タグ:猫 le chat ( 136 ) タグの人気記事
ハ ナ レ バ ナ レ
ほぼ2年ぶりの「しばらくハナレバナレ」です。
b0051172_1138423.jpg


バイバーイ。バッハッハーイ。
共に暮らして14年を過ぎたぷぅたんは数日前から予感したようで、私が旅立つ日の朝はこんぴーた部屋の椅子に座った私のお尻と背もたれの間にぺっとり。だから、こうして撮った写真もぷぅたんのボディの毛が凹んでいます。

b0051172_11391813.jpg


2年前の「しばらくハナレバナレ」の時はイネスが闘病中で、こんぴーた部屋はイネス専用の病室だったっけ・・・などと思い出しつつ、窓辺のヒーターを占領しているレアたんをパチり。

b0051172_11411223.jpg


ココんちの猫たちはみんなバラバラで陣取りですので、ココんところのねっちんはいつも南の窓側、お風呂場の棚上でスーピースーピー。
b0051172_11415822.jpg


あばよっ!元気でな!


そして、邪な横柄王くろヴぃすは国鉄駅まで一緒に来てくれました。
私が新幹線に乗り、扉も閉まったあたりだったでしょうか。
くろヴぃすが何かに気付き、突然、後ろ足だけで立ち上がって、窓向こうの私にアピール。今まで聞いたこともない鳴き声が新幹線の車内まで届いたほどでした。

新幹線の窓越しからの一枚。おお、くろヴぃすよ、寂しそうに見えなくもありません。
b0051172_11421756.jpg


みんなたち、どうしているかしらね。

le 22 janvier 2016, Vincent
[PR]
by macocotte | 2016-01-22 11:59 | La solidalité 連帯ココんち | Comments(0)
ココんちの敷居をまたいで7周年
2016年1月10日の朝早く、こんぴいたに火ぃ入れ、フェイスブックを開いたら、7年前のきょう、ちぐろくんがココんちに初めて足を踏み入れたのだよ、という知らせが届いていました。そんなことすっかり忘れていたので、知らせてくれたフェイスブックさんに感謝、感謝です。
b0051172_1622778.jpg

この写真は現在のちぐろくん。ココんちに姿を現した時、ちぐたんの前の飼い主さんの話では生後6か月だったので、現在は7歳半になりますでしょうか。あっと言う間の7年だったように思えます。

この一年、毎朝、私が起床すると同時にちぐろくんが枕元に現れて、私が床を離れるまでずっとちぐろくんが私にツンデレするようになりました。この時間が今の私には楽しくてなりません。時折、ちぐろくんが発作的に爪を出して殴ることだけ止めてくれればよいのだけれどなあ。


b0051172_18545789.gif
le 10 janvier 2016, Guillaume
[PR]
by macocotte | 2016-01-10 16:10 | ちびチボちぐろ | Comments(2)
おフランス、ヴぁんざい! Vive, la France!
冬のソルドで買ってしまったあ。(満面の笑み)
b0051172_1245770.jpg


le 8 janvier 2016, Lucien
[PR]
by macocotte | 2016-01-08 01:27 | Voilà!ニャンぢゃこりゃ? | Comments(0)
千代に、八千代に、
千悟郎 と書いて、「ちごろ」
b0051172_16213671.jpg
うぅうううううん

師走になって、何を今更な、お名前当て字がツルツル脳内滑走中です。
ココんちの近所のよそンちから引っ越してきたちぐろくんだけが、ココんちでの命名ではなく、以前の飼い主さんからもらった名前のまま、ちぐろ で、アルファベット表記でも Tigros だったり Tigrou だったり、あやふやなまま現在に至るくんなンであります。和名もちぐろだけ「無し」というか、もしかしたら過去に命名したかもしれませんけれども、忘れちゃった・・・とゆー。

ちぐろ Tigros / Tigrou は暦に掲載される聖人名でもないので、取り合えず音が似ているチボ Thibault の祝日にお祝いをしてはいるのですが・・・なんだか、ちょっと薄幸なちぐろくんのまんまに思えてきました。(そもそも、前の飼い主に置き去りにされている時点でちぐろは薄幸ですよね・・・)

てなわけで、ちぐろの和名というか、漢字の当て字を考える師走で、冒頭の「千悟郎」で、千(=全て)を悟る男子。それとも、知悟郎 または 智悟郎 が良いでしょうか。単純に「千五郎」も良い気がしてきました。

