タグ:猫 le chat ( 144 ) タグの人気記事
アノ世から迎えが来てしまうのではないかと、
内心、複雑なワタクシでございます。というのも、
b0051172_2223887.jpg

先週あたりから、ぷぅたんは毎日午後になるとココで熟睡するようになったのです。
そう、こんぴーたの画面とタイプボードの間です。
ココにドドンとやってきて、ゴロっと横になります。そして、寝返りをうつたびに画面のスイッチを切りやがります。いきなり画面が真っ黒になるのでこちらはドキっとヴぃくーりです。そして、眠っている間に手や足でタイプボードを力強く押します。タイプしにくいったらありゃしません。

b0051172_2261338.jpg

こんにちはま・ここっつぁんのお薬ケースを枕に熟睡のぷぅたんです。
老猫の特徴らしいですが、こうやって向き合い、たまにぼーっと私を見ることもあります。

真夏の真っ盛りのうだるような暑さの日にも、この場所を選ぶぷぅたん。
ちょっと変に思います。
14歳になった老猫のぷぅがあの世に旅立つ日が近いのではないかと想像してしまったりします。

毎日の、ぷぅたんとの時間を大切にします。

b0051172_175095.gif
le 13 août 2015, Hippolyte
[PR]
by macocotte | 2015-08-13 02:29 | ぷぅたんプロプロぷぷろぷぅ | Comments(2)
ぷぅたんが 棚から ちょこっと はみ出ています。
b0051172_2425970.jpg
ぷるくぉわ? なぜ?


b0051172_24426.jpg

・・・って、ぷぅたん、自分のおしりぢゃないの。

なんなんでしょう。
私の指先に残っていたぬかみそのニオイを嗅いだ途端、ぷぅたんが勢いよく こんぴーた部屋の一番高い棚の上まで軽やかに乗ったものの、このザマです。棚から下半身がはみでっぱなし。
b0051172_2465428.jpg
なんだか、びみょうなはみ出具合・・・。


こんにち(日本時間より7時間遅れなので8月8日)は一日雨でしたけれど、このぷぅたんが昇った場所。どうも風の抜け具合が心地よいらしくココんちの猫たちが寄りたがる場所です。14歳のぷぅがこのような高い場所に移動するだけでこちらはハラハラいたしますが、まだ元気のようでうれしいです。

b0051172_175095.gif
le 9 août 2015, Edith Stein
[PR]
by macocotte | 2015-08-09 02:54 | ぷぅたんプロプロぷぷろぷぅ | Comments(2)
日曜日の午後七時を過ぎて、
静まり返った旧市街の路地にあるワイン屋さんのショウウヰンドウに、
b0051172_2181165.jpg
ナマ猫

驚きました。
ディスプレイになじんでかわいらしいったらありゃしません。

実はこの子猫さん。
既に顔見知りで、週日はこのワイン店と隣のビストロのあたりをウロチョロゴローンとしている猫で、なんとまあ、ココんちの邪な横柄王くろヴぃすが散歩中にこの子猫を見つけたら必ずちょっかいを出しているのです。そのせいでしょうか、こうして写真を撮っていても、ガラス越しに子猫はずぅううっとくろヴぃすだけを凝視していました。ツンデレな一猫一犬でありますね。


もそっとだけ寄った写真を一枚。
b0051172_21121711.jpg

一般車両通行禁止の路地ですし、週末の閉店時はお店番として店内にこの子猫がいることがわかり、少しほっとしました。それにしても、絵になる、かわいいにゃ。


le 20 juillet 2015, Elie
[PR]
by macocotte | 2015-07-20 21:14 | 通りすがりのあの方この方 | Comments(2)
早すぎるもので、
今年も無事、ちびちぼちぐろくんは推定誕生日を迎えることができました。
b0051172_3204987.jpg
なんと、7歳になりました。

夏至の日を境に「本物の夏」を迎えたココんちあたり。
ちぐろくんはなぜかくろヴぃすの寝床でこうしてくつろぐようになりました。
ココんちに住み込むまで大きな犬と暮らしていたからでしょうか。
時折、犬のニオイや犬のごはんに惹かれてしまうようです。

この一年、ちぐろくんはいっそう甘えん坊になりました。
毎晩、もんこことまここっつぁんの間でお腹丸出しの仰向けで眠り、
毎朝、まここっつぁんの頭のそばで丸まり、
まここっつぁんが目を覚ますと、「ボクをなでて」と先ずおねだりし、
まここっつぁんが起きるまで必ずピヲと相撲を何度もとります。必ずちぐろくんが勝ちます。
そして、まここっつぁんが起き上がると、ちぐろはまここっつぁんのそばをうろうろしながらごろーん、ごろーんと右に左に転がります。かわいいであります。

