タグ:ココんち ( 441 ) タグの人気記事
レアがいない、8月15日
b0051172_15341650.jpg

こんにちは2016年8月15日です。
2002年8月15日の早朝、南仏の旧ココんちの5階の玄関前にいた泥だらけの子猫と住み始めて14回目の8月15日。去年までその泥だらけだった子猫と一緒に8月15日を過ごしたのに、今年はその泥だらけだった子猫ちゃんがココんちにいません。今年の5月27日に一人旅に出てしまったからです。

泥だらけだった子猫はレアと名づけられ、ずっとココんちのアイドルのような存在でした。

そんなアイドルなレアたんがココんちを去ったとは言え、ココんちには今を生きるものたちがおり、私はレアのことを忘れてしまいそうなほどでしたが、どういうわけか、先週からレアについて思い出しては寂しく思う機会が増えました。レアたんロス、再び・・・と感じ取ったところで、今日8月15日を迎えました。今は旧盆の最中なので、レアたんもココんちに戻ってきているのでしょうか。レアたんにとって初盆だものね。ココ数日、どうにも生前のレアが好んでいた場所、ポイントを見とめては「レアたん恋しや、ほーやれほ」の私です。

不思議なもので、この数日。
ココんちで、普段気にも留めなかった場所にレアたんの幻影を見つけると、直後にレアたんの声を生々しく思い出します。困ったもんです。

きょう8月15日は仏蘭西の国定祝祭日で「聖母被昇天」のお祝い日です。
仏蘭西共和国の筆頭守護聖人である聖母マリアの肉体と霊魂が天に昇った日にあたります。
レアたんも天国に昇ってしまったのね・・・とあらためてしんみり。


b0051172_1653274.gif
le 15 août 2016, Assomption de la Vierge Marie
[PR]
by macocotte | 2016-08-15 15:45 | レアたんレアレアれれれのれ | Comments(4)
真夏のぎゅうぎゅうづめ
週末の朝、真っ黒ぴーたんがこんぴーた部屋上空の段ボールハウスの窓から首を出し過ぎていました。
b0051172_0513769.jpg
そんな真っ黒なお目目でこっちを見ないでよ。

それにしても、窓からこんなに首を伸ばしたぴーたん、初めて見ました。
そんなところに突然、掃除機のエンジン音が響き、驚いたぴーたんはハウスからあわてて飛び出してしまいました。空き家のはずの段ボールハウスに、なんと!
b0051172_056847.jpg
ちぐろくん!

あらまあ、こんな暑苦しい時季に、狭いダンボールハウスに2猫がいたとは!


そんな隙間ができたダンボールハウスの中を更に上空から覗く猫一匹。
b0051172_0595284.jpg
ねっとぅいぃいいいん

なのでした。ねっちんがいる場所はこんぴーた部屋の最上階で、この夏はねっちんのお気に入りの場所です。
涼しいだろうと思いますが、私には体験できません・・・。
残暑おみまい申し上げまする。
どうぞよい夏を。  ココんち一同。


le 15 août 2016, L'assomption
[PR]
by macocotte | 2016-08-15 01:05 | La solidalite 連帯ココんち | Comments(0)
カーテンを替えました。
東の窓のカーテンです。
またも、猫柄。
b0051172_12610.jpg

トンボと遊ぶ2猫の柄で、うっすら色がさされています。
今までのカーテンは真っ白だったので、色付きにちょっと大冒険です。
b0051172_16519.jpg


どーせ、すぐ、猫たちが爪を立ててダメにしてしまうのでしょうけれど、しばらく楽しむことにします。


le 12 août 2016, Jeanne-Françoise de Chantal
[PR]
by macocotte | 2016-08-12 01:05 | Buvons un coup?ちょと一杯 | Comments(0)
最近の毎朝
ようやく夏らしくなったせいでしょうか。
毎朝、ココんちのこんぴーた机のそばでこのような様子を拝むことができます。
b0051172_0103086.jpg

ココんちの猫たちの朝食後1時間から2時間の間に、決まってちぐろくんがこのように窓越しから外の景色をしばらくながめるのです。ぷぅたんがすぐそばでこうして丸くなっていても、ちぐろくんは上手にヒーターの上に乗っかります。たいしたもんです。

ぷぅたんがこうして丸くなっている場所はレアたんのお気に入りの場所でした。
レアがいなくなった途端、ぷぅが毎朝ココで数時間休むようになりました。不思議なもんです。
b0051172_0174747.jpg

ぷぅたんとちぐろはこのように近づいても喧嘩にはなりませんが、これがねっちんだと相手がちぐろでもぷぅでもシャーシャーの喧嘩になります。ぷぅたんとの方がひどいかなあ。どうしてこんなに仲が悪いのだろうと泣きたくもなりますが、多頭飼いの運命なのか、いや、ココんちの猫が稀なのか。まあ、仲が悪いのは残念ですが、ぷぅもねっちんもそれぞれ良い猫なので「だからなに?」なンですけれどね。・・・深刻になれない性格w

b0051172_18545789.gifb0051172_175095.gif
le 25 juillet 2016, Christophe

[PR]
by macocotte | 2016-07-25 00:18 | La solidalite 連帯ココんち | Comments(2)
いねす三回忌。あれから2年、されど2年。
こんにちでココんちのほぼ黒猫いねすが最期の旅に出てから丸二年となりました。
正確には仏蘭西時間(日本時間から引くことの7時間)で13日から14日に変わる時にいねすが旅立って行ったのですが、ココではちょっと、数時間早目のエントリィ。
b0051172_1536506.jpg

