タグ:ぷぅたん Prosper ( 69 ) タグの人気記事
数えで十七回目の同居記念日
b0051172_22253174.jpg
こんにち、2018年9月10日。
ぷろすぺえる銀治熊造を動物愛護協会から引き取ってから数え年で17回目の善き日を迎えることができました。
2001年9月10日に引き取った時は手乗りサイズの子猫だったぷろすぺえる。17年後の今は毛はパサパサ、爪は出っ放しのヨボヨボ猫ではありますが、私にはまだまだかわいい猫だったりします。ああ、当時は私もまだ独身でしたっけ・・・なのに、17年後の今は身体のほうぼうが不自由になるし、肌もよれよれで、今も私のそばで熟睡しているぷろすぺえるのかわいらしさがうらやましいです。

b0051172_22260675.jpg
写真は二枚ともきょうの朝、東側の窓から差し込む陽光にまどろむぷろすぺえるを撮りました。
そして、こちら ↓ はただ今、私の右横で目を開けたまま眠っているぷぅたんでしゅう。
b0051172_22375464.jpg
b0051172_175095.gif

  le 10 septembre 2018, Inès

[PR]
by macocotte | 2018-09-10 22:38 | ぷぅたんプロプロぷぷろぷぅ | Comments(4)
ぷぅたんがもしヒトだったならば120歳
2018年もあっと言う間に弥生三月の半ばとなり、ココんち恒例のワクチン接種の日を16日に迎えました。
b0051172_23553841.jpg
今年もぷろすぺえる、ねすとおる、ちぐろの3猫が獣医さんちに。
さて、今回の体重測定ですが、
ぷろすぺえる   5.7kg (前年 5.3kg 前々年 5.6kg 3年前 6.65kg)
ねすとおる    4.5kg (前年 4.5kg 前々年 4.6kg 3年前 4.4kg)
ちぐろ      4.7kg (前年 4.8kg 前々年 4.1kg 3年前 4.2kg) 
となりました。前年に比べるとぷろすぺえるは400g増、ねっちんはプラスマイナスゼロ、ちぐろくんは100g減。いかがなものでしょう?
お注射の一番手は年長のぷろすぺえるでしたが、先生の触診の最中に大暴れをし、ちょいと困りました。以前はここまでひどくなかったのに・・・と先生に言い訳したら、先生から年齢がかさむとこうなるものですとお返事をいただきました。そして、猫の17歳はヒトの120歳に相当すると教えられ、これまたヴぃっくり。ぷぅたん、食欲もーりもりですし、テーブルや机に飛び乗るのはお安い御用で、トントンと段差を登り、本棚のてっぺんまで行き、長時間くつろいでいるので、私など天空からいびきが聞こえてきて驚かされてもいるのです。17歳ですから覚悟してはいますが、少しでも長く平穏にぷろすぺえると過ごせたら、と願っています。この写真はワクチン注射後すぐにハウスのぷぅたん。ココんちでは出さない甘ったるい声でずーっと泣いていました。「おうち、帰る。帰りたいよ。」とでも泣いていたのでしょうか?
b0051172_00054455.jpg
そんなぷろすぺえるが高齢猫なのでねっちんもまた高齢猫であることを忘れてしまう私。そう、ねっちんも14歳、高齢猫なのですよね。きょうは先生に毛並みが美しいとほめられました。二枚目ねっちん、ココにあり。
b0051172_00075766.jpg
そして、最後に控えしは、ちぐろくん。
100gの減量の原因は新入りのラァたんと遊ぶようになったせいでしょうか。まあ、仲が悪いったらありゃしません。一年前のお注射の時、ちぐろくんはかわいそうなほどぶるぶると震えていましたが、今年は直前にぷろすぺえる爺さんの大暴れを目の当たりにしたせいでしょうか。そそくさ、さっさと済ませて籠に戻ったちぐろくんでした。良い子だったね、ちぐろくん。
b0051172_00093959.jpg
コンクルゥヂョンは去年と同じになりますが、完全室内で生きているココんちの猫たちなので、獣医さんには申し訳ないけれど、3猫共、内弁慶でおうちではよい猫であることに感謝です。無事にお注射が終わり、ほっとしました。


le 16 mars 2018, Bénédicte






[PR]
by macocotte | 2018-03-17 00:15 | La solidalite 連帯ココんち | Comments(4)
バタアと小麦粉をしっかりよく噛んで
2018年も早や七日が過ぎ、仏蘭西という国ではガレット・デ・ロワという名の甘い焼き菓子をいただく日を迎えました。
このお正月は元日から連日の大風と大雨が続き、6日の朝に数分だけ太陽が顔を出しただけです。このような天候ですから外出も億劫になり、ガレット・デ・ロワを買いに行くことも諦めようと決めたところで雨が止みました。よっしゃとココんちを飛び出たと同時にまた雨が降り始め、風が吹き始め・・・とこのような天候では新年が明けた実感がまだありません。