ただ、かわいいちぐろくんには苦手なこと、奇怪な行動がひとつ。
それはごはんの食べ方です。
器に入ったごはんが出されたら、集中して食べればよろしいのに、
ちぐろくんは食事の途中で気が散ってしまい、ヨソのごはんが気になってしまうようです。それが原因で食べそびれることがしばしば。
加えて、しばらく前から高齢のぷぅたんとレアたんがごはんをこんぴーた部屋でいただくようになり、
ま・ここっつぁんが最初にねっちん、ちぐろ、ピヲにごはんを出した後、ぷぅたんとレアたんをリビングからこんぴーた部屋にいざないますが、必ずちぐろが自分のごはんを途中でほっぽらかして、ぷぅたんとレアたんの移動を邪魔します。ぴょんぴょんとうさぎのように走り飛んできて、突然Uターンして自分のごはん陣地に戻る。

いったいなんなのでしょうね?

毎朝、ちぐろくんのこの行動に笑いながら首を傾げているわたくしです。

それにしても、ちぐろくんが7歳になってしまいました。
時の流れが本当に早くなりました。
こんにちからあらためてちぐろくんにとってよい毎日になりますように。


b0051172_18545789.gif
le 29 juin 2015, Paul
[PR]
by macocotte | 2015-06-29 03:42 | ちびチボちぐろ | Comments(0)
2002年からずっと
今年も6月25日、聖プロスペエル Saint Prosper のお祝い日をココんちのぷろすぺえる と一緒に迎えました。
b0051172_15102718.jpg
↑ 朝ごはんの後、朝日を浴びながらくつろぎまくる午前7時45分の ぷぅたん ↑


ぷろすぺえる銀治熊蔵と共に暮らし始めたのが2001年9月10日でしたから、2002年の6月25日からこうしてぷろすぺえると一緒に聖プロスペエルの日を迎えていることになります。今年で14回目ですね。

まもなく14歳を迎えるぷぅたん。おぢいちゃん猫となりましたが、
b0051172_15151487.jpg
↑ 歯も健在 ↑


b0051172_15161679.jpg
↑ 顎の下の中華ひげも健在 ↑

です。
ありがたや、ありがたや。

元気なぷぅたんとの日々に感謝しつつも、この頃のま・ここっつぁんは一年前の今頃のいねすの闘病生活、最期の一か月を思い出しては涙しています。ぷぅたんとレアたんが妙に元気なのも、いねすがココんちを天国から見守っていてくれるからこそだと信じています。

来年の6月25日もぷぅたんと仲良く迎えることができますように。

そんなことを思い起こしてしまう14回目の6月25日の朝でした。


b0051172_175095.gif
le 25 juin 2015, Prosper
[PR]
by macocotte | 2015-06-25 15:20 | ぷぅたんプロプロぷぷろぷぅ | Comments(0)
ねっちんと一緒に十年
こんにち2015年5月24日、ねすとおる と共に暮らし始めて十周年を迎えました。
b0051172_15232351.jpg
↑ 2015年5月24日朝一番の、ねすとおる都くん ↑

2005年には既にこのブログを始めていましたので、ねすとおるとの初めての出会いも、ねすとおるが旧ココんちの敷居をまたいだ日についても記録が残っていました。
ねっちんが初めてこのブログに登場したエントリー → 「猫バカ。」こそ「猫寄せパンダ」だっっ!
ねっちんを迎えた初日、2005年5月24日のエントリー → とうとう3.5回目の再会でございました。
当時のエントリーを久しぶりに読み返してみると、やっぱり文章が若いですな。恥ずかしくなります。

さて、こんにちの主人公ねすとおる。
日に日に甘えん坊になり、ひと恋しい態度を取る一方で、猫たちには喧嘩をふっかけるというアンバランス精神。
毎朝、私が目を覚ますとねすとおるは私の頭近くに必ずいますし、毎朝、猫にごはんを出した後、私が定位置で朝ごはんを食べながらテレビを見ていると、必ず隣の椅子でくつろぐねっちんです。
ほれ、今朝も、私の隣にねっちんが。
b0051172_15352425.jpg

ねっちんは毎朝、ココを陣取り、私の朝食のカフェオレに使った牛乳のムース泡を楽しみに待ってくれるのです。ねっちんは持病というか、便秘になりがちなので、少量の牛乳やヨーグルトで快通でいられます。
そうなんですよね、かつて「玉無しの野良」だったねっちんは兄ぷろすぺえる、姉レアたんに比して健康がデリケエトのように思えます。と言っても、半端な長毛猫で、念入りに毛づくろいしても、ねっちんは決して毛玉を吐かない。毛がそれはそれは細いからでしょうか。
b0051172_15423646.jpg
↑ これも、こんにち朝一番のねっちん。庭に出たくろヴぃすの帰りを待っているのです。↑

