<   2014年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
理由を教えてくれないけれど、
ココ半月、ぴーたんは日がな一日、ココにいます。
b0051172_20245982.jpg
体重計の上

あらま、どうして、なぜなぜ?
ぴーたんの体格だと体重計の体積が安定しているのでしょうか?
というのも、この体重計。
しばらく前に購入したものの、どうもココんちのデブ♂♀との相性が悪く、エマウスに寄付してしまおうと考え、廊下にポイっと置きっ放しなのです。そうしたら、ぴーたんがいつも乗っているようになり、寄付し難くなってしまったのです。

b0051172_20284097.jpg

わざわざ乗って、くつろぐ場所とは思えないのですけれど・・・・
まっ黒猫ぴーたんは理由を教えてはくれないのでした。

b0051172_16571415.gif
le 27 juin 2014, Cyrille
[PR]
by macocotte | 2014-06-27 20:30 | ピヲは粒六、まっ黒ぴーたん | Comments(0)
ぷろすぺえると一緒に「ぷろすぺえるの日」
b0051172_15195347.jpg
ども、ちょっとブレぼけてますけれど、ボク、ぷぅたんです。

おはようございます。
2014年6月25日の朝を迎えたココんちであります。
こんにち6月25日は仏蘭西の暦によりますと、Saint Prosper のお祝い日なのです。ほれ、証拠 ↓
b0051172_15212621.png

昨晩の天気予報から「明日はプロスペエルさん、おめでとうございます!」など予報士さんが繰り返していたので、ココんちでも覚悟!朝一番でカメラを構えたま・ここっつぁんなんでありました。
b0051172_1525737.jpg
こ汚い台所、丸見えです。望遠で撮ってくりょう!


てなわけで、ぷろすぺえる Prosper のお名前記念日をぷぅたんと迎えること12回目となりました。
b0051172_15514065.jpg
あらためまして、ども。ボク、ぷぅたんです。

今年の9月10日で共に暮らし始めて13年目になるぷろすぺえるですが、
b0051172_15533429.jpg

目ヂカラも、中華ヒゲもそんなに衰えていないように思います。
b0051172_15541763.jpg


ぷぅたんにとって「いとしのいねす」が先に衰えてしまい、本当にかわいそうで気の毒なのですけれど・・・
というのも、先日のいねすの発作直前まで毎日、ぷぅたんといねすはいちゃついていましたから・・・。
いねすより少し年上のぷぅたん、それでも希望を見失わずに日々過ごしていただきたいものです。
b0051172_15563375.jpg
希望を凝視。 ぷろすぺえる


b0051172_175095.gif
le 25 juin 2014, Prosper
[PR]
by macocotte | 2014-06-25 15:56 | ぷぅたんプロプロぷぷろぷぅ | Comments(2)
余命宣告
18日午後5時半すぎ、退院後帰宅まもなくのいねすさんです。
b0051172_1111983.jpg
かわいらしい写真が撮れました。


実はおとといまで元気だったいねすさんが、17日の朝から突然歩行困難になりまして、午後一番に外来に運びました。17日朝の症状は2月7日と同じく千鳥足に始まり、腰がぐるんぐるんと揺らぐ感じになり、歩行やお手洗いが難しくなったのです。先生の前の診察台に乗っても、いねすは腰砕けのようなポーズになり、先生からは脳神経の問題だと推測されるので、その治療薬(錠剤)を出すのでおうちで飲ませてくれまいか、とのことでした。私にちょっと自信がなかったので私から一日入院を希望しました。(ただし、入院前、歩行困難ではあったけれど、食欲も旺盛、私が名前を呼ぶとしっかり目を合わせるいねすさんでした)

