<< くろヴぃす 18kg、ピヲ 4... 二階の窓からひょっこりと、 >>
5月27日という日
2018年5月27日の朝、雨戸を開けたら、ミニローズのつぼみがはじけていました。
b0051172_16092599.jpg
このミニローズを買ったのは南仏はエクサンプロヴァンスのお店で、1999年冬のことでした。
2007年だったか現在のココ新天地に引っ越してまもなくしだれ白樺の根元の土に直に植えてからほっぽらかしのまま。バラの木の寿命は10年前後と言われていますからまもなく20年になるこのバラ、たいしたもんだと思います。

さて、昨日。5月28日のことです。
朝一番でこんぴーたに火ぃ入れてまもなく、フェイスブックを見たら前日の5月27日はレアたんの他界から丸2年にあたり、去年2017日の5月27日朝に同じミニローズのつぼみが開いたとありました。驚いたことが二つ、三つ、四つ。それは私がレアたんの命日をすっかり忘れていたこと。そして、レアたんの他界がたった二年前ということ。もう5年以上前のように思えてならないのですが、それはなぜなのでしょう? しばらく思い巡らして見たら、この一年、山羊のべぇちゃんの餌やりをかなり真面目に続けていたことと、その山羊のべぇちゃんのそばで生きていた、そこはかとないハンディキャップの黒猫をココんちに引き取ったせいでしょうか。この一年を振り返るととても凝縮されていて、例年の何倍も私はイ動いていたように思えます。

そして、この一年間と二年前では天候の様子がかなり違うにも関わらず、この西の窓の真向かいに植えられたミニローズがまったく同じ日、それもレアたんの命日に花開くという不思議。まさか来年2019年も同じ日につぼみが開くとは想像できませんが、天国のレアたんはしっかり三回忌を私にバラの開花をもって知らせてくれたのかもしれません。

b0051172_16375683.jpg
この窓の向こうに、ミニローズが植わっています。



b0051172_1653274.gif

 le 29 mai 2018, Aymar


by macocotte | 2018-05-29 16:38 | レアたんレアレアれれれのれ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< くろヴぃす 18kg、ピヲ 4... 二階の窓からひょっこりと、 >>