丸十年となると、2005年5月末の獣医さんの判断では推定1~2歳だったねすとおるも今は若く見積もっても11歳です。お互い健康に気をつけながら、もうしばらく共に生きてまいりましょう。


b0051172_18545789.gif
le 24 mai 2015, Donatien



余談ですが、今年の復活祭が4月5日で邪な横柄王くろヴぃすの誕生日にあたり、こんにちは聖霊降臨の祝日でねすとおると一緒に暮らし始めた記念日にあたります。となると、復活祭と聖霊降臨の祝日は50日間ですので、くろヴぃすの誕生日とねすとおるの記念日もぴったり50日ということになります。こんなことに気付けた今日なのでした。めでたし、めでたし。
[PR]
by macocotte | 2015-05-24 15:43 | ねねね、ねすとぉっっ! | Comments(2)
今度はどうだ?
ねっちんとちぐたん、ほぼシンクロしていますか?
b0051172_15275659.jpg

2015年5月21日の朝早く、朝日を浴びて、久しぶりに並んでくつろぐねっちんとちぐろくんです。




b0051172_15294131.jpg
朝から、ひつこい



b0051172_18545789.gifb0051172_18545789.gif
le 21 mai 2015, Constantin

[PR]
by macocotte | 2015-05-21 15:31 | La solidalite 連帯ココんち | Comments(0)
++恒例++春の健康診断++今年も四猫で、
こんにち午前中、年に一度のワクチン注射に行って参りました。
去年3月のお注射参りについてはコチラで http://chatsblog.exblog.jp/22289967
b0051172_2150576.jpg

一年前は病気のいねすを置いての4猫とのおでかけでしたが、今回はいねすがいなくなっての4猫との外出。寂しいです。

b0051172_22355658.jpg

そう、いねすのことがあり、いろいろ考えて、今年はこれまでお世話になった獣医さんではなく、他の獣医さんに健康診断とお注射をお願いすることにしました。診察の前後に受付や待合室に並ぶ猫のご飯などを眺めつつ、猫に強い獣医さんであろうと思えました。

b0051172_223936.jpg
↑ 獣医さんの待合室での四猫 ↑

体重は
ぷろすぺえる   6.65kg (前年 6.75kg)
れあ        5.1kg (前年 4.8kg)
ねすとおる    4.4kg (前年 4.45kg)
ちぐろ       4.2kg (前年 4.55kg) 
でした。なんと、レアたんが前年よりデブ子ちゃん。あらまあ。
ちぐろの痩せが少し気になりますが、この青年猫はどうにもご飯の最中に気を散らす欠点があるので体重が減るのは仕方ないというか・・・しばらくご飯時に注意するようにします。

なにより高齢の2猫、ぷろすぺえるとレアが健康であることが本当にありがたく思えました。


le 9 mars 2015, Françoise Romaine
[PR]
by macocotte | 2015-03-09 22:48 | La solidalite 連帯ココんち | Comments(2)
新年明けて、
元日は夜明けと共に初日の出を拝むことができ、丸一日、うららかな日となりましたが、
b0051172_3501760.jpg

明けて二日は朝からずっと氷雨が降り続けました。
一日中薄暗くてつまらないお正月二日目。
ココんちのみんなたち、ふてくされた夜を迎えました。
b0051172_4021100.jpg

b0051172_404240.jpg

b0051172_411667.jpg

b0051172_415839.jpg

b0051172_421577.jpg

b0051172_423532.jpg

と、まあ、おかげさまで目覚まし時計要らずの2015年を私も迎えることができました。
今年は穏やかに、健やかに日々過ごせますよう。

le 3 janvier 2015, Geneviève
[PR]
by macocotte | 2015-01-03 04:04 | La solidalite 連帯ココんち | Comments(4)
こぼれ落ちそうな
b0051172_22535912.jpg
ぷろすぺえる でござんす。

なぜぷろすぺえるはココを選んで落ち着いたのだろう?

b0051172_22562341.jpg
台の端から右身体のお肉がたるみ落ちてしまっているではありませんか。




とてもここちよくいられる場所とは思えませんけれども。
b0051172_2257813.jpg
どうぞおがまいなぐ。


とまあ、2014年も明日でおしまい。
今週に入って、ココんちあたりはぐっと温度が下がり、毎日の最低気温がマイナス5度くらいとなりました。
そのせいか、今週に入って、早朝、ぷろすぺえるが私の布団の中に入ってくるようになりました。
今朝はぷぅたんの添い寝の温かさで目を覚まされました。
目が覚めたので、私の頭のそばの明かりを点けましたら、ほぼ同時にぷぅたんは私のそばから去っていきました。
そういう猫なのですよね、ぷぅたん。らヴ。

b0051172_175095.gif
le 30 décembre 2014, Roger
[PR]
by macocotte | 2014-12-30 23:02 | ぷぅたんプロプロぷぷろぷぅ | Comments(0)