タグ:ココんち ( 450 ) タグの人気記事
数えで十七回目の同居記念日
b0051172_22253174.jpg
こんにち、2018年9月10日。
ぷろすぺえる銀治熊造を動物愛護協会から引き取ってから数え年で17回目の善き日を迎えることができました。
2001年9月10日に引き取った時は手乗りサイズの子猫だったぷろすぺえる。17年後の今は毛はパサパサ、爪は出っ放しのヨボヨボ猫ではありますが、私にはまだまだかわいい猫だったりします。ああ、当時は私もまだ独身でしたっけ・・・なのに、17年後の今は身体のほうぼうが不自由になるし、肌もよれよれで、今も私のそばで熟睡しているぷろすぺえるのかわいらしさがうらやましいです。

b0051172_22260675.jpg
写真は二枚ともきょうの朝、東側の窓から差し込む陽光にまどろむぷろすぺえるを撮りました。
そして、こちら ↓ はただ今、私の右横で目を開けたまま眠っているぷぅたんでしゅう。
b0051172_22375464.jpg
b0051172_175095.gif

  le 10 septembre 2018, Inès

[PR]
by macocotte | 2018-09-10 22:38 | ぷぅたんプロプロぷぷろぷぅ | Comments(2)
一年前は3.8kg、今年は
5.6kg・・・
b0051172_23031227.jpg
ココんちの新入り、末っ猫のラぁたんと一緒に住み始めて一年と一か月を過ぎたところで、はい、年に一度のワクチン接種ぷっちゅんぬの日を迎えました。このメインエヴェントに便乗したのがひとつ前のエントリィに書きましたくしゃみが止まらないちぐろくんの診察でした。

b0051172_23074570.jpg
待合室でこうして記念撮影しても、真っ黒猫のラぁちゃんの姿は見えず・・・冒頭のとおり、かなり近寄ってようやくオレンジ色の二つの目を撮ることができました。ほんと、黒猫の写真は私には撮れません。あきらめました。

一年前の7月にココんちの敷居をまたいだラぁたん。はじめてのワクチン接種時に体重は3.8kg、推定年齢1歳ちょいと診断されましたが、一年一か月後の今、ラぁたんの体重はなんと5.6kg。重過ぎます。ただし、午後2時手前にカリカリご飯を食べ、約三時間後の検診なので体重多めはありえるのかもしれません。が、それにしても5.6kg。兎にも角にもラぁたんは遊び盛りで連日、ココんちのどこかを壊すほど24時間の暴れん坊です。何かを壊しては逃げ回るラぁたんを抱き上げるたびに、ヤングの猫の毛の艶やかさに感動したり、日に日にラぁたんを持ち上げるのが難しいと実感しているところであたしゃ、ゴジュー肩らしき痛みを発症w ですから、獣医さんでの体重宣言には妙に納得しつつも、最後は「重すぎぢゃろ、ラぁたん」としかつぶやけず。

ただ、上に書いたとおり、ちぐろの診察でも同じ体重計付き診察台を使ったので、その時のちぐろの体重が5.3ちょいkgと電光掲示板が出たところで、もしかして体重計が500gプラスくらいの誤差が出ているのではないかと気付きました。ちぐろくん、毎度4.8kgくらいですからに。5.3kgはラぁたん同様食後であってもちょっと短期間で太りすぎのように思えなくもありません。そう仮定すると、ラぁたんの体重5.6kgから500gを引くと妙に納得の体重5.1kgで、ココんちの長男猫ぷろすぺえるおぢぃちゃまとどっこいの重さになります。

でも、この診察後から、ラぁたんのご飯を今までより気持ち少なめにしました。
体重は多めでしたが、お毛毛もつやつやだし、肉付きもヤング猫らしいので、健康とお墨をいただいて帰宅しました。