いねすがいなくなってからこの写真を思い出すことが多くなりました。
アルバムをひっくり返してみたら2009年8月21日に撮った写真です。


いねすが一番美猫だった時代になりますでしょうか。
b0051172_15501285.jpg

ぢっと何かを見つめているのか、物思いに耽っているのか、陽光の下だと私のような素人でも黒猫を少しは美しく写真に撮れるようですね。

きっと今のいねすは永遠に広がる緑の草原でこうしてザ・ベストな美黒猫でいるのかもしれません。
この2年の間に、いねすの親友レアがいねすのそばに行きました。
正直、いねすが旅立った時、「私にはまだレアがいる。レアと私、オンナふたりでがんばろう」という強い気持を持つことで私自身を支えて来たのかもしれません。だから、今年5月27日にレアが旅立って以降、ココんちに私だけオンナぽつーんとひとりになり、どうにもそのムナしい気持から抜け出せないまま今日に至ってしまっています。ココんちに残る4男子猫はレアが発症した直後から妙に私に優しくなりました。でも、いねす、レアという女子仲間の完全な代理にはなりきれていません(当然ですよね)。

そして、この世においては偶然で、あの世においては必然なのかもしれませんが、きょう13日にココんところ排尿障害で苦しんでいるねすとおるへの抗生物質投薬が終わります。抗生物質投与を延長したことでかなりねっちんの排尿は改善されていますが、投薬完了後の明日から様子見です。これで再発したら、ご飯を排尿障害猫用のカリカリに変更するだろうと獣医さんから既にお話をもらってはいるのですが・・・どうかねっちんの病気が良くなりますように。

・・・・と、いねすがいなくなってたった2年だけれど、レアの他界やねっちんの病気などありました。
あらためて、ああ、私たちはこの世で生きている、日々を過ごしているのだと実感しています。


いねす、ありがとう。
b0051172_16231654.jpg



b0051172_16571415.gif
le 13 juillet 2016, Henri
[PR]
by macocotte | 2016-07-13 15:37 | いねすネネネネねねねのね | Comments(2)
またまた、ねっちん
先週28日の、午後4時過ぎの診察 から六日目のけふ、ねっちんは再び獣医さんにドナドナしました。
b0051172_17402526.jpg

3ついただいたお薬のうち、ひとつを終えた翌日の日曜から再びねっちんのもぢもぢクンが始まったせいです。
兎にも角にも猫が排尿障害を発症したら獣医さんに診ていただくことが大事です。

今朝は症状を話し、触診だけでなく血液検査を行っていただきました。
さいわいにも、血液に異常はまったく無し。膀胱も膨れ上がっていないとのこと。

先生がおっしゃるには、おそらく抗生物質が切れたことでの再発なので、今後も抗生物質を10日延長で続けましょう、という話になりました。なので、ねっちんは無事帰宅。

ねっちんの血液検査の時、一か月ほど前のレアたんと同じように首筋にバリカンをあて、毛を剃っての採血となりました。同じ姿を見ての私はちょっとつらかったです。
b0051172_17513577.jpg

帰宅後すぐにねっちんは抗生物質を飲み、それからこんぴーた部屋の一番高いところに上ってぼけーっとしています。

ねっちんのもぢもぢが少しでも治りますように。




b0051172_18545789.gif
le 4 juillet 2016, Elisabeth du Portugal
[PR]
by macocotte | 2016-07-04 17:52 | ねねね、ねすとぉっっ! | Comments(0)
今度は、ぷぅたん
ひとつ前のエントリーから半日ちょい。
きょうの朝一番で今度はぷぅたんが獣医さんにドナドナしました。
b0051172_1822247.jpg

午前8時半に獣医さんにぷぅたんを届け、そのまま。
今日は日帰りの検査入院ですね。午後3時以降に迎えに来るようにと助手さんから話がありました。

どうにもレアの突然の他界以降、私が神経質になってしまっているせいもあり、今回の健康診断となりました。
ぷぅたんは2011年9月に子猫で引き取りましたので、そろそろ15歳の誕生日を迎える頃にあたります。多分、よぼよぼのおぢいさんなのだと想像はしているし、覚悟もしているのですが、ぷぅは今も段差をこなせますし、時には思い切りの良いジャンプでこんぴーた部屋やお風呂場の高いところまで行き、くつろいでいるのですが・・・

昨日も具合の悪くなったねっちんと一緒にぷぅたんを連れて行き、体重も5.8kgと確認。先生にかなり強く抵抗もしたので先生から「元気」とお墨付きをいただきはしましたが、健康診断をお願いしました。