悩みますなあ。
走るどころか停滞中・・・


b0051172_18545789.gif
le 2 décembre 2015, Bibiane
[PR]
by macocotte | 2015-12-02 16:39 | ちびチボちぐろ | Comments(2)
で し り っ と る
確かに。
b0051172_15223053.jpg
d l



b0051172_1653274.gifb0051172_175095.gif
le 26 novembre 2015, Innocent

[PR]
by macocotte | 2015-11-26 15:24 | La solidalité 連帯ココんち | Comments(0)
邪魔をされているような気がしないでもない。
些細な事がきっかけで箪笥整理を始めたら、止まらなくなっちゃいました。
こんにちでお片づけも第四日目ざます。
おば(あ)さんになればなるほど豆なことなんてできませんから、扉や引き出しを開けたら、中に詰まっているものを
か き 出 す。

b0051172_22151018.jpg

かき出してがらんどうになった箪笥の中にすかさず猫は入るもの。
b0051172_22181796.jpg

隙間があれば必ず猫は確認するもの。
b0051172_2219454.jpg

なんざます。

・・・と書きつつも、そう言われてみると、こういう状況にまったく近寄ってこない猫がココんちにいました。
ピヲ小黒粒六です。
黒猫だからこういう時は隠れちゃうのかしら・・・確かいねすもそうでした。

さあてと、片づけを続けなけれヴぁ。

le 13 novembre 2015, Brice
[PR]
by macocotte | 2015-11-13 22:21 | La solidalité 連帯ココんち | Comments(2)
西陽あたる窓辺に、
仏蘭西はブルタアニュのサンテゴネック Saint Thégonnec という名の村で、
二階の窓辺に猫がいて、
b0051172_071929.jpg





その窓の真下の、一階の窓辺に
b0051172_093729.jpg
空を見上げる犬がいた。


後になって、なぜ一階と二階を一緒に撮らなかったのだろう?と大後悔・・・
これだから、もう、わたくし、ダメダメね。


le 13 octobre 2015, Edouard
[PR]
by macocotte | 2015-10-13 00:15 | 通りすがりのあの方この方 | Comments(4)
猫にしか見えない、
ワタクシには。
b0051172_285351.jpg

これは、猫でしょう。
猫ですよね。ええ、猫よ、猫。


le 29 septembre 2015, Michel
[PR]
by macocotte | 2015-09-29 23:07 | Voilà!ニャンぢゃこりゃ? | Comments(6)
旅先で、
三泊した宿の猫です。
b0051172_0323287.jpg

なかなかの、かわいらしい猫に出会いました。
黒白で、白手袋に白ソックス。タキシード猫なのに髭と眉毛が白です。
顔がちょっとピカソで、白い襟元もおしゃれではありませんか。
こちらが声をかけると、返事をする社交家でもありました。

ぷっくり、ころんとした猫で、しあわせそうに見えました。


le 16 septembre 2015, Edith
[PR]
by macocotte | 2015-09-16 00:37 | 通りすがりのあの方この方 | Comments(2)
胃の調子が悪いのだそう。
b0051172_315494.jpg

2015年9月1日のココんちは朝から忙しく、午後も半ばになって外出から戻ったところ、猫のゲボゲボだらけ。内容物から老猫チーム(ぷぅたん&レアたん)のどちらかが吐いたものだとすぐわかりました。続けて2猫の名前を呼びましたが、いつもならばお返事を必ずするレアの声がまったく聞こえません。これはレアの様子がおかしいぞ、とレアを探すと、モンココの寝床にレアがぐったりしていました。全然声を発しません。

午後3時過ぎの猫たちの夕飯時に、レアたんとぷぅたんはいつもどおり別室で、いつもと違う缶詰の野菜入りムースご飯を出してみました。レアたんは1/4ほど食べてギブアップです。食後一時間くらいだったでしょうか。レアたんが動き始め、声も出すようになりました。それでも、念のため、獣医さんに診て頂くことにしました。今年のワクチンからお世話になっている獣医さんに電話をしたところ、きょうは予約で一杯なので明日に、とのことで、次にいねすの最期までお世話になった獣医さんに電話をしたらきょうの午後6時20分に診察できるとのことだったので、こちらを選びました。

触診で胃の調子が悪いと先生はわかったようで、その場でお注射を打ち、液体のお薬をいただいて帰宅しました。先生の前でもレアたんはほぼいつもどおりのおしゃべりレアたんに戻っていたので、先生も喜んでくださいました。そして、帰宅から一時間も過ぎ、注射の効き目でしょうか。レアたんはほぼいつものレアたんとなりました。


調子が良くなった途端、レアたんはこんぴーた机右隣の定位置に戻ってきました。
b0051172_32128.jpg

ブラッシングを目力でせがむレアたんなのでありました。

とは言え、久しぶりにキャリーバッグでレアたんを運んだら重いこと、重いこと。
若者猫から隔離して以降、ちょっと太り気味のレアたんかもしれません。
それでも、油断は禁物のことよ。

b0051172_1653274.gif
le 1er septembre 2015, Gilles
[PR]
by macocotte | 2015-09-02 03:14 | レアたんレアレアれれれのれ | Comments(4)