最初が肝心、最初の一か月が勝負、最初の4か月学び、最初から一年繰り返せば、その後、犬と楽しい生活ができるのだとか。犬と生活したことのないま・ここっつぁんにとってはある種騙されているような気がしなくもありませんが、暗中模索の内、続けねばならないようです。

うへぇ。

b0051172_4123553.gif
le 20 juin 2011, Silvère
[PR]
by macocotte | 2011-06-20 17:01 | 間違えて『犬飼い』への迷い道 | Comments(4)
笑って赦して。
b0051172_2112253.jpg
(ノ△T) 言葉にできない

6月15日に宦官となった横柄王くろヴぃす、翌日の姿であります。
下腹部の絆創膏を見つけて、笑っちゃかわいそうだけれどつい笑っちゃいました。
くろヴぃすはもしココんちで6月5日に引き取られなかったら、6月第二週後半に別の動物愛護団体に移送が決まっていたらしいです。何の縁あってか5日午後からココんちの同居犬となってしまったがための宦官手術なので、「ごめんね」と声をかけてもいるま・ここっつぁんです。


宦官手術前日は午後7時以降の摂食禁止、そして、手術当日の夕食も禁じられたくろヴぃすでありました。
b0051172_21181396.jpg

犬なるものは麻酔が切れても痛みを感じないのでしょうか。
ま・ここっつぁんなんぞは歯医者さんの麻酔でも切れかかった時に独特の情けなさを感じるのが常でありますが、くろヴぃすくんは手術当日に夕食を摂らなかったことで少々夜鳴きはしたものの、お散歩にはハッスル、ハッスルで、弱音を吐くことはなく、お散歩途中で近所のボクサー犬を見つけるなり黙って早足するくらい落ち着いておりました。絆創膏の下の傷口の抜糸は6月28日で、その日、ついでにワクチンも打っていただくことになりました。

さて、手術後第二日目、17日から朝と晩にお薬をくろヴぃすに与えなければならなくなりました。ですが、ま・ここっつぁんは犬に薬を与える術を知りません。おともだちからチーズに混ぜて与えるとよいと教えられたので、早速、チーズを買ってきました。
b0051172_21235882.jpg

写真のほぼ中央にある鋭角な二等辺三角形がチーズです。大手スーパーマルシェオリジナルのブリチーズで、200gで90サンチームでした。きょうの朝、このチーズを人間の一口サイズほどに切り、真ん中に切り込みを入れ、お薬をしのばせ、(以下、大切)お椀に置いてくろヴぃすに出したら、見事、騙されて食べちゃいました。

はーーーーー、良かったあ。


そして、お昼にはお庭でくろヴぃすとレアたんがチューしていました。

はーーーーーー、良かったあ。


b0051172_4123553.gif
le 17 juin 2011, Hervé
[PR]
by macocotte | 2011-06-17 21:28 | クロヴィスさまのお通りだいっ! | Comments(4)
割礼ではないけれど、
きょう6月15日はくろヴぃすくんが宦官となるための手術日なのです。
b0051172_1622463.jpg

そんなことはつゆ知らず、前日のくろヴぃすくんったら、仰向けお眠り王のネストールもヴぃっくりするほど大らかにお昼寝でした。

そして、一夜明け、2011年6月15日早朝、くろヴぃすは隣村の獣医さんちにドナドナです。
獣医さんとのお約束の時間より少し早めに着いたので、獣医さんちのすぐそばで開かれている朝市に行くと、これから店開きするお肉屋さんのムッシュウにこねくり回すようになでられて大喜びです。
b0051172_16261384.jpg


何も知らないくろヴぃすくん、獣医さんちの受付で、ちょこーん。
b0051172_1627119.jpg


受付を済ますと診察室へ移動しました。
もう諦めの、ソーセージと化しましたです。
b0051172_16283477.jpg

どうやら執刀は女医さんで、ま・ここっつぁんとお別れ前にくろヴぃすが診察台に乗ったところ、体重は15kgでした。

b0051172_16295623.jpg
ボク、なにされちゃうの?