そのラぁたん、昨日からお風呂場の風呂桶を隠すタイル蓋を爪で倒すことを楽しみにしてしまい、タイル蓋を二度も割りました。強力接着剤で修理しましたが、ラぁたんのいたずら好きには降参です。


b0051172_16571415.gif

 le 25 août 2018, Louis

[PR]
by macocotte | 2018-08-25 23:25 | よみがえったぜ、ラザアルちび太 | Comments(0)
これでも、ぼく、ちぐろ でっす。
b0051172_01513298.jpg
にゃんと、これ、ちぐろくんの頭部レントゲン写真なのでっし。
前回、ココで話しましたちぐろくんのくしゃみwith水っ鼻血。あれから鼻血はまったく出ておりませんが、くしゃみがどうにも止まらないのです。一時は一日中、くしゃみ連発しておりましたが、8月に入ってからは早朝にくしゃみを連発するようになりました。ちぐろくんのくしゃみが私の目覚まし時計代わりになった今年の8月です。

実はココんちの新入り、らぁ坊の年に一度のワクチンを打たねばならず、一緒にちぐろくんのくしゃみも診ていただこうと先週木曜の夕方にいつもお世話になっている動物病院に電話しました。それをちぐろくんが聞いていたのか、聞いたとしても理解していたのか、翌朝からちぐろくんのくしゃみがぴたりと止まりました。こんなことってあるのでしょうか?

b0051172_02015984.jpg
あらま、ちぐろくんの診察はキャンセルにしますか?と私が思い始めたところで、ちぐろくんの連発くしゃみが復活。これは診ていただくべき、べき、べきっっ!と予定通り、ちぐろくんを診察に連れて行きました。

前回の診察から私はちぐろくんの観察を続けましたが、どうも左の鼻の穴のそばにかさぶたのような小さな塊があり、ちぐろくんはくしゃみをするたびにそのあたりを舌でぺろりと舐めるのです。そして、私の気のせいかもしれませんが、左目だけ涙のような?目ヤニのようなものが出ている(気がする)。そのあたりを先生にお話したら、先生がまず念入りにお鼻と目のあたりを触診してくださり、レントゲンを撮りましょう、となりました。

もうわたすはレントゲンの間、ちぐろくんに腫瘍やがんがありませんように、見つかりませんように、と祈りました。しばらくして、先生がレントゲン室から戻られ、ちぐろくんのレントゲン写真に腫瘍もがんも映っていませんでした、と教えてくださいました。が、だ。

が、しかし、

レントゲン写真にマイクロチップが2本映っているのです。

私はそれを聞いた瞬間から今に至るまで脳内に「なぜ?なぜ?なぜなのぉおおお?」ばかり。

なぜ?なぜなの?


ちぐろくんのくしゃみの原因はアレルギーではないかと先生はおっしゃる。
もうしばらく様子見です。
でも、ちぐろくん。体重5kg超え、お毛毛つやつや~なので、先生はアレルギー以外は元気よ、大丈夫、とおっしゃってくださいました。ちょっと、ほ。



b0051172_18545789.gif

  le 20 août 2018, Bernard


[PR]
by macocotte | 2018-08-20 23:59 | ちびチボちぐろ | Comments(1)
推定誕生日の前日に、
鼻血を飛び散らかしたちぐろくんなのでした。
b0051172_20064050.jpg
くしゃみを数回繰り返しながら。猫と言うものはくしゃみをすると頭を大きく振るので、鼻血も床に点々と飛び散りましたが、ちぐろくんが鼻血が出たであろう右の鼻穴を数回舐めたら鼻血もぴたっと止まってしまいました。それが昨日6月28日の午後1時過ぎ。午後2時になってすぐ獣医さんに予約、昨日の午後6時20分から獣医さんで診察となりました。
b0051172_20083051.jpg
獣医さんが特殊な器具を用いてちぐろくんの鼻の中を見ましたが、何も問題が見つからなかったようです。まず注射一本を打ち、次に投薬にするか聞かれたので、こちらが苦手と申し上げると、錠剤の代わりにもう一本のお注射。今後、2週間で同様のことがあったら、次回は検査しましょう、とのことでした。

獣医さんから帰宅したちぐろくんはいつものちぐろくんで、私の悲しむ顔に気づいたのか、私の前で机から本棚最上段までの四段飛びを繰り返しました。そして、夜も私にぴっとりくっついての就寝。一夜明けてのきょうも穏やかにいつものちぐろくんのまま午後を迎えたところです。

b0051172_20150941.jpg

猫の鼻血はヒトのそれとは異なり、ネットで検索したところでこちらが悲しみ、うつむいてしまうことしか見当たりません。タイトルにも触れたとおり、きょう6月29日はちぐろくんの推定誕生日で、10歳になりました。10歳なんてまだ若いではありませんか。もうしばらくちぐろくんと穏やかに暮らしたいわたしです。