この写真 ↓ は昨日17日、入院直前のいねすさん。上の写真と比べるとぐったりしているように見えます。
b0051172_118932.jpg

18日のお昼手前、獣医さんとの電話でいねすの顎に腫瘍があることを知らされました。レントゲンでわかったとのこと。もし昨日、入院をお願いしなければ腫瘍についてわからないままですから、運が良かったと思います。18日の17時に迎えに来るようにとのことでしたので迎えに行きましたら、助手の方からいねすの腫瘍は下顎の骨にあるそうで取らず、口腔内の目に見えている炎症だけを治療しました、とお話をいただきました。先生からも助手さんからもいねすの食欲が旺盛なので極度に悲嘆せず、それでも少しずつ死に向かっているのでそれなりの覚悟をもって関わってくださいとお話をいただきました。いねすの余命は2~3か月、もしかしたら半年くらいもつかもしれないそうです。

さて、18日午後遅く、ココんちに帰宅したいねすさん。
私がキャリーバッグの開閉にてこずっていたら、自分で頭突いて扉を開けて出てきました。本当にいねすは内弁慶です(飼い主としてはうれしい限りですが)
飛び出してからのいねすは落ち着きがなく、多少ゆらゆら揺れてはいるものの、昨日よりはしっかりした脚で部屋中を歩き回り、果てはぴょんぴょんと部屋の最も高い場所にあるカフェに行ってしまいました。
b0051172_1283513.jpg
ひゃあ、こりゃ、奇跡のようです。


棚の上にせっかく昇ったのに、すぐにぴょんぴょんと降りてきて、私のそばに来ては頭突きを繰り返すので、試しにご飯(85gのムース缶)を出したら、なんとぶひぶひうなりながら食べ始め、あっと言う間に「ごちそうさま」。毛づくろいをした後、また私に頭突きをするので、もう一缶開けたら、すぐに舐め始めました。
b0051172_13483.jpg

いねすさん、カラ元気なのでしょうか?
食欲旺盛ですし、毛づくろいもする。
本当に顎に腫瘍があるのでしょうか・・・・

なんてね。
たぶんおととい元気だったいねすが昨日の朝突然様子がおかしくなったように、今後もこういう急な変化の繰り返しではないかと想像しています。
18日の午前中の獣医さんからの電話以降、不安定な私ですが、午後になってくろヴぃすと散歩しながら、私もいずれ死ぬんだし、この世の全ての生物は生まれた瞬間から死に向かって進んでいるのだから、いねすとの残りの時間をできるだけ善く過ごすしかないのだ、と決心に近いものを自分に感じ取りました。

いねすが私と目を合わせてくれる、頭突きをして甘える、ご飯を食べてくれる・・・何もかもいねすから「わたしはまだ生きていたいの」と意志を私に示しているのだと思います。

ごはんも毛づくろいも舌を使いますが、大丈夫なのかしら、いねすさん。
b0051172_1335592.jpg

ココんちあたりではペットシーツが見つけられませんが、なんと獣医さんの病院スペースの棚に見つけたので、お願いしてゆずっていただきました。大盤の方。こりゃ、ありがたいです。おもらぴっこも幾分安心。

たった一日の入院でしたが、気のせいか、いねすさんの毛もしっとりしているし、目ヂカラも強く、こうして午後遅くなのにご飯もよく食べ、お水も飲んで、部屋中を上下左右にくまなく歩いてはいつもの場所で小休止。やっぱりおうちが一番なのよね、いねすさんには。ひさしぶりにお尻ぺったんこポーズまでしてくれたいねすさんです。
b0051172_1523858.jpg


b0051172_16571415.gif
le 19 juin 2014, Jude
[PR]
by macocotte | 2014-06-19 01:46 | いねすネネネネねねねのね | Comments(4)
推定誕生日
6月もあっという間に後半。
今週末には夏至の日を迎えることになります。
b0051172_13432513.jpg

6月に入り、ようやく陽光がココんちの中に射す日が増え、暖房も止めることができました。


兎にも角にも日向が大好きなちぐろくん。ひなたぼっこ猫でありんす。
b0051172_13502619.jpg

もともと、ちぐろくんはココんちへの通い猫で、本宅はココんちから北の方向三軒先のおうちでした。当時、2008年年末でしたか、ちぐろくんの飼い主さんに未だ子猫の体型のちぐろくんの年齢を尋ねたら、生後半年と言われた記憶があります。
となりますと、今月6月はちぐろくんの誕生日月になります。
あれは2008年でしたから、今年6歳でしゅか・・・・あらまぁ。