風雨の中、買ってきたガレット・デ・ロワを出してまもなく・・・
b0051172_02472308.jpg
釣れました、ぷぅたん。
部屋中に広がるバタアと小麦粉の芳ばしい香りにぷろすぺえるが気づかぬわけがありません。ぷぅたんの大好物はバタアと小麦粉がたっぷりの焼き菓子ですから。こうしてやってきたぷろすぺえるさんはお菓子をぺろぺろ舐めるのではなく、ぢょりぢょりしゃりしゃりと噛んで食べます。これはビスキュイでもそう。ぷぅたんはお菓子を歯でしっかり噛んでいただく。ぷぅたん、たいしたもんだと思います。


ガレット・デ・ロワ、おいしうござあました。


b0051172_175095.gif

  le 7 janvier 2018, Raymond


[PR]
by macocotte | 2018-01-08 02:51 | ぷぅたんプロプロぷぷろぷぅ | Comments(0)
今年も元気に
こんにちの善き日を迎えることができました。

b0051172_19285466.jpg
はい、2001年9月10日にぷろすぺえるを動物愛護協会から引き取ったのです。こんにちでぷぅと一緒に暮らして16年。
当時は手乗りサイズの子猫だったぷぅですから、こんにちで16歳とちょい。毎日、夜泣きや早朝泣きをぷぅがすれば、そのたびに猫アルツではないかと悲しくなる私でもあります。が、16歳のぷぅ、結構元気のようにも見えます。少し前に加わった新入りのラぁたんともボコすか喧嘩しますし、何に興奮しているのかどこすこと走って来てはその勢いに乗ってこんぴーた部屋で最も高い位置の本棚の最上階まで登ります。

今、こうして私がタイプしている間も、背後のボロ爪とぎタワアでタワアに全体重をかけて爪とぎをし、その直後にはねすとおるを追いかけて遊び、今は私の足元で歌舞伎の義経ポーズでぢぃっとしています。

こんなに元気でもぷぅたんは16歳ですからね。
できるだけ気を付けて参ります。

と、16周年記念日に、久しぶりのイカ耳。かわいいぷぅ爺ちゃまです。きりきりっきりぃ♪
b0051172_19382830.jpg

b0051172_175095.gif

  le 26 septembre 2017, Inès
[PR]
by macocotte | 2017-09-10 19:39 | ぷぅたんプロプロぷぷろぷぅ | Comments(2)
きょうは何の日? ぷっぷぅ!
ろすぺえる、はいっ、プロスペエルProsper のお名前祝日なのです。
6月25日にお祝いする元祖プロスぺエスについてはコチラ ↓ をクリックしてみてください。略伝が出ます。

さて、ココんちの今日のプロスペエル。
b0051172_19500887.jpg
こんぴーたに向かってパチパチとタイプしている私の右方向突き当りでこんなポーズになったり、

b0051172_19523034.jpg

突然起き上がり、寝返りを打ってこうしてすーすーと寝入ったり。そして、また突然、ムクっと立ってぺたんと座って眠り始めたり。

さて、きょうのココんちの主役であるぷろすぺえる銀治熊蔵さん、もうそろそろ16歳を迎えるのです。動物愛護協会で見つけた子猫でしたので、正確なお誕生日を知りません。でも、偶然にも6月25日がProsper という名前のお祝い日なので、お誕生日扱いにもしているのですが。
兎にも角にもココんちで一番の高齢がぷろすぺえるであり、半年強くらい年下のいねす、レアが昨年までに続けて旅立ってしまったこともあり、ぷぅたんの毎日が気が気でありませんが、こちらの獣医さんには健康のお認めをいただいているし、毎日の食欲もモリモリなので本当にありがたく思っています。体重も5kg半ばで、最高時の約8kgに比べれば「痩せた」けれど、よーく考えるとココんちの他の猫たちが5kg弱ですので、ぷぅたんはそれでもやっぱり大きい猫のお仲間内なのです。ご飯も4猫のうち一番多い量を今でも食べています。

