そして、8歳。
今年も4月5日になりました。
もう世界中であたししか毎日使っていないであろうWiiFitさまからこんにちがくろヴぃすの誕生日であるという知らせ。そうでした、今日4月5日はココんちの邪な横柄王くろヴぃすの誕生日です。
b0051172_18394189.jpg
2010年4月5日生まれですから、今年8歳になりましたのでしょうか? かぞえで、くさいw
この写真はこんにち朝に雨上がりの庭で撮ったものですが、あいかわらずの短足胴長のデカ顔のくろヴぃ~です。
b0051172_18440269.jpg
妖怪な犬とはくろヴぃすのことですな。 この頃はカメラが嫌いで、いくら名前を呼んでも、カメラがあると目を合わせてくれません。ごはんやおやつが欲しい時、お散歩に行きたい時は凝視するくせにねぇ。

今年に入ってのくろヴぃす。新入りのラァ坊をおいかけて、なめまわすのが好きです。いつか写真が撮れるといいのだけれど。ラァちゃんは最初は嫌がって逃げるし、両手両足で近づいてくるくろヴぃすの大きな頭をはねのけますが、次第に諦めて、頭からしっぽの先までくろヴぃすにきれいにしてもらいつつゴロゴロ喜んでいます。ラァたんよ、最初から謙虚になめてもらいなしゃい。


b0051172_4123553.gif

 le 5 avril 2018, Irène


[PR]
# by macocotte | 2018-04-05 18:48 | Comments(1)
ぷぅたんがもしヒトだったならば120歳
2018年もあっと言う間に弥生三月の半ばとなり、ココんち恒例のワクチン接種の日を16日に迎えました。
b0051172_23553841.jpg
今年もぷろすぺえる、ねすとおる、ちぐろの3猫が獣医さんちに。
さて、今回の体重測定ですが、
ぷろすぺえる   5.7kg (前年 5.3kg 前々年 5.6kg 3年前 6.65kg)
ねすとおる    4.5kg (前年 4.5kg 前々年 4.6kg 3年前 4.4kg)
ちぐろ      4.7kg (前年 4.8kg 前々年 4.1kg 3年前 4.2kg) 
となりました。前年に比べるとぷろすぺえるは400g増、ねっちんはプラスマイナスゼロ、ちぐろくんは100g減。いかがなものでしょう?
お注射の一番手は年長のぷろすぺえるでしたが、先生の触診の最中に大暴れをし、ちょいと困りました。以前はここまでひどくなかったのに・・・と先生に言い訳したら、先生から年齢がかさむとこうなるものですとお返事をいただきました。そして、猫の17歳はヒトの120歳に相当すると教えられ、これまたヴぃっくり。ぷぅたん、食欲もーりもりですし、テーブルや机に飛び乗るのはお安い御用で、トントンと段差を登り、本棚のてっぺんまで行き、長時間くつろいでいるので、私など天空からいびきが聞こえてきて驚かされてもいるのです。17歳ですから覚悟してはいますが、少しでも長く平穏にぷろすぺえると過ごせたら、と願っています。この写真はワクチン注射後すぐにハウスのぷぅたん。ココんちでは出さない甘ったるい声でずーっと泣いていました。「おうち、帰る。帰りたいよ。」とでも泣いていたのでしょうか?
b0051172_00054455.jpg
そんなぷろすぺえるが高齢猫なのでねっちんもまた高齢猫であることを忘れてしまう私。そう、ねっちんも14歳、高齢猫なのですよね。きょうは先生に毛並みが美しいとほめられました。二枚目ねっちん、ココにあり。
b0051172_00075766.jpg
そして、最後に控えしは、ちぐろくん。
100gの減量の原因は新入りのラァたんと遊ぶようになったせいでしょうか。まあ、仲が悪いったらありゃしません。一年前のお注射の時、ちぐろくんはかわいそうなほどぶるぶると震えていましたが、今年は直前にぷろすぺえる爺さんの大暴れを目の当たりにしたせいでしょうか。そそくさ、さっさと済ませて籠に戻ったちぐろくんでした。良い子だったね、ちぐろくん。
b0051172_00093959.jpg
コンクルゥヂョンは去年と同じになりますが、完全室内で生きているココんちの猫たちなので、獣医さんには申し訳ないけれど、3猫共、内弁慶でおうちではよい猫であることに感謝です。無事にお注射が終わり、ほっとしました。


le 16 mars 2018, Bénédicte






[PR]
# by macocotte | 2018-03-17 00:15 | La solidalite 連帯ココんち | Comments(4)
ふぇりしたしおーん、さん・ねすとぉる!
2月26日は聖ねすとおる Saint Nestor のお名前記念日なので、ふぇりしたしおーん、ねっちん!おめでとう、ねすとおる!なのであります。
b0051172_01591778.jpg
2018年2月26日の、午後5時を周ってのねすとおるです。こんにちもお手手具合もおよろしく。
b0051172_02002655.jpg
この頃のねっちんはあいかわらずの甘えん坊くんで、私が横になると私の腰やら首やら温熱湿布するかのようにぴっとりと寄り添ってくれるようになりました。猫の体温は私たちヒトにはとても心地よいので、ねっちんのおかげで私は簡単に熟睡できるのでした。ありがたいこってござあます。

b0051172_02262276.jpg

ねっちんはココんちの次男猫のせいか、私のせいか、あまり年齢を意識しないまま今に至ってしまっていますが、少し考えるとねっちんは2004年か2003年にお誕生と推定されているので、今年で御年14歳です。いねすやレアたんより年長さんになってしまいました。新入りの黒猫が近寄るとねっちんは元気にシャーシャーっと声をあげるし、ご飯はカリカリを好んでよく食べるし、足腰も元気。でも、年齢を思い出すと、私もねっちんについて注意しなくては、とあらためて。