一枚目と三枚目の写真はきょうの朝、撮りました。
ちぐろくんはどういうわけかカメラレンズを向けると私に向かって突進してきます。なかなか顔を撮らせてくれません。三枚目の写真も私に向かって早歩きしているところを撮りました。顔があまりブレていないようで運が良かったです。



b0051172_18545789.gif

  le 29 juin 2018, Pierre et Paul










[PR]
by macocotte | 2018-06-29 20:19 | ちびチボちぐろ | Comments(4)
ねっちんの、このごろ
b0051172_19232014.jpg
ココ数日、ねっちんの食が細く思えてなりません。
きょうの朝も、いつものカリカリを半分食べたところでその場を離れてしまったねっちんでした。

ねっちん以外の猫たちが朝食を終えたところで、ねっちんを抱きかかえ、まい・こんぴーた部屋へ。この一年、新入りのらぁちゃんがココんちに住み始めたことで、らぁちゃんの特技はドア開き。しっかりこんぴーた部屋の鍵を閉め、ねっちんにムース缶を出しました。なんとまあ、全部たいらげ、そばに置いてあった空き缶に残っていたスープまできれいに完食。ほっとひと安心した私でありました。

b0051172_19271211.jpg

ココんちは長男猫ぷろすぺえるが今年17歳になると言うのに「結構、お元気」なせいで、ぷぅたんより年下の猫たちを楽観視してしまう私がいます。ですが、ねっちんについて思い返してみると2005年5月24日に引き取った時点で既に体格はほぼ成猫であり、最初に診察していただいた獣医さんには「おそらく一歳から一歳半」と宣告されましたが、もしそれが当たっていたとしても、今年は2018年ですからねっちんはどんなに若くても14歳で、もしかしたら15歳過ぎているかもしれません。いねすは12歳になるかならないか、レアたんは13歳で他界しているのですから、今、ねっちんに何があっても不思議ではない・・・と気付かされたきょうの朝でした。

b0051172_19274490.jpg
長男から順番・・・なんてことは必ずしもないのですよねぇ。今更ながら・・・。
でも、ねっちんは足腰未だしっかりしているようで、一日のほとんどを南に面した浴室の棚上で過ごすことが多く、そこまでぴょーんぴょーんと三段垂直跳びで軽やかに。きょうの写真はこんぴーた部屋の窓下に設えた(お馴染みの)籠で、気候のせいか、中に敷いてある夏生地が心地よいのかねっちんがちょこんときょうの昼前までおりました。

さあて、まもなく猫たちの午後ご飯です。
ねっちん、きちんと食べてくださいませよ。


b0051172_18545789.gif
 
   le 10 juin 2018, Landry







[PR]
by macocotte | 2018-06-10 19:38 | ねねね、ねすとぉっっ! | Comments(0)
くろヴぃす 18kg、ピヲ 4.4kg
2018年6月6日午後3時。
こんにちはココんちのくろヴぃすとピヲにとりまして年に一度のワクチン注射の日でした。
b0051172_22444056.jpg
くろヴぃすは今回初めて異常なほど神経質になり、待合室から既にそわそわ。診察室に移動してからはいっそうひどくなり、唸るは噛みつこうとするは大変な犬に変身してしまいました。思い返せば前回はひどい巻き爪で歩行困難になったことでこの動物医院で治療していただいたのですが、その時の痛みや治療がくろヴぃすにとって悪夢になってしまい、今日は言葉ぢゃなく態度で示したのでしょう。その気持ちはわからなくもありませんが、くろヴぃすを押さえつけて、お尻にぷっちゅぅうううんとお注射を打ちました。

体重は18kg。一年前のワクチン接種時は20kgを超え、先生に痩せるよう命じられていたので、2㎏の減量成功には拍手。よくがんばりました、くろヴぃすくん。

そして、くろヴぃすの後にココんちの真っ黒猫1号であるピヲがワクチン接種に挑みましたが、くろヴぃすの暴れっぷりに放心状態となったあてくし。ピヲの写真を撮ることを忘れてしまいました。ピヲもココんちの元祖黒猫いねすに似て、内弁慶。いねす以上にお外が嫌い、大嫌いなので、診察台では目いっぱい爪を出して台にしがみついていました。無事にワクチンもぷっちゅんぬし、体重は4.4kg。