ちぐろくんと暮らし始めて5年とちょいになりますが、ひとなつっこさはココんちの猫の中で一番ではないかと思います。しぐさも男子猫なのに女子猫顔負けの愛らしさ。なぜに前の飼い主さんから諦められたのか今でも納得行かないままですけれど、前の飼い主さんが諦めてくらしゃったおかげで、ココんちはちぐろくんの愛らしさに癒され続けています。
b0051172_135981.jpg
そりゃ、よかったにゃあ。


ココんところ、ちぐろくんにもおもらぴっこ疑惑が実は発生してはいるのですが、いねすさんの闘病などもあり、老いて行く猫とのつきあいについてピリピリと考えることが増えました。ちぐろくんは未だ6歳、もう6歳ですが、6年前の子猫のままでは決してないのであると自分に言い聞かせるま・ここっつぁんなんでありんした、まる


b0051172_18545789.gif
le 18 juin 2014, Léonce
[PR]
by macocotte | 2014-06-18 14:02 | ちびチボちぐろ | Comments(0)
ワクチンぷっちゅんやら、検診やら
きょうの朝、お昼少し手前、獣医さんに行ってきました。
b0051172_21362838.jpg

こんにちはこちらのお三方。
左から邪横柄王くろヴぃす、まっ黒猫のピヲ小黒粒六、ほぼ黒猫のいねす筆子さんでありんす。

くろヴぃすとピヲは年に一度のワクチン接種と簡単な健康診断。

昨年の同時期、体重が20kgになってしまったくろヴぃすの体重が首輪含めて16.8kgに減り、獣医さんにほめられました。この体重を維持する生活を心がけるようにと。そして、なげかわしいことにくろヴぃすのお毛毛から蚤。これは今の時季はシーズンでもあるので、散歩に出る犬には致命傷らしいです。年に一度でもあるので、きょうは虫くだしのお薬も出していただきました。(チーズにはさまなくてもペロっと食っちまったバカ犬でした。←お墨付き)

続きまして、ピヲ小黒粒六、
体重4kg。これまた理想体重らしく、獣医さんから現状維持を命じられました。そして、以前から気になっていたピヲの目について、です。瞳孔が猫らしい線になったことがないピヲですが、きょう、診察室で光を当ててもやはり少しだけ瞳孔が小さくなる程度。おそらく視力が弱いのかもしれませんが、ピヲは血統あるエラい猫ではありませんし、完全室内生活の猫なので今の生活に支障ないならば別によろしいんぢゃねぇの?ということに(きょうは)しました。

そして、こんにちのトリはいねすさん。
b0051172_21442660.jpg

ココ二日くらい、瞼が落ちたままでしたが、きょうは朝から目ヂカラ強いし、食欲旺盛。
こうして診察台に乗ったところで、獣医さんにまでシャーシャーっと威嚇するほどで、最もぐったりしていたいねすを知る獣医さんはきょうのいねすの様子にご満悦で、飼い主である私にも希望の言葉をくださいました。(感涙) 
きょうのいねすさんの体重は3.2kg。前回の5月14日とほぼ横ばいの体重です。
お口の中を見ると、両奥が少し赤くなっていたので、今回もいつものお注射を二本ぶち込みました。今回のいねすの検診は4週間ぶりで、この4週間の間、いねすの食欲は午前中に猫缶2つをきれいに食べ終えることを維持していたので2月の発症時から少し診察のペースが遅くなったことになります。きょうはくろヴぃすとピヲのワクチンのついでにいねすも診て貰おうと連れて行きましたが、ご飯については体重が3.2kgなので日に猫缶2缶の食欲ならば「それでよろし」とのお返事でした。

