「グリズリィ熊五郎」と勝手に名づけたのだった。
それにしても、ココんちは黒猫が寄る家なのであります。
理由を知りたい。でも、知れない。

ココんところ、晩秋になって、ココんちにまた黒猫が寄るようになりました。
この半年、ココんちの玄関前を横切る黒猫はココんちの玄関右斜め前の家に引っ越してきたヤングなカッポーの飼い猫だと知っていますが、ココんところココんちにやってくる黒猫は明らかに別の黒猫なのです。
b0051172_1545205.jpg

ほれ、窓の向こうに、その黒い猫が現れた!
この黒い猫、どんれくらい大きいと思われますか?

そもそもなぜ私がこの黒猫に気づいたのかと言うと、朝早く、ココんちの猫しかいないリビングからどすん!と大きな物音が聞こえてきたことがきっかけです。猫がまた何か悪さをしでかしたあっ!と私がすっ飛んで行くと、家の中で倒れている家具も鉢植えもありません。ふと、窓の方向を見ると、カーテンの向こうにうっすらと大きなシルエットが映っている・・・勇気を出して、カーテンをめくると、そこにこの黒猫ですわい。逃げない。
逃げるどころか、後ろ足二本で立ち上がって、ぐいぃいいいんと伸び上がり、窓ガラスに「どすこいっ」とばかりに上半身をぶちつけるのです。この瞬間を写真に撮りたくても、まだ成功しないままであります。

その後ろ足二本立ちで窓ガラスにぶつかるとゆうに80㎝くらいの高さになり、しかも、この黒猫のしっぽですが、直径5cmは軽くあるほど立派なしっぽなのです。この写真だとしっぽの太さがわかりますか?
b0051172_1553188.jpg

この写真は、窓越しで邪横柄王くろヴぃすに威嚇された黒猫がびょいんっと身を翻し、ちょびっとだけ窓から離れ、車のそばからこちらの様子を伺っているところです。くろヴぃすの大きさと声にヴぃヴぃりながらも、そう大してヴぃヴぃっているわけでもないように見えます。

この黒猫、どういうわけか午前8時半前後にココんちの西のこの窓の向こうに現れます。11月のはじめに近所で数件、お引っ越しによる入れ替わりがあったので新しい住人さんの飼い黒猫なのでしょうかねぇ。
兎にも角にも、この黒猫が窓に思い切りぶつかる瞬間の音と、後ろ足二本立ちの際の巨大シルエットは前世紀に話題になった「グリズリィ」という巨大熊が主人公の映画ポスターそのものです。なので、私は勝手にこの来訪黒猫に「グリズリィ熊五郎」と名付けました。
b0051172_15595431.jpg

と、名付けたものの、実は今のところ、このグリズリィの性別は不詳のままです。
が、後ろ足二本立ちした時におへそより下の下腹部に白い逆三角形の毛が生えていることには気づけました。だから、グリズリィは「真っ黒猫」ではなく、「ほぼ黒猫」です。

この写真を撮った後、ココんちあたりでは氷雨の雨季が始まったことで、グリズリィが寄ってくれなくなりました。まったく姿が見えなくなると寂しいし、心配が始まるのでつらいですが、グリズリィよ、どこかで無事でいてくれますように。


le 13 décembre 2016, Lucie de Syracuse
[PR]
# by macocotte | 2016-12-13 16:04 | 通りすがりのあの方この方 | Comments(0)
ココんちの敷居を跨いで丸5年
になりました。ピヲ
b0051172_22181185.jpg

兎に角、カメラが嫌いなぴーたんです。
カメラ好きな黒猫だってこちらにとっては写真を撮るのが難しいのに、ぴーたんの場合、カメラを向けるだけですぐに背を向け、そそくさ逃げるのが常です。こうして向き合って写真が撮れたところで、どこかブレてしまう・・・ううう、泣けるやね。

b0051172_22202943.jpg

この写真は最近のピヲのお気に入りの場所で、なぜか縦長に不安定に置かれた旅行かばんの上です。なぜ気に入っているのだろう・・・。本当ならば足場がぐらぐらゆれるだけで猫は苦手なのではないかしら?