以上、こんにちの報告でござんした、まる


le 6 juin 2018, Claude





[PR]
by macocotte | 2018-06-06 22:54 | La solidalite 連帯ココんち | Comments(0)
5月27日という日
2018年5月27日の朝、雨戸を開けたら、ミニローズのつぼみがはじけていました。
b0051172_16092599.jpg
このミニローズを買ったのは南仏はエクサンプロヴァンスのお店で、1999年冬のことでした。
2007年だったか現在のココ新天地に引っ越してまもなくしだれ白樺の根元の土に直に植えてからほっぽらかしのまま。バラの木の寿命は10年前後と言われていますからまもなく20年になるこのバラ、たいしたもんだと思います。

さて、昨日。5月28日のことです。
朝一番でこんぴーたに火ぃ入れてまもなく、フェイスブックを見たら前日の5月27日はレアたんの他界から丸2年にあたり、去年2017日の5月27日朝に同じミニローズのつぼみが開いたとありました。驚いたことが二つ、三つ、四つ。それは私がレアたんの命日をすっかり忘れていたこと。そして、レアたんの他界がたった二年前ということ。もう5年以上前のように思えてならないのですが、それはなぜなのでしょう? しばらく思い巡らして見たら、この一年、山羊のべぇちゃんの餌やりをかなり真面目に続けていたことと、その山羊のべぇちゃんのそばで生きていた、そこはかとないハンディキャップの黒猫をココんちに引き取ったせいでしょうか。この一年を振り返るととても凝縮されていて、例年の何倍も私はイ動いていたように思えます。

そして、この一年間と二年前では天候の様子がかなり違うにも関わらず、この西の窓の真向かいに植えられたミニローズがまったく同じ日、それもレアたんの命日に花開くという不思議。まさか来年2019年も同じ日につぼみが開くとは想像できませんが、天国のレアたんはしっかり三回忌を私にバラの開花をもって知らせてくれたのかもしれません。

b0051172_16375683.jpg
この窓の向こうに、ミニローズが植わっています。



b0051172_1653274.gif

 le 29 mai 2018, Aymar


[PR]
by macocotte | 2018-05-29 16:38 | レアたんレアレアれれれのれ | Comments(0)
そして、8歳。
今年も4月5日になりました。
もう世界中であたししか毎日使っていないであろうWiiFitさまからこんにちがくろヴぃすの誕生日であるという知らせ。そうでした、今日4月5日はココんちの邪な横柄王くろヴぃすの誕生日です。
b0051172_18394189.jpg
2010年4月5日生まれですから、今年8歳になりましたのでしょうか? かぞえで、くさいw
この写真はこんにち朝に雨上がりの庭で撮ったものですが、あいかわらずの短足胴長のデカ顔のくろヴぃ~です。
b0051172_18440269.jpg
妖怪な犬とはくろヴぃすのことですな。 この頃はカメラが嫌いで、いくら名前を呼んでも、カメラがあると目を合わせてくれません。ごはんやおやつが欲しい時、お散歩に行きたい時は凝視するくせにねぇ。

今年に入ってのくろヴぃす。新入りのラァ坊をおいかけて、なめまわすのが好きです。いつか写真が撮れるといいのだけれど。ラァちゃんは最初は嫌がって逃げるし、両手両足で近づいてくるくろヴぃすの大きな頭をはねのけますが、次第に諦めて、頭からしっぽの先までくろヴぃすにきれいにしてもらいつつゴロゴロ喜んでいます。ラァたんよ、最初から謙虚になめてもらいなしゃい。