実は私が素人なので、前回5月14日のいねすの診察後、しばらく元気が良かったこともあり、ムースではなく少し固めのテリーヌ缶ばかりいねすに出していましたが、数日後に少し食欲がなくなり、野菜と肉のムースの缶だけを出すようにしました。なぜかというと、ムースだと歯と顎をほとんど使いません。テリーヌはやわらかいけれど、どうしても顎と歯、歯茎を動かさなければ食べられません。(それだけに元気にテリーヌにかぶりつく姿はかわいらしくもある)。この一か月、私が反省したことはいねすの食べ物で、なんと申しましょうか、注射を打ったとは言え、口内炎持ちのいねすにテリーヌ缶を出すことは、私たちに例えると治りきっていないかさぶたをはがすようなことではないかと思えてならないのです。4週間ぶりの検診で両奥が少し赤くなっていましたが、右奥の炎症は以前よりは小さくなっているように今朝は見えました。ムース缶はお肉だけのムースだといねすは下痢を起こしますが、野菜とお肉のムースだと下痢にならず、お通じも良いし、毎朝、必ず2缶をきれいに食べ終えてくれるので、このまま続けていくことにします。

ふぅ。

le 11 juin 2014, Barnabé
[PR]
by macocotte | 2014-06-11 21:58 | La solidalité 連帯ココんち | Comments(2)
雨上がりの朝、雨戸を開けたら、
一番のお猫さま。
b0051172_22291860.jpg

ずぅうううっと木の高い方を見入っていました。
b0051172_22302314.jpg

木の茂みに小鳥が集っているのでしょうか?
それとも、木の葉を伝う雨のしずくが気になるのでしょうか?

窓を開けても逃げませんでした。
b0051172_22314381.jpg

たぶん、たまにココんちの前を横切る猫です。
レアたんと柄が似ているので、勝手に「レオ」と私が名づけた猫です。

レオの来訪から30分ほどして、窓の外を見ると、今度はきょう二番目のお猫さま。
b0051172_22335691.jpg
く、ろ、ね、こ

この黒猫はココんちの斜め前のおうちに住む黒猫です。赤い首輪をしており、日頃、レオとじゃれていることが多いです。30分の間にレオから何か情報をもらったのでしょうか?
しばらくして、また窓の外を見たら、斜め前のおうちの黒猫さんは位置を換えて、
b0051172_223619.jpg
ぼけーっと木の高い所に見入っていました。


・・・・・いったい、木の高い所には何が????


le 9 juin 2014, Ephrem
[PR]
by macocotte | 2014-06-09 22:38 | 通りすがりのあの方この方 | Comments(4)
あいもかわらず、怪犬
b0051172_22225868.jpg
もう、ボク、へろへろです。

昨日までの強風と雨が止み、空は青く、陽光さす6月5日の午後。
こんにちは2014年ですから、2011年6月5日から丸3年を迎えました。
はい、ココんちの邪な横柄王くろヴぃすと一緒に住み始めて丸3年。

最初は何もわからず、ヒトの赤ん坊用の安全フェンスの中にくろヴぃすを置いてみたり、ご飯の作法がなっちゃないので長い間、ガレージでひとりご飯を試みたり、あれをやっては失敗し、これをやっては諦めての繰り返しで3年経ってしまいました。

正直、犬は猫に比べるとシンドイです。

が、猫とは別のツボで「良い友達」であります。
やっぱりヒトだろうが、猫だろうが、犬だろうが、外見より魂が勝負、毎日共に生きていく上で何より大切なんだとつくづく思うこの頃です。
b0051172_22285121.jpg

そんなわけで、3年目を迎えた6月。
来週はワクチンのお注射に行かねヴぁならないくろヴぃすなのでありました。
去年は肥満傾向だったので、いろいろ食生活を変えてみたりしましたが、どうか改善されていますように。

b0051172_4123553.gif
le 5 juin 2014, Boniface
[PR]
by macocotte | 2014-06-05 22:31 | クロヴィスさまのお通りだいっ! | Comments(2)