結果がちょっと怖いですけれど、一日も早く知った方がいいですよね。うん。



b0051172_175095.gif
le 29 juin 2016, Paul



【追 記】
お昼過ぎに獣医さんから電話があり、ぷぅたんの健康になんら異常ありません、とお話がありました。
本当?と疑ってしまいますが、元気で良かったです。あらためて、高齢猫のぷぅたんと穏やかに過ごしていきます。
[PR]
by macocotte | 2016-06-29 18:08 | ぷぅたんプロプロぷぷろぷぅ | Comments(2)
今度は、ねっちん
ねっちんがきょうの朝から具合良くないようなのです。食欲はいつもどおり、でも、変。
観察していたらおぴっこがねっちんの思うように出ないと思えるので、獣医さんに診ていただきました。
b0051172_0103328.jpg

きょうの体重は4.8kgだそうな。
触診で膀胱におぴっこが溜まってはいないそうで、今日は注射を一本打ち、お薬を三種類いただいて帰宅しました。お薬は二種類の錠剤(朝晩、5日間&7日間)とピペットで飲ませる液体です。ピペットで飲ませる薬はなんとかなりそうですが、どうにも錠剤が上手に飲ませられるかどうか、レアのこともあり、ちょっと私が緊張してしまっています。ああ、憂鬱。

兎に角、ねっちん、よくなりますように。



b0051172_18545789.gif
le 28 juin 2016, Irénée
[PR]
by macocotte | 2016-06-28 23:59 | ねねね、ねすとぉっっ! | Comments(0)
今日で、ひと月
レアたんが他界してから今日で一か月となりました。
私にとって偶然ですが、今日の朝、こんぴいたに火を入れ、フェイスブックを開いたら、5年前の今日、私がエントリーした写真が思い出として届いていました。

それがこの写真です。
b0051172_14191985.jpg

驚きました。
なんて「レアの他界ひと月」にふさわしい一枚でしょう。

このフェイスブックからの知らせをきっかけに、5年前のきょうの日付の写真を探したら、こんなレアたんが画面に現れました。
b0051172_14213838.jpg

b0051172_14215434.jpg

b0051172_1422116.jpg

今年は悪天候続きで、今もってこのような日差しを拝めないままですが、5年前の今頃は夕方になるとこんな日差しが西の窓から入っていたのですね。今はもうレアはココんちにいませんが、この一連の写真を眺めていると、5年前のレアが天国からの階段に向き合い、少しずつ温かい陽光に馴染んでいるように思えてきます。だから、今のレアはこの天国への階段を昇り終え、レアの魂はすっかり温かい陽光に包み守られているのでしょう。そう信じたいです。

兎にも角にも、レアの他界からひと月しか経っておらず、私はまだレアたんが恋しくてなりません。ココんちに残された4男子猫が総力を結集してレアの真似やら代わりをしてくれているように思えますが、男子は男子だからなあ。レアたんの女の子らしい愛らしさに今ひとつ追いつけてないように思います。でも、4男子猫の一生懸命さと優しさに心の奥底から感謝しています。

それにしても、レアたんとの突然の別れはつらい。つらいです。



b0051172_1653274.gif
le 27 juin 2016, Cyrille
[PR]
by macocotte | 2016-06-27 14:29 | レアたんレアレアれれれのれ | Comments(4)
ついうっかり、忘れるところでした。
こんにち6月25日は聖プロスペエルのお祝い日でした。
さっきお昼ごはんを食べながらテレビの天気予報を見ていたら、最後に「プロスペエルさん、おめでとうございます」のお天気キャスターさんの一言で「こりゃ、エラいこっちゃ」となりました。
b0051172_19421864.jpg

早速、ぷぅたんに大好物のヨオグルトをさしあげました。(間に合ってよかった・・・)

兎にも角にも、レアたんが他界してから、ぷぅたんが急に衰えたように思えてならず、毎日、ぷぅたんの言動でハラハラドキドキしっぱなしの私です。たぶん、間違いなく、レアが元気だった時とぷぅたんは同じ言動を取っているのだと思いますが、レアがいなくなったことで今まで何でもなかったことが際立ってしまっているのかもしれません。

猫は「寝子」だから、いつも眠っていて当たり前だとわかっていたつもりなのに、この一か月はぷぅたんが眠っていると気になって仕方ありません。
b0051172_19583998.jpg


だからと言って、ぷぅたんが起きて、声を出せばボケたのではないかと心配になり、
b0051172_195876.jpg



床の上でぼーっとしてもボケたのではないか、どこか具合が悪いのでは?と思ってしまいます。
b0051172_19462255.jpg


以上、ぷぅたんよりまここっつぁんの方がヤバいのではないかと思えるお話でした。
b0051172_19562122.jpg

そんなことより、ぷぅたん、お名前記念日、おめでとう。


b0051172_175095.gif
le 25 juin 2016, Prosper
[PR]
by macocotte | 2016-06-25 20:01 | ぷぅたんプロプロぷぷろぷぅ | Comments(0)