へへへ、くろヴぃす。
きょうの夕方、お迎えにくるからね。ぢゃーね、ばっははーい。ε=ε=┏( ・_・)┛


b0051172_4123553.gif
le 15 juin 2011, Germaine
[PR]
by macocotte | 2011-06-15 16:31 | クロヴィスさまのお通りだいっ! | Comments(4)
Σ( ̄△ ̄; あ、忘れてた。
Cookie あらためくろヴぃすとの生活、第九日目にして気づけました。
b0051172_17154585.jpg

(=^・^=) なので、加えました。増えました。

b0051172_17164756.jpg


くろヴぃすくん、明日は宦官手術の日です。
午前8時半、獣医さんちにドナドナ。
今晩は午後7時以降、絶食であります。(`・ω・´)キリッ

le 14 juin 2011, Elisée
[PR]
by macocotte | 2011-06-14 17:17 | La solidalité 連帯ココんち | Comments(2)
犬の学校 Education Canine
Cookie あらためくろヴぃすがココんちで第六日目の夜を過ごし、夜明けを迎えた日、
くろヴぃすは「犬の学校 Education Canine」に行きました。
b0051172_5223152.jpg

6月も十一日目だというのに、青空は見えてもかなり肌寒い午前中でした。


b0051172_5224861.jpg

はじめての参加なので、他の犬犬と一緒に勉強する授業前に、くろヴぃす個犬で先生による試験を受けました。初対面だというのに、甘えた態度を取ると蹴りを入れられるという過保護ママなら激怒間違いなしのスパルタ実技試験でした。


b0051172_5235741.jpg

試験ではくろヴぃすにどれだけの社会性が身についているか見ていただき、その後、他の先輩犬(と言っても、年齢では多分、1歳2か月のくろヴぃすが一番上)に混ざって一時間半の授業を受けました。

基本中の基本は、
Au pied!  おっ、ぴえぇええっ! (歩行、不動共に飼い主の足横を維持する)
Assis !    あっし! (お座り!)
Couché !    くぅしぇえっっ! (伏せ!)
Pas bouger! ぱっ、ぶぅぢぇえっっ!  (動くな!)
Pas toucher! ぱっ、とぅしぇええっっ! (触るな!)
の5台詞で、最後の「触るな」以外は最初にまず犬の名を呼ぶことが義務付けられています。

これ ↓ は先生の元から飼い主の元まで行き、Au pied までおこなう訓練です。
b0051172_5243173.jpg

くろヴぃす、けなげにがんばっていました。
私は生まれて初めて犬の学校を見学しましたが、もしかしたらくろヴぃすは既に経験したことがあるのかもしれません。

おやつのビスキュイを投げてダイレクトに口の中に納めることを成功してしまった(これはしてはならないことでもある)以外、他の訓練ははじめてだろうに全てそつなくすることができ、一緒の授業に参加した飼い主さんたちから誉められました。えへへ。

le 12 juin 2011, Guy
[PR]
by macocotte | 2011-06-12 05:24 | 間違えて『犬飼い』への迷い道 | Comments(2)
誰のために用意したのかわからなくなってしまった。
サークルの習慣がまだ浸透していない仏蘭西で探した「なんちゃってサークル」です。
b0051172_21533245.jpg


箱を開けると、中身はこれ。
b0051172_21542119.jpg



中身を出した箱の中には、
b0051172_21544873.jpg
レアたん



下敷きマットをフェンスに留めないまま、設置してみました。
b0051172_21571211.jpg

最初の使用者は、組み立てた労働者の意に反して、ねっちんでした。


その日の夜、組み立てた労働者が予定どおり、くろヴぃすを夕食に招きましたが、
b0051172_2159150.jpg

夕食後、くろヴぃすはフェンスを上から飛び越えて脱走してしまいました。
なので、翌朝、フェンスのつなぎ目を上下ひとつずつ外し、押し開きのドアのようにしました。

第四日目の今日の朝、くろヴぃすに「ハウス!」の学習。身につくまでに何日かかりますでしょうか。

日中、くろヴぃすは庭にいるので、このサークルには猫たちがかわりばんこにやって来ては、くろヴぃすの臭いをかいで萌えています。特にレアたんが萌え猫キックの繰り返し。次にねっちんとちぐろ、ぷぅたんの順番でサークルの中に寄り道です。いねすは今回の場合でも「家猫の鑑」で、新入り猫についても涼やかというか、実はおっかなくて距離を置いているだけかもしれませんが、昨日からは窓辺でくろヴぃすを観察しているようです。

le 8 juin 2011, Médard
[PR]
by macocotte | 2011-06-08 22:04 | La solidalité 連帯ココんち | Comments(2)
きょう、犬にやられました。
買い物から戻ったら、こんなことになっていました。
b0051172_5535282.jpg

オリーヴの鉢、リンゴの苗鉢が倒され、シクラメンの鉢は中をほぢくり返されていました。
リンゴは昨年9月にスペイン・バスクから持ち帰ったリンゴの実から取った種を蒔き、今日まで生きている最後のひと苗で、死んでしまっては泣くに泣けません。すぐ土を乗せましたが、どうか無事でありますように。