きょうはお昼にココんちのヒト二人が鶏の丸焼きを食べたので、ささみの部分を割いてぷぅたんにお祝い膳としてさしあげました。ささみの匂いを嗅ぐなり、ハっと頭をあげ、ガッツガツのペロリーンで食べ終えてしまいました。めでたし、めでたし。

b0051172_20104975.jpg
長いこと、ココでぷろすぺえるの写真をご覧になっていらっしゃる方には「いつもの表情」ですが、この写真もまた今日の朝のぷろすぺえるです。毛は相変わらずやわらかくて撫で甲斐があります。先週からついおとといまでおフランスではもんのすごい暑さの毎日が続き、先の月曜日のココんちあたりでは午後に42度! ぷぅたんはじめ猫たちが床に伸びてしまっていると、こちらはハラハラしましたが、床板は確かに冷たく、気持ち良いものです。冷房のないココんちでは雨戸シャッターをゆるくしめて窓を開け、通気を良くすることで室内を涼しくしましたが、こうしてぷぅたんが今日、横になっているあたりもすぐそばの窓からここちよい風が入るところで猫たちが取り合っていたりもします。
b0051172_20165133.jpg
ぷぅたんは毎晩、なぜか私の足元で就寝します。これは引き取ってすぐの手乗りサイズの子猫の時からまったくかわらない習慣です。私も寝相が悪いので知らず知らずにぷぅたんをけっ飛ばしたり、驚いたぷぅたんが私の足に爪を立てたり、かみつくことも毎度有ですが、ぷぅたんとの日々、これからも楽しんで行きます。ん?生きます。


b0051172_175095.gif

  le 26 juin 2017, Prosper







[PR]
by macocotte | 2017-06-25 20:19 | ぷぅたんプロプロぷぷろぷぅ | Comments(0)
トイレハイ
先日、偶然知った「トイレハイ」という名称。
猫が排泄の前または後に興奮状態になることです。
b0051172_17485315.jpg

実はココんちのぷろすぺえるさんがおそらくこのトイレハイの症状持ちなのです。
ぷぅたんは15歳になりましたが、この15年、まったくトイレハイ症状持ちであることに気づけない自分でした。私の概念になかったせいだと思います。

今年5月の終わりにレアが他界して以降、ぷぅたんの奇行が目立ち始めたように思うのですが、もしかすると以前からそうだったのに私が気に留めなかったのかもしれません。いずれにせよ、レアの他界を境に、ぷぅたんが大声で、変な声色で鳴くことが増えたし、時たま突然興奮して高いところまでダッシュ&ジャンプをします。このダッシュ&ジャンプの時にはぷぅが遠慮なく、こんぴーたのタイプの上に勢いよく乗ってしまうので、その瞬間のこちらのパニックたるやハラホロヒレハレなんざます。

ぷぅのこういう行いを私が気になるようになったのもレアの他界の直後だったし、ぷぅの年齢のこともあるので、私は「ぷぅがボケ始めた」と想像しただけで打ち止めの思考停止が数か月。

ですが、偶然、猫友の輪の会話の中で「トイレハイ」という症状を知り、それがどうもぷぅの奇行と合致するように思えました。いや、ボケもあるンかなあと今もどこかそう思ってはいるのですが。

きょうび電脳世界が存在するので、トイレハイという私にとって初めての単語も検索すれば、画像、映像、文章でたくさん拾え、勉強になりますね、本当に。感謝、感謝です。


le 29 septembre 2016, Michael
[PR]
by macocotte | 2016-09-29 18:00 | 猫の泉『だばだばだ』 | Comments(4)
まあ、めずらしいこと。
b0051172_16432945.jpg

犬猿の仲の2猫が、あたくしの左肩上空でこのように付かず離れず、でも、一緒。

いつもならこれだけの距離ですと、必ずねっちんがぷぅに低いうなり声を発します。
ですが、この時だけねっちんはうなり声を発しもせず、あまりにもありえないことなので私がカメラを向けても、2猫はこのまま。そうさな、10分近くこのまんま。

b0051172_1647995.jpg

ヴぃっくりざんす。
こんなこともあるのね。またあるかしら?