ココんちにとってピヲ小黒粒六は一番最後に引き取った動物です。ですから、ピヲは今日までずっと末っ子のまま。どこか上の3猫に遠慮しがちに、周囲の様子を見計らって甘えにやってくる猫です。この5年を振るかえると、一度ココんちの敷居を跨いでから決して外に出ようとしません。あいかわらず。
年に一度、ピヲはワクチン接種のためにココんちを出ますが、そのワクチン接種を行うと翌日は一日中、何も食べられないほどぐったりしてしまうので、来年からはピヲのワクチンを止めようとも考えています。もしそうなったら、一年中一度も外に出ない黒猫になってしまいますね。

いいのかなあ。

でも、あのぐったりした様子を見ているこちらはつらいです。

今は推定5歳半未満ですが、毛並みもつやつや、身体もがっしり。
おそらく猫生で一番イケ猫のお年頃なのかもしれません。
私はピヲの独特な、のどを鳴らす音が大好きです。


b0051172_16571415.gif
le 26 novembre 2016, Innocent d'Irkoutsk
[PR]
# by macocotte | 2016-11-26 22:29 | ピヲは粒六、まっ黒ぴーたん | Comments(2)
いいニャンニャンの日に
見ぃつけた!
b0051172_2235996.jpg

今年のボヂョレ・ヌゥヴォ(らしき)ワインなのですけれどね。
その名も、
b0051172_2233233.jpg
Le Chat Rouge  い猫!!!


かわいくて飲めません。
もし飲めたとしても、この壜を捨てるなんて・・・今のところ「できない」と思ってる。

そもそも、栓を開けるのが難しい。だって、
b0051172_2292860.jpg
肉球だらけ。


しばらく飲めないな、こりゃ。


le 22 novembre 2016, Cécile de Rome
[PR]
# by macocotte | 2016-11-22 22:02 | Buvons un coup?ちょと一杯 | Comments(0)
ネコが嫌いで、ヒトが大好きな猫
それは、ココんちのねっちんです。
b0051172_16491713.jpg

年々、ねっちんの猫嫌い度が加速しているように思えます。

2005年5月に中途半端な体型でココんちに住み始めたねすとおるですが、当時は推定で最年少だとしても1歳。だとすると、今年は最年少と見てもねっちんは12歳になります。

ねっちんがココんちの犬猫の中で最も喧嘩をするのが、ねっちんよりおそらく年長であろうぷろすぺえるで、毎朝、私を起こす目的もあるのか、必ずねっちんとぷぅは派手な喧嘩をします。そして、夜は私にぺっとりくっつきたいがために、先に私の周囲にいるちぐろとボコスカするという。

そもそも2005年に引き取った時から「玉無しの野良猫」だったことで、玉所有の野良猫に比べるとねっちんは「弱い猫」だったと推察できますし、なぜ「玉無しなのに野良猫なの?」と疑問を誰しも持つわけですが、当時の住まいの近所のマダムたちの推論では、おそらくねっちんは高齢者に飼われていて、その飼い主が病気または死亡したことでいとも簡単に市井に捨てられたのではないか?そうでなければ、元の飼い主が離婚したことで思い出につながるねっちんをポイっと捨てたのではないか?というものでした。

なんだか、ヒジョーにおフランス的な推察だと思うンですけれど、兎に角、ねっちんが「玉無しの野良猫」になるまで、おうちの中でニンゲンさまに愛おしく育てられていた唯一のペットだったとすると、なんとなーくではありますが今、10年以上過ぎて、老猫となったねっちんの嗜好、猫嫌いのヒト好きが「子供時代に戻っている」のはわからなくもありません。野良猫時代にボコスカ殴られてばかりだったのであれば尚更のことです。

ねっちんに甘えられることは私としてはうれしいことですけれど、爪を立てることと鼻水をすっ飛ばすことだけ止めてくれないかと思うのですが・・・無理だわな。ねっちんの程よい体温で腰痛緩和に感謝します。


b0051172_18545789.gif
le 19 novembre 2016, Tanguy
[PR]
# by macocotte | 2016-11-19 17:16 | ねねね、ねすとぉっっ! | Comments(0)
ねっちんの横取り
今年の春先までレアたんの早朝エステティックサロンだった所、
そして、こうして冬を迎えて暖房を入れた途端、ぷろすぺえるが毎朝好んでいたレアたんの居場所を、
b0051172_1526247.jpg

とうとう10月24日の朝、ねっちんが横取りしてしまいました。
どうしたもんぢゃろのぉ。
ねっちんは必ず、ぷろすぺえるが気に入り、くつろぐ場所を横取りします。

そして、この写真のねっちんのメジカラが強くて、どこか落ち着きがないのは目線の先に邪横柄王のくろヴぃすがいるからです。

ねっちんはヒトで言うところの「ひとりっ子気質」のように思います。
困った猫です。もっとみんなたちと仲良くしておくれよ。

b0051172_18545789.gif
le 24 octobre 2016, Florentin
[PR]
# by macocotte | 2016-10-24 15:39 | ねねね、ねすとぉっっ! | Comments(2)