そして、ほぢくり返されたシクラメンの鉢。
中の球根がなかなか見つからず、これはもしかしたら食べてしまったのかと、すぐにこんぴーた部屋に戻って犬とシクラメンについて調べたら、何でもシクラメンの根に毒があるとか・・・引き取って第三日目で昇天なんてあまりに申し訳ありません。

ココんちの向かいの犬飼い歴十数年のムッシュウと会ったので、くろヴぃすがシクラメンの球根を食べてしまったかもしれない、シクラメンの球根には毒があるだね、と話したら、すぐに吐き出していないならまず大丈夫だとおっしゃる。んなことないっぺよっっ!と焦りつつ、庭に戻ったところ、なぜか先ほどは見つからなかったのに犬小屋の中にゴロンとシクラメンの球根がありました。ムッシュウの協力でくろヴぃすの気をそらしている間に犬小屋から球根を取り出したところ、球根のくぼみに3cm近い毛の生えていない毛虫のような虫がたかっており、もしかしたらくろヴぃすはこれが気持ち悪くて食べなかったのかもしれません。思い出してもおぞましい虫でしたが、感謝せねばなりません。

・・・・それにしても、犬飼い、疲れます、はい。

b0051172_4123553.gif
le 8 juin 2011, Médard
[PR]
by macocotte | 2011-06-08 06:04 | クロヴィスさまのお通りだいっ! | Comments(2)
きょう、犬が来ました。
あきらめましょう」と書いたのに、動物愛護協会に通いに通って、悩みに悩んで、結局、ま・ここっつぁんの第一印象でこの犬がココんちに来ました。
b0051172_238739.jpg
Cookie という名前でした。


前の飼い主から引き継いだCookieの健康手帳とパスポートです。
b0051172_23384241.jpg

2010年4月5日生まれのCookieくん、きょう2011年6月5日からココんちの一員です。

6月5日の午後3時手前、動物愛護協会からココんちまでの移動中のCookieくん。
b0051172_2393778.jpg



ナオくんの時と同様、お台所のガラスごしではありますが、
b0051172_23422265.jpg

b0051172_23424151.jpg

ココんちの猫(3+1)+1匹とも対面しました。
猫たちは現在も、気になって、気になって仕方なく、東側の窓越しにずらららーっと並んでいます。

Cookieくんの名前はココんちではクロヴィス Clovis です。
フランク王国のクロヴィス王からいただきました。
仏蘭西の暦でクロヴィスの名前のお祝い日は8月25日です。

一度はCookieを諦めて、他の身寄りのない一歳くらいの雌犬を引き取ることにほぼ決定でしたが、その時、動物愛護協会の職員さんにCookie の引き取り手がまだ見つからないのかと私が尋ねたら、職員さんから「おそらく一生、仏蘭西国内の動物愛護協会をたらいまわしにされて一生を終えるだろう」と返事をもらったのです。
このお話については、また後日(の予定) m(_ _"m)


b0051172_4123553.gif
le 5 juin 2011, Igor
[PR]
by macocotte | 2011-06-05 23:10 | クロヴィスさまのお通りだいっ! | Comments(2)
一年もたなかった。orz
アレ から一年もちませんでした。
既にここまで悲惨な状態。
b0051172_1573070.jpg


近所の園芸店の犬猫コーナーでバーゲンで出されていたキャットツリー L'arbre à chat を見つけたので、この機会に買いました。何事も最初のお品定めはぷぅの棟梁ざんす。
b0051172_20322.jpg
b0051172_212944.jpg

箱の中まで確認したぷぅの棟梁がねっちん、レアたん、そしてま・ここっつぁんに役割を分担。
b0051172_224284.jpg


・・・・・( ̄□ ̄;)エ? あたしひとりにやれ、と?


b0051172_235341.jpg
終わったかね?ご苦労


ぷぅの棟梁による確認作業です。
b0051172_25943.jpg

イイ仕事だとイイのですけれど・・・・。
b0051172_253579.jpg
おい、ちびすけっ!どこでサボってた?あん?

b0051172_263833.jpg

組み立てた初日はとりあえず二代前のキャットツリーの一部分と一緒に西側の窓際に置いてみました。
なぜかねっちんとちぐろがこの西窓から往来観察をするのが大好きなのです。
この写真のように設置してすぐ、ねっちんは一番左の棚に乗り、しばし往来観察を楽しんでいました。

前回 より爪とぎ部分が多いので一年以上持つことを切に希望します。

le 3 juin 2011, Kevin
[PR]
by macocotte | 2011-06-03 02:11 | La solidalité 連帯ココんち | Comments(2)