そうそう、ご覧のとおり、ぷぅたんとねっちんの首輪はお揃いで、既に10年くらい、身に着けています。女子猫(=いねすとれあ)と黒猫(=いねすとピヲ)は革の首輪だと噛むクセがあり、何度取り替えたことか。ところが、男子のこの2猫(ぷぅとねっちん)はこうして首輪を一度つけたら、噛むこともなくこんにちに至っています。不思議なものですね。


le 21 septembre 2016, Matthieu
[PR]
by macocotte | 2016-09-21 16:51 | La solidalite 連帯ココんち | Comments(0)
ぷろすぺえると15年。
今日2016年9月10日。
2001年9月10日午後5時にエクサンプロヴァンスはずれの動物愛護協会で銀灰色の子猫を引き取ってから丸15年を迎えました。その子猫だったぷろすぺえると一緒に15周年を迎えることができましたこと、本当に心の奥底からうれしく、しあわせに思っています。

今朝のぷろすぺえるです。
b0051172_2273059.jpg

いつもどおりゼリーよせを乗せたカリカリが朝ごはん。
きれいにいただきました。


朝食後しばらくして東の窓からここちよく日差しが入る場所でお休憩。
b0051172_2293592.jpg




午後3時にいつものご飯に大好物のカニカマスライスをお祝い膳としてみんなたちと一緒にいただきました。そして、また、休憩。
b0051172_22115994.jpg


繰り返してしまいますが、本当に今日をぷぅたんと一緒に迎えることができ、しあわせです。
おじいちゃんぷぅではありますが、4男子猫のうち、もっとも少年っぽい性格は最も高齢であるぷろすぺえるのように思えます。声も元気、足腰もしっかりしています。

ぷぅがいくら年齢を重ねても、年齢を超越した存在のような気がしてなりません。
元気でいてね、ぷろすぺえる。



b0051172_175095.gif
le 10 setembre 2016, Inès
[PR]
by macocotte | 2016-09-10 22:20 | ぷぅたんプロプロぷぷろぷぅ | Comments(2)
最近の毎朝
ようやく夏らしくなったせいでしょうか。
毎朝、ココんちのこんぴーた机のそばでこのような様子を拝むことができます。
b0051172_0103086.jpg

ココんちの猫たちの朝食後1時間から2時間の間に、決まってちぐろくんがこのように窓越しから外の景色をしばらくながめるのです。ぷぅたんがすぐそばでこうして丸くなっていても、ちぐろくんは上手にヒーターの上に乗っかります。たいしたもんです。

ぷぅたんがこうして丸くなっている場所はレアたんのお気に入りの場所でした。
レアがいなくなった途端、ぷぅが毎朝ココで数時間休むようになりました。不思議なもんです。
b0051172_0174747.jpg

ぷぅたんとちぐろはこのように近づいても喧嘩にはなりませんが、これがねっちんだと相手がちぐろでもぷぅでもシャーシャーの喧嘩になります。ぷぅたんとの方がひどいかなあ。どうしてこんなに仲が悪いのだろうと泣きたくもなりますが、多頭飼いの運命なのか、いや、ココんちの猫が稀なのか。まあ、仲が悪いのは残念ですが、ぷぅもねっちんもそれぞれ良い猫なので「だからなに?」なンですけれどね。・・・深刻になれない性格w

b0051172_18545789.gifb0051172_175095.gif
le 25 juillet 2016, Christophe

[PR]
by macocotte | 2016-07-25 00:18 | La solidalite 連帯ココんち | Comments(2)
今度は、ぷぅたん
ひとつ前のエントリーから半日ちょい。
きょうの朝一番で今度はぷぅたんが獣医さんにドナドナしました。
b0051172_1822247.jpg

午前8時半に獣医さんにぷぅたんを届け、そのまま。
今日は日帰りの検査入院ですね。午後3時以降に迎えに来るようにと助手さんから話がありました。

どうにもレアの突然の他界以降、私が神経質になってしまっているせいもあり、今回の健康診断となりました。
ぷぅたんは2011年9月に子猫で引き取りましたので、そろそろ15歳の誕生日を迎える頃にあたります。多分、よぼよぼのおぢいさんなのだと想像はしているし、覚悟もしているのですが、ぷぅは今も段差をこなせますし、時には思い切りの良いジャンプでこんぴーた部屋やお風呂場の高いところまで行き、くつろいでいるのですが・・・

昨日も具合の悪くなったねっちんと一緒にぷぅたんを連れて行き、体重も5.8kgと確認。先生にかなり強く抵抗もしたので先生から「元気」とお墨付きをいただきはしましたが、健康診断をお願いしました。

結果がちょっと怖いですけれど、一日も早く知った方がいいですよね。うん。



b0051172_175095.gif
le 29 juin 2016, Paul



【追 記】
お昼過ぎに獣医さんから電話があり、ぷぅたんの健康になんら異常ありません、とお話がありました。
本当?と疑ってしまいますが、元気で良かったです。あらためて、高齢猫のぷぅたんと穏やかに過ごしていきます。
[PR]
by macocotte | 2016-06-29 18:08 | ぷぅたんプロプロぷぷろぷぅ | Comments(2)