・・・と、長男猫ぷろすぺえるは今年17歳になりますが、これまたお元気。一日中ほとんど眠っていますが、起きている時は今でもぴょーんぴょーんとこんぴーた部屋の一番高いところまで軽やかに飛んで行くし、食欲も旺盛です。なぜだろう、ココんちは男子が元気で長命です。南仏からココ新天地までの800km、一緒に引っ越してきたぷぅとねっちん、もうしばらくは元気でいてね、と祈るこの頃です。




b0051172_18545789.gif

  le 26 février 2017, Nestor




と、おさらいしたら、ねっちんについてちょうど一年ぶりのエントリーでした。
実はもう一か月近くになりますが、ココんちの猫たちは安泰ですが、私がこの一年、ご飯をあげていた山羊のべぇちゃんがどうも安楽死させられてしまったのです。まだはっきりした話を誰からも聞いていないので、私は今もどこかで山羊のべぇちゃんが生きていると思っているのですが。どうにも動物についての「安楽死」がヒトの強さの表れに思えてならず、今も私の心の中でくすぶっている問題です。そんなこともあり、ブログの更新を怠ってしまい、ごめんなさい。今日はねっちんのお名前記念日のおかげでこうして久しぶりにブログに向き合うことができました。








[PR]
# by macocotte | 2018-02-26 23:12 | ねねね、ねすとぉっっ! | Comments(0)
バタアと小麦粉をしっかりよく噛んで
2018年も早や七日が過ぎ、仏蘭西という国ではガレット・デ・ロワという名の甘い焼き菓子をいただく日を迎えました。
このお正月は元日から連日の大風と大雨が続き、6日の朝に数分だけ太陽が顔を出しただけです。このような天候ですから外出も億劫になり、ガレット・デ・ロワを買いに行くことも諦めようと決めたところで雨が止みました。よっしゃとココんちを飛び出たと同時にまた雨が降り始め、風が吹き始め・・・とこのような天候では新年が明けた実感がまだありません。

風雨の中、買ってきたガレット・デ・ロワを出してまもなく・・・
b0051172_02472308.jpg
釣れました、ぷぅたん。
部屋中に広がるバタアと小麦粉の芳ばしい香りにぷろすぺえるが気づかぬわけがありません。ぷぅたんの大好物はバタアと小麦粉がたっぷりの焼き菓子ですから。こうしてやってきたぷろすぺえるさんはお菓子をぺろぺろ舐めるのではなく、ぢょりぢょりしゃりしゃりと噛んで食べます。これはビスキュイでもそう。ぷぅたんはお菓子を歯でしっかり噛んでいただく。ぷぅたん、たいしたもんだと思います。


ガレット・デ・ロワ、おいしうござあました。


b0051172_175095.gif

  le 7 janvier 2018, Raymond


[PR]
# by macocotte | 2018-01-08 02:51 | ぷぅたんプロプロぷぷろぷぅ | Comments(0)
天岩戸からようやく出てきた。
実は先週、11月の終わりにピヲ小黒粒六がココんちの敷居をまたいで丸6年を迎えたのでした。
おりゃあ、写真だべ!と動いたものの、ココ数年のピヲは早朝と午後半ばのご飯の時間を除き、ずぅうううっと東側の部屋に籠ったまま出てくることがありません。はい、まるで天岩戸の向こうに隠れてしまった真っ黒猫です。が、ピヲさん。どこぞの女神さまのように歌舞音曲で惑わされることはござあません。顔をちらりと見せるのはご飯とヨーグルトのみ。ですから、食事の最中の黒猫のアタマを素人のあたしが写真撮ってもなんだかなーでありますので、シャッターチャンスがあるはずもなく。

ところが、きょう12月4日の朝、私が別の目的で写真を撮っていたら、ピヲが偶然、ファインダーにちょびっとだけ入ったのでした。
b0051172_00352565.jpg
この写真がそうです。左の真っ黒い猫のシルエットがピヲです。よーく見るとうっすら緑がかった目ン玉が見えるような、見えないような。
ピヲがなぜココにどこか戸惑いながら現れたのかと申しますと、直前までこのテーブルの上に新入りのラぁ坊がいたからです。年齢が近いせいなのか、お互い黒い猫だからなのか、ピヲとラぁ坊がふざけあうことが多く、仲が良いのか悪いのか未だよくわかりません。というか、それ以前に、私にはピヲとラぁちゃんが動いていると見分けが尽きません。ぢぃーっとしている時ならば、ピヲは丸顔で目もまん丸で緑色、ラぁちゃんは顔は逆三角形、目の形も三角形で黄色と違うことがわかるのですが。

その直前までテーブルの上にいたラぁ坊ですが、あまりの落ち着きのなさで、写真には化け猫で映し出されました。
b0051172_00411656.jpg

一日一悪のラぁたんですが、昨日はコーヒーメーカーを床に落としやがりました。はい、壊れました、まる






b0051172_16571415.gifb0051172_16571415.gifle 5 décembre 2017, Gérald


[PR]
# by macocotte | 2017-12-05 00:44 | ピヲは粒六、まっ黒ぴーたん | Comments(2)