b0051172_4123553.gif

 le 5 avril 2018, Irène


[PR]
by macocotte | 2018-04-05 18:48 | Comments(2)
ふぇりしたしおーん、さん・ねすとぉる!
2月26日は聖ねすとおる Saint Nestor のお名前記念日なので、ふぇりしたしおーん、ねっちん!おめでとう、ねすとおる!なのであります。
b0051172_01591778.jpg
2018年2月26日の、午後5時を周ってのねすとおるです。こんにちもお手手具合もおよろしく。
b0051172_02002655.jpg
この頃のねっちんはあいかわらずの甘えん坊くんで、私が横になると私の腰やら首やら温熱湿布するかのようにぴっとりと寄り添ってくれるようになりました。猫の体温は私たちヒトにはとても心地よいので、ねっちんのおかげで私は簡単に熟睡できるのでした。ありがたいこってござあます。

b0051172_02262276.jpg

ねっちんはココんちの次男猫のせいか、私のせいか、あまり年齢を意識しないまま今に至ってしまっていますが、少し考えるとねっちんは2004年か2003年にお誕生と推定されているので、今年で御年14歳です。いねすやレアたんより年長さんになってしまいました。新入りの黒猫が近寄るとねっちんは元気にシャーシャーっと声をあげるし、ご飯はカリカリを好んでよく食べるし、足腰も元気。でも、年齢を思い出すと、私もねっちんについて注意しなくては、とあらためて。

・・・と、長男猫ぷろすぺえるは今年17歳になりますが、これまたお元気。一日中ほとんど眠っていますが、起きている時は今でもぴょーんぴょーんとこんぴーた部屋の一番高いところまで軽やかに飛んで行くし、食欲も旺盛です。なぜだろう、ココんちは男子が元気で長命です。南仏からココ新天地までの800km、一緒に引っ越してきたぷぅとねっちん、もうしばらくは元気でいてね、と祈るこの頃です。




b0051172_18545789.gif

  le 26 février 2017, Nestor




と、おさらいしたら、ねっちんについてちょうど一年ぶりのエントリーでした。
実はもう一か月近くになりますが、ココんちの猫たちは安泰ですが、私がこの一年、ご飯をあげていた山羊のべぇちゃんがどうも安楽死させられてしまったのです。まだはっきりした話を誰からも聞いていないので、私は今もどこかで山羊のべぇちゃんが生きていると思っているのですが。どうにも動物についての「安楽死」がヒトの強さの表れに思えてならず、今も私の心の中でくすぶっている問題です。そんなこともあり、ブログの更新を怠ってしまい、ごめんなさい。今日はねっちんのお名前記念日のおかげでこうして久しぶりにブログに向き合うことができました。








[PR]
by macocotte | 2018-02-26 23:12 | ねねね、ねすとぉっっ! | Comments(0)
はっけよーい!
のこった、のこった、のこったあっっ!!!
b0051172_17560740.jpg
2017年10月29日の日曜日、こんにちから冬時間の始まり。
その日の朝、夜が明けてまもなく、リビングからものすごい音が聞こえてきました。私なりにリビングにすっ飛んで行ったところ、なんと、窓際のアチラとコチラで取っ組み合い・・・いえ、窓のせいで取っ組み合ってはおりませんけれども、写真のような熱戦が繰り広げられていたのでございます。

なんとまあ、アチラもコチラも黒猫という・・・おかしい?
b0051172_18005688.jpg
手前、窓のコチラの、恥ずかしながらココんちから挑みますのは、新入りのラぁちゃん。ココ一週間、「ラぁ坊」と呼ばれ始めた一見黒猫に見える限りなく黒に近い焦げ茶猫です。そして、窓のムコウはおそらくですが、ココんちの斜め前にお住いのやんぐなカッポーの飼い黒猫ではないかと思います。

凄いですねぇ、怖いですねぇ。

ガラスは割れませんでしたが、二猫の戦いは10分くらい続きました。
カーテンを引きずり降ろされたらたまりませんので、丸めて左の猫タワーに避難させました。

・・・ああ、お腹空いてきた・・・。
夏時間から冬時間に変更すると食事の時間が前日より一時間遅れになるので、ちと厳しいでごわす。

あ、猫ですか?
彼らは体内時計で動いているのでヒトが決めた夏冬時間に関係なく、私が起きるまで嫌がらせを続けますよ。
特に新入りラぁたんは私を噛みまくりやがります。助けてぇええええ。



b0051172_16571415.gif

 le 29 octobre 2017, Narcisse


[PR]
by macocotte | 2017-10-29 18:07 | よみがえったぜ、ラザアルちび太 | Comments(6)